今日は今日とて/車と林道の話

yamagata1910.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR
MX-1
Drive Rec

 東北滞在中です。
 昨日は、意を決して、前から行ってみたいと思っていた山形の巨杉を訪ねてきました。
 ありゃ、化け物です……。

 その探訪記事は後でしっかり書くとして、そこへ至る道のりが、単純に「悪路」という意味では過去ナンバーワンを記録しました。
 ワーストと言えばいいのか。
 
yamagata1906.jpg

 ごらんの通り、今回もよくよごれています。
 洗車しがいがあります。ありがとうございます。
 四国の山地をめぐる険しさとはまた別の刺激を、やだもう、というほど味わうことができました。

yamagata1907.jpg

 あ、そうそう、これ。
 前々から高度計は欲しいと思ってたんですよ。
 巨樹の生態、形状などを考える時、大雑把な雨量や降雪の傾向の他に、重要なのはやはり標高。
 行った先がどのくらいの標高なのかを知っておきたいわけです。

 デジタルギア……いや、ここは昔っから使われてるアナログでしょう。あえて!(¥のことは持ち出さない手法)
 まず、標高がわかるところで針の位置をその数値に合わせます。すると、その後の標高の変化に伴う気圧の変化で針が動き、数値が読み取れる。
 これ、結構面白いですよ。
 今日行ったところでは、最高で500mくらいを指していました。

 ちなみに、大雑把な標高は国土地理院のマップサイトで拾えるんですが、有名な巨樹は直接登録されてるものもある。
 それによると、「赤羽根大師の大エノキ」は513m、「石徹白の大杉」は1031mにあるようです。
 先の四国巨樹行での最高値は桑平周辺で、770mくらいだったようですね。
 実に興味深いです。


yamagata1905.jpg

 えー……それで、今日はどんな道を走ってきたのかと言いますと。
 これは良い林道。

yamagata1904.jpg

 こんな林道をおよそ8キロも走らされましたよ。

yamagata1903.jpg

 奥へ行けば行くほど道はひどくなりました。

yamagata1902.jpg

 標高も明らかに変わり、ガードレールに再会するのが遠距離恋愛的に待ち遠しい。

yamagata1901.jpg

 この辺り、傾斜もつき、オフロードと呼んでもあながち言い過ぎではないのでは?
 北海道の林道もドロドロでしたが、ここも負けてない。
 だんだん感覚がバカになってきて、最後の方はけっこう楽しんでしまいました。
 
 これらの画像は動画から切り出したものです。
 お分かりかと思いますが、いつものドライブレコーダー映像とはちょっと違います。
 なにせ、車外!

yamagata1908.jpg

 僕だってGoProとか欲しいんですが、諸事情で買えないので、使わなくなったドラレコを逆さまに屋根に貼り付けます!
 吸盤がいまいち弱いなら、パーマセルテープだ。
 パーマセルさえあればなんだってできるのよ。

 またバカみたいなことやってるって?
 まあ、そう言いなさんなよ……と無理矢理やってみたら、ちょっと違った感じの映像が得られましたので、編集してアップするのも面白いかもと思ってます。

yamagata1909.jpg

 というわけで、今回も頑張ってくれたフォレスターに感謝。
 このくらい何でもねえな、って感じでした。
 もうジムニーの方がいいんじゃない? という声もありましょうが、ジムニーでできないこともいっぱいできてますしね。 
 いろんなところに連れて行ってくれてありがとう。

4コメント

RYO-JI  

はぁ・・・、そんな所まで行っちゃいましたか!
スゴイスゴイ!!
四国旅でどこかのボルトが取れてしまったかのようなアドベンチャー具合。
もう普通の巨樹行では満足できなくなりそうですね(笑)。

2019/09/14 (Sat) 21:02 | EDIT | REPLY |   

to-fu  

最初の数枚を見て、ふむふむちょっと大袈裟では?なんて思った私が愚か者でした。
林道の8kmという時点でもう頭がクラクラしてきます。
(太田の大トチノキでも未舗装路3kmとかそこらだと思います。)

しかしこの手の悪路を抜けた先の巨樹がまた格別なんですよねえ…
気付かぬうちに変な深みにハマってそうで怖い。お互い怪我だけは気を付けましょう!

2019/09/14 (Sat) 22:35 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
行こうかどうか、迷いましたけどね。
草丈がどのくらいかとか、行って無理そうなら諦めようと……まあ、とりあえず行ってみることに。
やってみて思うのは、やはりあの四国の経験が自分の限界を広げてくれたよなあ……ということです。
いやいや、道のりが楽なのはやっぱりいいですよ! 楽な方が!笑

2019/09/16 (Mon) 07:46 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
序盤の感じは、確かに想像よりもいい状況だなと僕も思いました。
凹凸はあるものの、大きな石は少ないし、地盤がよくしまっていました。
……が、長い! 中盤からはどんどん不安になる景色が続き、スピードは出せないし。
巨樹の方は、期待を裏切らない素晴らしさでした。
早くお伝えしたいなと思っています。

2019/09/16 (Mon) 08:02 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿