東根、寒河江を通って

IMGP0331.jpg
MX-1 / iPhone7

 「松保の大杉」と、道中にある巨樹もう一本を見たら、だいたいもうお帰りの時間です。
 途中の東根には特天「東根の大ケヤキ」がそびえており、前回訪問時は単焦点をつけたK-7とシグマさんしかなかった(無謀!)ので、これはもうフルサイズのカメラで撮りなおしたくて仕方ないんですが、今日はあえてやめておきます。
 なにせ、疲れたんですよ。そして満足感もすごい。お昼ご飯も食べてないし。

 東根市はさくらんぼやラフランスをはじめとしたフルーツ王国なんですね。
 両側ずっと果樹園で、正面には山。コスモスちらほら。
 すごく気分いい風景が続く道でした。

IMG_3478.jpg

 お土産を買うついでに、へとへとなので何か食いたい。そういう時に、道の駅「チェリーランド寒河江」が良いと聞きました。
 お土産ランドに行くと、東北山形の物産が色々と楽しめます。
 中でもサケ―の品ぞろえがすごい……。ちょっとした酒屋さんです。(ぶれてしまった)
 飲めないのでどれがいいかさっぱりわかりませんが、これだけ種類があるとわくわくしてきますね。
 あとは、チェリー味のお菓子(中身はままどおる←やめなさい)とか、だだちゃ豆のおかきを買ったりしました。
 
IMG_3481.jpg

 別館として、なぜだかトルコ館があるんですよね。
 このくらいまで近づくと、怪しいトルキスタン・ダンスミュージックが結構な音量でかかってるのに気づく。
 僕なんかはこの辺りでおびえてしまいます。
 どうやら、寒河江がトルコの何とかいう街と姉妹都市宣言を締結しているらしく……なんで?
 って、それは訊かないことにしましょうよ。そっとしておこうよ。
 ともあれ、チェリランに来たらばドネルケバブを食うべしとのことで承ってきておりますので、きっとあそこに向かえということなのだと勇気を絞るわけです。

 ……行った。間違いだった。
 トルコパビリオンもどきにしてはずいぶん重厚な石作りの建物で、民芸品や産物がいっぱいな薄暗い空間でいかついトルコ人男性とサシで面談することになりました。
 なんだろう、昔のRPGで進む先間違って過度に高レベルなダンジョンに踏み込んじまったみたいな、そんな気分になりました。

IMG_3483.jpg

 ザクロジュースは飲みたかったけどね。
 探し求めしドネルケバブはどこに?
 って、「日本海の海産物」って思いっきし書いてある中にあるんですね! ケバブーが!
 空腹も折り返し地点をすぎましたが(16時)、トルコアイスを注文する時に見られるあのうざいパッフォ―マンスをもしやられたら、俺はトルコ人を殴るかもしれない。
 と、いうことで、良い雰囲気でドネルケバブサンドをテイクアウトしました。

IMGP0338.jpg

 山形へ行ったのになぜドネルケバブサンドを食ってるのかよくわかりませんが、お肉とスパイスいっぱいで大変ウマかったですよ!
 みなさんもチェリランに行ったら、わかめそばとかおにぎりじゃなく、トルコものを食うといいよ!


 悪路も走ったし、ドライブレコーダーを再利用した映像撮影もどうやらうまくいきました。
 何より、松保の大杉が想像を超えて素晴らしく、自分で撮った写真を眺めてもかなり楽しめました。
 自分の中の経験値が高まった実感もあります。いや、そりゃ、出かける前には不安で色々調べてましたけどね。
 さらにいろんなチャレンジができるといいなあと思うのでした。

0コメント

コメント投稿