台風お見舞い/府馬の大クス

IMGP9413.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 まさか地元が激甚災害の被災地になるとは思いもよらず……。
 先日の巨大台風で、千葉県山武市周辺はいまだに深刻な停電に悩まされています。
 実際あの辺りを走ってみると、無数の杉が真ん中からヘシ折れて倒れている。
 中には電線にもたれかかってしまって、その下をこわごわ通過しなければならないところまであります。

 そういう有様ですから、当然、近隣の巨樹たちのことも気になります。
 特に「府馬の大クス」は、相当な老体であり、過去に何度も台風のために瀕死の重傷を負っている身。
 大きな台風が来るたびに心配になってしまうのです。

 ようやく空き時間ができたので見に行ってみると……坂道の入り口にあったはずの「府馬の大クスこっち」みたいな看板がない。吹き飛ばされたか? 嫌な予感がよぎります。
 細いくねくね道を登って行っていざ見てみると……お、折れてる?

IMGP9414.jpg

 いやー、本気で心配してしまいましたよ。
 大クス(という名前ですが、タブの樹です)の周りには、伏条更新(セルフサービスなクローン)したとされるタブの大木が何本も茂っているのですが、この折れ枝は、大クス(タブ)のものではなく、若い樹のものでした。

 写真のように、大クス(※タブ)のアンバランスな枝がやる気を失わないように、近くの別のタブにワイヤーでつないでいたんです。
 台風で、ものすごい風が吹いたのは確かなのでしょう。
 大きく揺さぶられるうち、ワイヤーを支えていた方の枝が折れてしまったようです。

IMGP9418.jpg

 大クス(タブです)自身は大枝を失って久しく、ヒョロヒョロした何本かの枝で命をつないでいるので、まずは大怪我はなさそうで良かったです。
 しかしまあ、どこの松葉杖か、支柱もへし折れてしまってる……。
 かなりやばい暴風雨だったことは確かですね。

IMGP9421.jpg

 じいさん、無事で何よりだよ。
 とっくに命の代替わりを終えたような老樹ではありますが、残っていてくれれば嬉しい。
 日本第2位とも言われるタブの巨樹ですものね。


 ヤブ蚊を追い払いながら撮っていると、がやがや言う年配男女の集団がやってきた。
 タバコ吸ってるのもいたので、それ吸いながら鳥居くぐったら殴る、と睨んでいると、さすがにそうはせず。
 しかし、ここへ来た動機が、なんか「ハート形の穴(だかなんだか)を見つけると幸せになる」とか、聞かなけりゃ良かったようなもので……。
 だるくなって、離れよう離れようと動くと、あいつの後をついていけば正しい順路で見られる(もしくはハート穴が見つかる)かなんか勘違いしてんのか、ずっと後をつけてくる。

 ヤブ蚊もろともキンチョールしたくてたまらなかった。
 案の定、5分で帰っていきましたがね。
 大クスさん(タブですけど)の前で自分の人間が小さいとこは見せたくないもんですよ……。
 はあ……。

4コメント

RYO-JI  

いやー、台風凄かったみたいですねぇ。
狛さん家が近いので心配しましたが、ブログ更新されているので大丈夫だろうと思っていました。
それにしても改めてコワイですね。

そしてお見舞いご苦労さまです。
大楠(タブ)も無事で何よりです。
なんせ国内トップクラスのタブですからいつか訪問するまで(いや、それ以上)長生きしてもらわなくては。

年配の方でもそんな動機でやってくるのですね。
そんな老後は嫌だなぁ。

2019/09/22 (Sun) 21:08 | EDIT | REPLY |   

to-fu  

1枚目を見てうわっ!と声を上げてしまいましたが、無事だったようで何よりです。
ええ、私も狛さんは更新されているし大丈夫だろうと…きっと今は離れの方なのかな、なんて思ってました。(離れって)

ただ恐らく今回の災害で我々が知るような有名な巨樹も、何本かは被害を受けているような気がしますね。
ここ数年の頻発する大災害を見ていると改めて、行ける場所には今のうちに行っておかないとと身が引き締まります。

思いますけど参拝マナーが目に見えて悪いのって大抵が年配の方なんですよね。
周りが見えなくなるのも老化現象の一つなのかもしれませんが、ああならないようにホント気を付けたいものです。

2019/09/23 (Mon) 10:02 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
僕はちょうどその時東北でお泊りしていたので、まったく情報を見るばかりでしたが、自分の家の周辺が豪快に真っ赤に塗りつぶされるというのは、やはり心配になりますね。
さいわいウチの方はちょっと停電しただけで済みましたが、台風については長居されればどこでも大破壊が起きるでしょうね……。

大クスと言いますが、やはりタブですので、四国や九州の大クスのようにはいきませんが、独特の雰囲気を持っていることは確かだと思います。
見に来ていただければ、歓迎致します。笑

あの年配集団、いったいどういう関係なんだろう……と別に興味があるわけじゃありませんが、もうちょっと含みのある歳の取り方を僕はしたいもんだよなあ、なんて生意気なことを考えてしまいました。
老樹の前だけに。笑

2019/09/23 (Mon) 22:55 | EDIT | REPLY |   

狛  

to-fuさん>
そう、僕も車から降りて第一声は同じでしたよ。折れてねえか!? って。
あれだけの大型台風でも、離れて報道だけを聞いていると、さっぱり実感がわきません。
それがかえって怖いなあと思いました。

若い杉も溝腐れ病などで少し傷んでいると、ボキボキ折られていますから、巨樹たちはやはりやられていると思いますね。
そうなってしまったらもう仕方ないのですが、やはりファンとしてはお見舞い申し上げたいと思います。
もう少し情報収集しつつ、今後の巨樹探訪についてもやる気が出る想いです。

なんかこう、環境意識については、若い世代の方が正しいものを持ってるんじゃないか? と思うことが度々あります。
環境よりも富の追及をしてきた世代と、物心ついたその時からエコとかロハスだのがあった世代では、やっぱり相当違いますよね。
巨樹ファンは年配者が多いですが、若い世代にも見てもらいたいものです。
けっこう冒険ぽいところがありますし、楽しめると思うんですよね。

2019/09/23 (Mon) 23:02 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿