巨樹を訪ねる 南原の大栗

yamagata1951.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 山形市から南下すれば、牛肉で有名な米沢市……ですが、諸事情から焼肉やすき焼きは食べられません。
 帰り道ではありますが、ここ周辺にも気になるような巨樹がないものかとチェックしたところ、訪ねる気にさせてくれる栗の巨樹を見つけました。
 「南原の大栗」と言います。
 数少ない栗の巨樹です。

yamagata1949.jpg

 場所はといえば、米沢市の中心地からもっと南、米沢市李山(すももやま)という地名。
 廃校になったと思しき米沢市立南原中学校を目印に行き、そこからまた2、300メートル南下していくと、右手に巨樹の解説板(下に掲載)が見えるはずです。
 リサーチ時、ストリートビューでは、この看板が倒れたのか、建物の陰に立てかけてある状態で写っていて、方向次第では全く見えない状態になっていました。
 まあ、捨て目を利かせているからというのもありますが、現地に行けば、あれだ! とすぐに目が行きます。
 「南原の大栗」と固有名はついていますが、はっきり言って地名度は無いに等しく、何の天然記念物指定も受けていない樹です。

yamagata1950.jpg

 樹種が栗なので、とてもクスやスギのような巨体にはなり得ない。
 しかしながら、相応に長く生きたモノであるという迫力なのか、やはり他の樹とは違って見えるんですよね。

 全体像としては、根幹の一点から放射状に長く枝を伸ばした美しい樹形をしています。
 葉も枝も実に豊かで健康そう。
 藪を突っ切って幹を見に行くと、なかなかの太さです。
 目通り幹周囲5.5メートル。成長が遅い栗の樹としてはかなり立派な部類です。
 一本幹として立ち上がる高さはそれほどありませんが、この眺めにはまさしく巨樹という感じを受けます。

yamagata1952.jpg

 正面から見た姿が均整が取れて綺麗だったので、つい「扇型」と言いたくなりますが、回り込んで見てもほとんど姿が変わりません。
 理想的な、こんもりと丸い樹冠を作っています。
 幹も綺麗だったし、大きく枯損したこともなさそうですね。

yamagata1953.jpg

 そしてそして、健康であることを証明するかのように、無数の毬栗をつけていました。
 地味な樹ですが、そこはやはり巨樹。健康な巨樹が実をつけるとどうなるか知ってるか? と言わんばかりの圧倒的な物量でした。

yamagata1948.jpg

 どなたかが道路から見えるように直してくださったのか、今は解説板がこんな感じで設置されています。
 でかい文字。数値と樹種以外は「見りゃわかる」というような内容・笑ですが、どうもこれを見ると、自治体などが設置したものではなく、この「米沢生物愛好会」とやらの方々が設置してくれたもののような……そう感じませんか?
 期待せずに検索してみると活動記録がブログなどで見つかり、かなりいぶし銀な方々なようですが、山登り、樹木の分布調査、研修、ボランティア活動、そば打ち、宴会など、今も勢力的に活動されているようでした。
 
 この土地自体はおそらく私有地(を開放してくれているもの)だと思うので、藪が深かったり、倒れた墓やら祠やらが荒廃した雰囲気を醸し出すのも注意される筋合いは無いというところです。
 が、こうして簡素ながら目立つ看板をつけてあることで、少なくとも樹を故意に害する輩はいないように見えました。
 確かに、天然記念物まではいかないし、そう認定させる力もお金(は関係ない?笑)も働かない。
 けれども、こうして積極的に「これは価値のある樹だ」と示していることは、ありがたいなと思いました。
 忘れられて朽ちていく巨樹もあることを考えれば、嘘やあざといことを書かない限り、どんどんこういう看板を作ればいいと思うんですよね。
 洒落た伝説の1、2個だったら作っちゃってもいいと思います。


 良い栗だったのでもっとじっくり見たかったのですが、スズメバチと見間違う大きさのまっ黄色い巨大アブ(アカウシアブか)が襲いかかってきて、退散しました。
 連中、車の排熱に反応するらしく、ウチの車さんを牛だと見立てて、走り出してもずっとつきまとって、バチバチ攻撃してきました。
 東北は怖いところです。
 この樹の周囲には、これまた関東では見られないくらいの立派な栗の樹が何本も茂っていました。



yamagata1954-2.jpg

「南原の大栗」
 山形県米沢市大字李山
 樹齢:不明
 樹種:クリ
 樹高:20メートル
 幹周:5.5メートル

4コメント

to-fu  

クリの巨樹…いいですね。
僕も今までスルーしがちだった樹種なので、今年の夏は長野で重点的に見てきました。
食料の供給源としても有能ですが木材としても重宝されていたそうで、大きなものは
かなり希少なんですよね。こちら近畿圏ではまずお目にかかることがありません。
とてつもなく大きいわけではないけれど、このクリにしても隣の民家の高さと比較すると
明らかに比率がおかしいではありませんか!これは是非とも実物を見てみたいです。

あのアブは車の熱に反応してたんですか!
二酸化炭素か何かに反応してるんだろうな…とは思ってたんですが。
真夏の石徹白はその巨大アブがヒッチコックの鳥が如く大量に集結してきて地獄さながらでした。あれはホントゆっくりなんてできませんよね…

2019/11/05 (Tue) 23:33 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
いかにも渋好みな巨樹という感じがしますよね、栗は。
スダジイよりもまた一段渋そうな……そういえば、山形に出入りするようになってから、一本もスダジイを見ていません!笑
有用さで価値が増して見えるというわけじゃありませんが、生えているところもなかなかに険しく、ロマン(あるいはマロン)があると思います。
この栗は、愛好会のみなさんが重視するまで、ただでかい樹、栗がいっぱい取れてありがてえや、くらいにしか思われていなかったのかもしれませんね。
里山の巨樹としてはそれが一番幸せなあり方かもしれません。

アブはどうやらそうらしいです。二酸化炭素や赤外線もあるかもしれませんが。
ほんとにしつこくて、数百メートル行って、さすがにいないだろと思ったら、またばちばちアタックしてくるという。
アブかと思ったらスズメバチというパターンもありそうで、やっぱり嫌ですよねえ。

2019/11/06 (Wed) 22:01 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

クリの樹ってこんなに大きくなるのか?そう思わせてくれる立派な一本ですね!
その姿から健康優良児であることがわかります。
私も長野県で以前to-fuさんに教えていただいたクリの巨樹を見る筈だったんですが・・・。
いえ、来年の楽しみにしておきます。
あと全然関係ないんですが、栗の実っていつの間にやら誰かが勝手に収穫しちゃうイメージがあります。
近所の公園とかでも気付けば、地面に散乱する外皮だけという状態ですもの。

「米沢生物愛好会」、面白いですねぇ。
活動範囲も多岐にわたっていて楽しそう(笑)。
今後も活発に発展していき、このクリもしっかり保護していって欲しいですね!

2019/11/08 (Fri) 22:15 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
これもほんと、関東、ましてやウチの方では見られない植生で、非常に刺激的です。
ウチの方だとスダジイに完全制覇されてる席だと思うんですよね。
ぜんぜん注目されてない樹ですが、枝ぶりも、葉や実の多さも良かったと思います。
これを機に、注目していきたいと思っています。
栗はねえ……拾いますよね。笑
もしくはクマさんとか……深い山中でアレを見ると、にわかに落ち着かなくなります。

このような愛好会、自分で属するのはちょっと……な気もしますが、シルバーな元気のやりどころとしては正しい気がしますね。

2019/11/09 (Sat) 23:05 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿