うどん国漫遊

賞味三日の滞在中、ほぼうどんしか口にしなかったという人のおはなし。
しかも、うどんという食い物の適度な軽食感にやられて、一日五食食べたり。
行って食べて知ったのですが、さぬきうどんでもいろいろあるんですね。店によって全然違う。それによって甲乙つけがたくなっているようです。
店の個性も色々で、これがまた面白い。
例えば、印象深かったのが、この「がもう」。

sanuki0829.jpg

ESPIO mini / 32mmf2.4 / Kodak UC400

みんなうまいうどんを求めて並んでますが、がもうは、高松から結構行った先の辺鄙な駅からトコトコ歩いて、いい加減、道を誤っちまった! と焦り始める頃に現れます。



sanuki0803.jpg

……たんぼの真ん中に(笑)。

sanuki0828.jpg

おやっさんがでかい鍋でグラグラと麺をゆでています。
強面ですが、案外やさしい。

sanuki0804.jpg

薄味でさっぱりしたうどん。コシも艶もあります。
うどん(大)+天ぷら+あげで320円。一分で喰えます。

sanuki0827.jpg

それにしても、このロケーション。
能天気な小鳥がぴよぴよ鳴いてる青空の下でうどん食うとは思わなかったなあ。
この清々しさがまた格別です。

ごちそうさま!

2コメント

yo-scherzo  

うどんが美しく撮れてますね(笑)。
美味しそうだし。
しかし、ロケーションがド田舎(失礼)なのに、お客さんがすごくたくさん来てますね。
美味しくないとこんなに来ないですよね。
お腹空いてきました(笑)。

2008/07/12 (Sat) 23:47 | EDIT | REPLY |   

狛  

yo-scherzoさん>
こんにちは。どうもです。
ド田舎でもこういう有名店はどこも混んでました。営業時間も短いので、攻略が難しいです。

うまいものならうまそうに写るのかというと、けっこうそうでなかったりもしますよね。
手軽に食べられてもジャンクフードじゃないところがうどんの美しいところです(笑)。

2008/07/13 (Sun) 10:59 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿