巨樹を訪ねる 六社聖神社の大杉

shikoku2094.jpg

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 大豊町・「杉の大杉」から数キロ北上、悪名高い国道439号をちょっとだけ走り、急斜面に手荒に糊付けしたような細道を登っていきます。
 アワアワしながら、このあたりなのだけど……と、見回すも、入り口が見つからない。
 道は狭くなりすぎて車が回せない恐れが出てきたところで、住人の方に訊くことができ、ようやく位置を断定しました。

 このように、細部が印象に残っている杉ですが、その反面、名前を思い出すのに苦労しました。
 「六社聖神社の大杉」です。

shikoku2107.jpg

 どう見ても、一般のお宅の門構えのようなところを入っていき、芝生がきれいなお庭のようなところを歩いて行った先に神社がある。
 「六社聖神社」とは、ろくしゃひじり、とも、ろくしゃせい、とも読む説があるらしく、しかし六つの何が関係しているのか? などの詳細はまったくわかりませんでした。
 検索してみたところ、「六社神社」なる神社は日本各地にあり、

 「その国の一宮から六宮までの祭神を勧請して総社としたことによるものである。このことから、歴史学者吉田東伍は、「六所」とは「六か所」という意味だけではなく、管内の神社を登録・管理し統括する「録所」の意味でもあるとしている。」

 とのことで、もしかすると、六社聖神社も、元はこの辺りの「録所」にあたる立場の神社だったのかもしれません。
 「聖」は、ひじりと読めば仏教用語ですが、「聖神」という年神が古事記には出てくるそうで、この関係もあるのかもしれません。
 いずれにせよ、神社・巨樹ともに解説板も資料もなく、ミステリアスです。

 そして、その上に、この立地。
 かなりの急斜面にへばりついて建っていて、ほとんど空中に浮いているような状況とも言えます。
 写真では伝わりにくいと思いますが、たたずむお二人のすぐ後ろが、何もつかまることができないような急斜面。
 ただ立ってカメラを構えているだけで、すぐに背筋がぞわぞわしてきます。

shikoku2102.jpg

 こっちの写真の方がわかりやすい。
 鳥居前の人間が立てる幅がわずかに1メートルほどしかないということがお分かりになられるかと……。
 まったく、ここへ至る道の細さ、ガードレールなしの転落一発アウト(=死)のスリルドライブにもかなりキモが冷えましたが、こんな地面の小さな空中庭園のような土地にも人が住んでいるというのは……そしてそんな集落にもちゃんとひとつの神社と神様がいるというのは、平野民は驚くしかない光景でした。

 この異郷感は強烈で、おかげで気持ちが浮ついてしまい、神社や巨樹のことを住民の方に訊いてみよう! とか、そういうことすら思いつきませんでした。

shikoku2095.jpg

 話を巨樹に戻すと、そんな急峻きわまりない立地に力づくで根を踏ん張り、幹周囲9メートルという大きさにまで成長した大杉です。
 低木の茂りに隠れてぱっとはわかりませんが、この根の力みようはすごい。
 象が立ち上がって踏ん張っているかのような眺め。
 やはり、かなり下の方まで掌握しないとこの巨体を支えきれないわけで、幹を大きくすると同時に根の方でも斜面を覆うかのように巨大化していっています。

shikoku2097.jpg

 神社に続く石段も恐ろしく急で、手すりもない。
 バックパックを背負ったまま登ろうとすると後ろにのめって、そのまま背後の空中に吸い込まれてしまうのではないか? と冷や汗がにじみます。
 ほとんど四つん這いになるようにして、実際時々手をついて登りました。

 そんな石段を、すぐそばで巨大な幹が見下ろしている。
 その根が石段の端をめくりあげ、壊しつつある。

shikoku2098.jpg

 手を触れられるほどの距離で見る9メートルの幹というのは、かなりの迫力です。
 おまけにその立地から、この杉は石段の途中で見上げることを許さない。
 樹高もけっこうあるので……その先端を見ようとしてひっくり返ったらと思うと、思い出しただけでも、背筋が冷たくなります。

 なので、とりあえずは石段を最上部まで登る。
 と……。

shikoku2100.jpg

 こんな狛犬? 珍獣? がお出迎えしてくれました。
 よく見ると狛犬はオーソドックスなものが鳥居前に一対いるんですが、これは? 
 見たことないですが、なんだかとってもかわいいやつですね。笑
 こんなとこまで来るなんてお前ら物好きだな、よく来たなぁ、とか言ってそうです。
 大杉と一緒にいる神獣なのかな?

shikoku2103.jpg

 神社の正面に立ってやっと、自由に体を使えるようになります。
 とはいってもやはりスペースは最低限で、成人男子3人が並ぶとかなり手狭に感じます。
 5人いたら、ラジオ体操できないんじゃないか?

 やっと思い切り杉を見上げることができました。
 やはり南国、雪の重みのために変形することはないのでしょう、その幹は定規を当てたかのようにまっすぐ天を突いています。

shikoku2106.jpg

 根の上部数メートルで、いきなり幹の太さが細くなっているのがわかると思います。
 それでも幹周囲は5、6メートルありそうですが、この場所に生育することの苦労を、この巨大な根幹部が語っているように思えます。

shikoku2105.jpg

 枝はこのような感じです。
 大枝と呼べるものは一本だけで、開けた空中へとむけて手を差し伸べているような形です。
 枝葉は弱々しくはないですが、控えめ。
 根で生きている巨樹というような印象を受けました。

shikoku2101.jpg

 ひととおり、その姿を把握し、ふうっと息をつきました。
 高知の山地風景が一面に、はるかに見下ろされます。
 その中に、きわめてまっすぐな大きな杉が1本、直立している。
 向こう側にそびえる山からも、この一本杉はよく見えることでしょう。
 この杉は、ずーっと、はるか昔からこの光景を見守り続けてきたんですね。

shikoku2096.jpg

 眼下を、ちいさな電車が走っていきます。
 下からここまでやってくる人はそうはいないでしょう。
 意識して見上げる人も、そうはいないかも。

 世間から切り離された環境。
 立つことも難しいような狭小な土地に根を張る大杉と、そこに家を建てて暮らすわずかな人々……。
 こんな世間があるんだなあ、と、気が遠くなるようでした。

shikoku2104.jpg

 強者ぞろいの徳島の巨樹めぐりをし、「杉の大杉」のような超メジャーな巨樹の後で訪ねると、この杉は地味に見えるかもしれません。
 しかし、この風景と杉の幹をいっしょに眺めた時の、「とんでもないところまで来たんだなあ……」という、この実感は、ずっと心に残り続ける感動でした。
 巨樹があったから、ここへ来ることができ、この光景を見ることもできた。
 逆に言うと、巨樹がなければ一生来ることもなかった場所へきて、見るはずもなかったこの光景を見ることができたのです。

 一枚の写真とわずかな散文を頼りに、たった一本の樹を探しに行く。
 それが巨樹探訪の本来の姿だと思います。
 その達成感、すがすがしさは、シンプルながら強烈で、忘れがたく心に刻まれる。
 高度な情報化社会の現代において、そんなプリミティブな感動をくれる巨樹でした。


shikoku2108.jpg

「六社聖神社の大杉」
 高知県長岡郡大豊町日浦
 樹齢:不明
 樹種:スギ
 樹高:38メートル
 幹周:9.1メートル

6コメント

さかした  

アンパンマン列車だー。

御祭神がわかればどんな流れかなんとなくはつかめるけど、同じ名前の神社でも御祭神バラバラで調べんでもいいわと言われてるみたいだわw

はじめちゃん、かわいいですね。
特にこのはじめちゃんはフォルムがかわいすぎる。
狛犬で一番好きなのははじめちゃんかもしれない。

2019/08/25 (Sun) 00:21 | EDIT | REPLY |   

狛  

さかしたさん>
いくつか神社のことを検索できるサイトを回ってみたんですが、六社聖神社の詳細はわかりませんでした。
ここ一軒かもしれません。
もしかすると、勧請する過程で違った形でしちゃったパターンかもしれないですね。

こういう存在にはたまに出会いますが、なるほど、はじめちゃんというのはそういう意味なんですね。笑
でも、狛犬を知らない人が想像で作ったというよりは、わざわざこういうものとして作った感じもします。
かわいいものを作りたかったんじゃないかな、と。笑

2019/08/26 (Mon) 08:47 | EDIT | REPLY |   

to-fu  

いやー、恥ずかしながらこの巨樹、あまり印象に残ってないんですよねえ。
別に巨樹が悪かったわけではない…むしろスギの巨樹としては非常に立派なものだったように思うんですが、何しろあそこへ到達するまでの道のりと、あの空中庭園のような浮世離れした景色が強烈過ぎました 笑 撮影中もホント、足元にグッと力を入れていないと風に煽られただけで真っ逆さまに落ちてしまうんじゃないかという恐怖。ああ、今思い返してもとんでもないところだったなあ。

巨樹そのものが印象に残らなかった半面、あそこから見た景色はまるで四国の旅の象徴のように記憶に焼き付いています。
まさに最果て。あの景色を見るためにもう一度高知に行ってもいいんじゃないかというくらい感動的な風景でした。
まあ、ちょっと怖かったですけどね。

2019/08/26 (Mon) 21:15 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

見る者にとってここまで恐怖を与える環境にある巨樹は初めてでした。
見上げないと撮れないし、そうすると後ろにひっくり返って奈落の底へ・・・という思考がずっと脳裏にあって。
いまこれらの写真を拝見しても手に汗が・・・。
他にも徒歩でここへ至るまでのまるで天空へ続くかのような道や、かわいい狛犬やアンパンマン列車など、
印象に残るものをたくさん目にしましたねぇ。
それも含めて私的にはこのスギは結構インパクトある巨樹でした。
スギ単体だけ見れば印象は薄いかもしれません、いや、サイズ的にかなり見応えありましたが、色々と他も面白かったので。
その生育環境も含めて楽しめるのがこの趣味の醍醐味ですね!

余談ですが、昨夜、ナニコレ珍百景という番組でつるぎ町のモノレール集落が放映されていて目が釘付けでした。
やっぱりあそこはとんでもない所です(笑)。

2019/08/26 (Mon) 22:28 | EDIT | REPLY |   

狛  

to-fuさん>
いや、あれだけ列強ぞろいで冒険感のある四国ツアーでしたから、その中で埋もれてしまうのは仕方ないと思います。
僕としても周辺状況含めて印象に残っていたとは言え、名前を思い出せないなど、似たり寄ったりですし笑……to-fuさんはその後、加えて夏場も色々と冒険をされてるので、余計にそうだろうと察します。

それでも、もし関東平野にあったらと思うと、かなり注目を集める規模のスギだと思うんです。
が、四国巨樹の層が凄すぎるのと、なんといってもあの険しい環境……あれを我々は「体感」したわけで、そちらの方が勝ってしまいますよねえ。
あの石段から落ちたら、スカイダイビング……みたいな。
そわそわする反面で、あの集落はとてもきれいにお手入れされていた印象で、なんとも言えない隠れ里のような感じが好ましかったです。
そうですね、ああいう風景を味わいになら、またあの怖い道を走ってもいいかも……。

2019/08/27 (Tue) 08:40 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
山中や斜面などにあって手が入れにくいから巨大に育つという巨樹はいろいろありますが、人の生活込みで険しすぎる土地に育まれている巨樹。
巨樹の生命力が強いなあと思うのはいつものこと、ここでは人の強さ・たくましさというものもひしひし感じました。
そして、そこまでやってきた俺たちもかなりのもんだぜ! とか。笑
いや、車から降りて汗びっしょりだったんですけどね。ははは。

ここはかなり切り立っていて道も狭く入りづらいですが、車道なんか元からないという集落もあるんですもんね。
そんなところに育っていたらと思うと、全く違う人生になっていたんだろうな……と想像してしまいます。

2019/08/27 (Tue) 08:44 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿