秋深し/大瀑布

IMGP0712.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 ネタばらしの回においても往生際が悪く、瀑布だとか言ったりしてみますけれども。
 いや、瀑布。
 度重なる大雨をぎりぎりまで蓄えたダムの放流は、並の滝よりも太く、パワフルでした。


IMGP0714.jpg

 どどどど……と。
 この上を自動車が走るんですから、人間、すごいもんを作るなあと思います。
 面白かったです。

2コメント

to-fu  

ダムを見ると人間はなんてとんでもないものを作るんだ…と素直に驚きますよね。
黒部ダムなんか死ぬまでに一度は見に行こうと心に決めてますよ。

あとはアレです。巨大な要塞のような海浜地域の工場なんかも凄い。
一見九龍城砦の如くゴチャゴチャに後付されたかに見えるコンベアなんかも全て
合理的に設計されていて、ああいうのを見ると人間の叡智の凄まじさを感じます。
ダムも工場も、○○巡り的な地位で言うと我々の巨樹よりも遥かに競技人口?が多いんでしょうね。ああ、負けてられませんよ(何が?)

2019/11/09 (Sat) 16:22 | EDIT | REPLY |   

狛  

to-fuさん>
ダムもダム湖も、なかなか好きです。通り道にあると寄ってしまいがち……。
ダムに熱中する人はほんと巨樹の10倍はいるだろうという人気ジャンルですからね。
連中を怒らせない方がいいなと……。(←?)

うちの父も工場勤務だったので、近くのコンビナートを通ったおり、あのパイプの塊みたいなものを誰が把握してるんだろ? と聞いたら、
現場では全部知ってる人が必ずいる、あれはわかる、と答えましたからね。
そこを考えれば、夜景ばかり見てコンビナートを鑑賞した気になってるのはまだまだ青い! などと。

まあでも、冒険のロマン、各地の風土をじかに肌で感じられるようなところは、巨樹めぐりは秀でた趣味だと信じて疑いません。
極めるのは難しいですが……深く見つめていきたいですね。

2019/11/09 (Sat) 23:14 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿