ウルトロンが凹む

zoushigaya160008.jpg
LX / Pentacon 29mmf2.8 / Presto 1600

ここ最近の酷暑のせいで、ウルトロンがやられてしまいました。
この間のうどん旅に連れてってから放ったらかしだったので、昨日ちょっと見てみると……羽根がベタベタに粘ってた!
旧代のドイツレンズにとって(しかもちょっと暗黒時代入ってるM42の場合)、この日本の酷暑というのは結構やばいようです。
ちょっと調べてみると、いくつか似たような話を拾うことができますし、うちでもすでにパンカラーを修理し、フレクトゴン35ミリも撮れるけどメンテ待ちです。

まあ、ウルトロンの場合、実用向きの個体を安く買ったので、いつかはメンテするつもりではいたんですが、まだまだ夏は長いってのによ。
代わりはいるんですが、こいつ、けっこう好きなんですよ。キワモノっぽくて(笑)。

よし、修理だ。修理保証が何ヶ月かついてくるはずだから、またやられたら、またそれで治す!
でも、その前に、無人の自室の気温を下げるにはどうしたら……。


ブログ投票にこっそり参加中です。)

2コメント

to-fu  

ウチの新型ウルトロンは落として逝きました(苦笑

この国の気温は如何ともしがたいですね。
我が家の機材も心配になってきました。

2008/07/18 (Fri) 23:25 | EDIT | REPLY |   

狛  

to-fuさん>
新型ウルトロンも実は欲し……いや、要りません(笑)。
給料日を過ぎたらメンテに出すことにしました。

今のところ、ウルトロン以外に被害は出ていないようです。
と言っても、最初からセミジャンクなものが多いんですが……。

熱帯化が進み、経済が追い詰められ……という小説を、昔書いたことがあります。

2008/07/19 (Sat) 08:15 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿