巨樹を訪ねる 大滝のカツラ

yamagata2018.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 宮城県から山形県へ山越えし、ダイナミックな景色を見ながら作並街道を走っていると、滝の眺望を売り物にしたドライブインに出くわします。
 「関山大滝」というのがその滝で、最寄りの「ドライブイン泉や」は、紅葉の時期や連休には多くのドライブ・ツーリング客でオーバーフローしています。
 今回、ここを起点に訪ねるのがカツラの巨樹「大滝のカツラ」だということで、自分もその中に紛れ込むこととなりました。

yamagata2025.jpg

 道の説明が長くなりますが……まず書いておくと、ドライブインの駐車場はドライブインのものですので、勝手に停めてはいけません。
 そう断らなくても、常におばさんが目を光らせているので……いや、一般常識的にはその隣にある「関山大滝 公衆トイレ」の駐車場に停めるのが良いかと。ある程度キャパはありますが、トイレ利用の方が不便しないように配慮しましょう。

 ともあれ駐車し、まずは関山大滝を見てみました。うむ、絶景。この滝を撮るために来るのもやぶさかではないな。この時は水量が少なかったようですが、それでも見栄えがする滝でした。

 滝を見たら自ずと大カツラの所在も明らかになるような想像をしていましたが、周囲を歩いても見つからない。
 実際にはこのドライブインの先にもう一軒「滝見荘ドライブイン(廃業した?)」があり、そのすぐ脇に林道入口がある。
 そこから100メートルほど入っていくと、見間違いようもない大カツラが斜面に発見できました。

yamagata2024.jpg

 初対面の図がこれ。いやもうたまりません。視界に入ったときには思わず駆け出しています。
 こうして改めて見てみると、上記の衛星画像にもそれらしき樹影が写っていますね。
 衛星からも確認できてしまう飛び抜けた生物個体。それがまさに巨樹。

yamagata2013.jpg

 勿体ぶらずに正面の写真とともにヒューマンスケールです。
 でかい。そして高い。
 ヒョロヒョロとアンバランスに伸びていってしまうカツラですが、この樹は根幹部のまとまりがよく、かなりの量感を見せつけます。
 一本の樹と呼んでいいものか? と悩むこともない。超巨大な個体感がありました。

yamagata2020.jpg

 うーん、このボリューム。本当にすごい。
 一応、5本の幹が融合したものとのことですが……どれがどれかわかりませんし、どうでもいいですね。
 カツラの巨樹の場合、どれが主幹であるか、その太さがどうかということはあまり意味や価値を為さないと思います。
 それよりも、生命体がどのようにしてここまでの巨大物量を育めるものか、その生産能力の強大さに驚愕させられます。

yamagata2021.jpg

 斜面に食い込んで育っているため、根の踏ん張りも勇ましいものがあります。
 ストレートに、こちらが見せて欲しいと望む姿を見せてくれる大カツラです。

yamagata2014.jpg

 そうそう、カツラの巨樹と言えば、派手な枝折れと、そんなもの屁でもないという顔をするところも見どころのひとつでしょう。
 まあ、枝折れ自体は決して好ましいことではないでしょうが、他樹種が深刻なダメージを受けるところ、カツラときたらまるで新陳代謝だというようにケロっとしているのが常。悲壮感を感じたことがない。
 
 このカツラにも漏れなく枝折れがありましたが、転がったそれがまた驚くべき大きさです。
 いやこれ、主幹じゃないの?
 ……と戦慄するのですが、当の大カツラがこれを欠いてなおいっこうにアンバランスには見えないので、当惑せざるを得ません。
 
yamagata2026.jpg

 これだけでも周囲2メートル弱ほどあるのではという大きさ。
 カツラの全体の樹形や延々伸びていってしまうところから、なんだか馬鹿でかい玉ねぎみたいだなとか、草っぽい要素があるんじゃないかと連想するんですが、間近でこの断面を見ると、これが紛れもない樹木であることが腑に落ちるというものです(当たり前ですが)。
 中身がみっしり詰まっており、触れてみてもとても硬い。材として良質そうでした。
 何らかの支障があってかチェーンソーで切り刻んで処理したようです。そうとでもしなければビクともしないですものね。

yamagata2019.jpg

 しかし、惜しむらくは、意識して行ったわりに読みが外れてしまい、落葉しきった後だったこと。
 足下は大量の葉で埋め尽くされていましたが、これが満載の黄葉状態を撮りたかった!
 東北の秋の短さもあってますますタイミングがシビアですが、だからこそ憧れます。
 カツラは初夏の緑も大変気持ちいいですし、時期をずらしてまた訪ねようと思います。

 今回のこの姿も幹や枝の様子がはっきり観察できるのは有意義です。
 ぐるぐる撮っていると、おまけをつけてくれるかのようにあの甘いカツラの葉の香りが届きました。
 まだ落葉して日が浅かったのかもしれませんね。 

yamagata2023.jpg

 斜面は広々としていますが、かなり大きな岩がゴロゴロしていて、土も柔らかい。気をつけないと足を取られます。
 夏は藪になるだろうし、マムシもいるらしいので、接近は季節を選ぶかも。
 ……と、背後に続く山裾に、もう一本別のカツラがあることにも気づきます。

yamagata2016.jpg

 それがこちら。
 大きさとしては「大滝のカツラ」よりも少し小さいようですが、こちらも10メートルほどはありそう。
 すぐ近くに湧水が染み出しているところもあり、カツラの生育に適した地質・地形なのでしょう。
 移動中にも香りに誘われて目を向ければあちこちにカツラの大木を見かけました。


yamagata2017.jpg

 再び、背後から見下ろした「大滝のカツラ」。
 こちら側には県指定天然記念物であることを彫った石柱もありました(解説文は無し)。
 いくら高くなろうとも怯むことなく伸び続ける、重力に反したような大カツラの樹形に魅せられます。

yamagata2022.jpg

 大きさだけで評するなら、さらに上をいく強者は沢山いますが、この樹はモデル体型の大カツラとでも呼ぶべきか。
 複雑なディテールを持ちつつまとまりがよく、格好の良いカツラでした。
 撮っていてとても面白く、何度も行きつ戻りつしてはシャッターを切りました。

 しかも、主要道路から楽々アクセスできるこの立地はありがたい。林道まで車で入って来ればなお簡単です。
 長い急斜面を息切らせて歩いたり、野獣の襲撃に怯えたり、ロープをよじ登ったりしなくていいのはありがたいことです。
 シーズンごとの姿も比較的容易に眺められそうですし、ぜひまた立ち寄りたいと思いました。

 「大滝のカツラ」、良い大カツラです。


yamagata2015.jpg

「大滝のカツラ」
 山形県東根市関山字滝沢山 関山大滝近く
 樹齢:300年以上
 樹種:カツラ
 樹高:30メートル
 幹周:13.2メートル

6コメント

さかした  

3枚目の写真の『至悪戸』が気になる。
何がどうしてそのようになったのだろうか。

2019/12/14 (Sat) 22:12 | EDIT | REPLY |   

to-fu  

関西で見るカツラの巨樹とはまるで違ったものに見えます。
なんだろう。関西のものはしなやかで女性的なイメージなんですが、こちらはもっと荒々しくて
男性的な印象です。積雪量であるとか気候の違いが原因なんでしょうかね。

本やWebで流し見してるだけだと樹齢や大きさだけ見て「ふむふむ、あの巨樹と同じくらいか。」
なんて知ったようなことを思ってしまいますが、こうして見ると同じ樹種でも地方ごとに
特色があって、実物を見ないことには結局のところ何も分からないんですよね。

こうして立て続けに大物を見せられると東北に行きたくなってします。
調べてみたら東根市まで大体750kmか…あれ?別に大した距離でもなくね?と思った僕はもうダメかもしれません。

2019/12/15 (Sun) 09:42 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

「所変われば品変わる」とはよく言ったもので、巨樹に関しても当てはまりそうだと思えますね。
このカツラは西では見かけないタイプ!そう感じました。
自然の厳しさが違う北国において、やはり生物としても強さの違いがその形に現れているのかと。
カツラではあまり感じなかった逞しさ&力強さをこのカツラは持っていそうで。
そして何より数値以上にデカく見えますね。
アクセスしやすい立地にあるのも嬉しいポイントです。
しかもすぐそばに10mクラスのカツラもあるって・・・オカシイですよ。
そいつだけでも充分訪問対象になる存在感。
こうなると葉が付いている時にも拝みたいものです(お願いします:笑)。

2019/12/15 (Sun) 21:58 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

さかしたさん>
東北では何度か見かけた地名ですね。
水分を含んで土砂崩れしやすい「悪土」から来ている。
また、氾濫することで肥沃になるので農業が発達する土地でもあります。
いずれにせよ、いかにもカツラの巨樹がありそうな地名と言えます。

2019/12/16 (Mon) 07:59 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
そうですね、この根元の様子を見ていると、関西のカツラに感じる優美さはなく、野生が強いように思えました。
斜面に踏ん張っていることもあってか、今しも歩き出しそうにも見えます。笑

カツラの分布域の広さには驚かされますよね。水量と地質が合えば、どこでも旺盛な繁茂力で他の樹種を圧倒しそうです。
また北海道で見たカツラはぜんぜん違った印象でした。ここまで筋骨隆々とはしませんが、さらに厳しい環境に耐えて生きるための形をしているという表情でした。
地方を股にかけて見て回るのは大変ですが、巨樹を見る時、ぜひそうした視点は持ちたくなりますよね。杉にせよ、表・裏の違いがあるとか、知らなかったですもんね……。

750kmというと一気走りで人間性が壊れ始める距離指標だと思っているのでアレですけど……東根は広々として、冬でも雪が少ないらしく、感じの良いところです。
季節が合えばいろんなフルーツ、山形のお酒、冷たい肉そばや鶏中華も食べられますよ。(釣っている)

2019/12/16 (Mon) 08:25 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
スギもそうですが、日本という国がいかに変化に富んだ環境をもっているかを示していますね。
これが御神木でも何でもなく、ドライブインの裏山みたいなところに生えてる。特に観光の呼び物でもない。そこがまたワイルド味を感じさせます。
カツラさんとしてはこの地がだいぶ気に入っているようです。近所にも何本もあり、6、7メートルのやつは見向きもされず、納屋の裏手に忘れられてる……みたいな感じで。
違う季節の姿もぜひ見に行ってみたいです。冬が厳しい分、春夏の喜びはきっと大きいと思いますね。

2019/12/16 (Mon) 08:44 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿