巨樹を訪ねる 愛宕山古墳のコブシ

IMGP0906.jpg
MX-1


 新型コロナウィルスの猛威で我々人間の活動はかなり制限されている今年の春ですが、自然界には影響もなく、花も咲けば芽も吹く。
 極端な人混みに揉まれることは気が引けるにしても、春ならば春らしい風景が見たいものです。

 巨樹を楽しみに巡っている身としては、当然、全国各地の有名な桜の動向が気になりますが、名だたる桜に行くか行くまいか決める前に、もっと気が早い、春の到来を知らせるような樹を訪ねてみることにしました。
 古墳に生えているというコブシの巨樹……茨城県水戸市「愛宕山古墳のコブシ」を目的地にしました。

 つづきはこちら(「Journey to Trees」の記事)で >


 余談ですが、K-1が手元にないのが早くもかなり不満です……。
 今回の巨樹が予想以上に良いものだったというのもあるのですが、やはり一度フルフレームに慣れてしまうと、それ以下では物足りなくなってしまいます。
 巨樹を前にして単純にシャッターを切ればよいのだと思っていましたが、それは、シャッターを切るだけでカメラが多くの情報と情緒を記録してくれていたからなんですね。
 スマホや小さいカメラで「綺麗に撮れた」というような表層上の写りだけでは、非常にもったいないことをしていると感じてしまいます。取りこぼした多くのものを拾い直しに行きたくてたまらなくなる。
 もっと出かけたいので、早く戻ってきてください。たのむ。

0コメント

コメント投稿