巨樹を訪ねる 祇劫寺のコウヤマキ

IMGP3694-2.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX DFA 15-30mm f2.8 ED SDM WR

 涌谷伊達家ゆかりの寺である祇劫寺。
 県天の巨樹である「祇劫寺のマルミガヤ」を先に見ましたが、祇劫寺の本命と呼べる巨樹が別にあります。
 それがこちら、国指定天然記念物のコウヤマキです。

 敷地内ではほぼ一番背が高い樹で、コウヤマキの特徴を知っていると、実は本堂を目前にした段階で視野に入ります。
 あの、スギのようにもマツのようにも見える……けれど、どちらとも違う独特の佇まい。
 もともと見かける頻度が少ない樹種なので、巨樹ともなれば興味津々(これまで見たのは、那須と、佐渡と……と数えるくらいしかありません)。
 つづきはこちら(「Journey to Trees」の記事)で >

0コメント

コメント投稿