日曜のコーストガード

IMGP3305.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR

 故郷に戻ってきているので、今日はお墓参りに。
 帰り、ちょっとだけ漁港周辺を歩きました。
 やはり日光の元で歩いて撮るのは気分いい。
 感染よりも経済ショックがデカく、貧乏暇なし、遠出できる余裕がないですが、ちょいちょい撮って乗り切りたいですね。

IMG_4096.jpg

 K-1に15-30mm/f2.8のみ。
 「そんなもので撮るのをスナップとは呼ばない」という御指摘を待つことなく言い放ちますが、これ、最高のスナップレンズです。
 総重量は2キロありますが、撮っているとあまりに面白く、快適で、重さを忘れます。
 こんな図体なのに片手で扱えて、すぐ撮れる。このレンズをマウントしている時点で多くの迷いが吹っ切れているという、それも大きいのかも。
 まあ、一日中これをやったら、ふいに右手首がもげるかもしれませんが。
 落ちてたら拾っといてください。

2コメント

to-fu  

夢に出てきそうな勢いで体がさのやとワンタン麺を欲しています。
メヒカリの唐揚げも美味かったし、どうせ行くならやっぱりイシガミにも…
きっと狛さんのチョイスが神がかっているのだと思いますが、そちらはもうグルメの街
という印象しかありません。何を食べてもうまい。そういえば母親の土産に買って帰った
醤油も、これはうめえと勝手に通販で取り寄せてまでリピートしてました 笑

しつこいようですが海の側で生まれ育つというのは本当に憧れがありますよ。
もし生まれ変われるなら海の側で暮らしたいものです。
まあ私みたいににカルマを積んでいない人間は畜生として転生しそうですけど。
失恋たら海に向かって吠えるとか、そんな青春を送りたかったです。(勝手なイメージ)

2020/03/17 (Tue) 17:32 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

To to-fuさん

to-fuさん>
マジですか!笑 いや、ウチの方の食は好き嫌い、体質?の適性も選ぶと思います。
全体的に荒っぽいので、美味があるとは恐れ多くて宣言できないのですが、気に入っていただけたらほんと嬉しいです。ぜひまた、代わり映えしない田舎物産をお楽しみにお寄りください。
僕もまた西の国の、やっぱりこだわりの厚さが違う! というようなあの感じ、味わいに行こうと思います。

海のそばというのも、なかなか極端な環境であることは確かですね。
と言っても、銚子のような街もあれば、静かな瀬戸内の漁港の街もある。ああいう静かな内海や島の街は良いなあと、同じ海側でも憧れます。
住んでる人の性質もだいぶ違いますしね。いや、そここそが大きい……笑
海なんか大っ嫌いだー! と海に向かって叫んではいないような青春でした。あと、キャベツ畑も。

2020/03/18 (Wed) 09:20 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿