四国巨樹探訪旅 高知市の夜、おたのしみ会

shikoku2073.jpg
K-1 mark2 / FA35mmf2

 高知でナンバーワンのホテルにチェックインを無事果たし、車にもよく休むように言って別れた我々は、さっそうと高知の町に繰り出します。

 ……なんて、間が空いてしまってすみませんねえ。
 続きものなんですよ。いちおうね。

shikoku2063.jpg

 日はまだまだ明るいが、時刻としては宴を始めてもまあ不自然ではないくらい。
 ここじゃねえか、というお店に目をつけて(しかし決して予約なんかしないところが男らしいと思っている。)、ぶらぶらと高知の町を流していきます。
 繁華な街ですが、そこはやはり四国の一番南の方、東京大阪名古屋みたいな巨大都市に毒されていない、特有の雰囲気を感じることができます。

 この路面電車もそうで、路面電車と言えば、熊本や広島や長崎やなんかを思い出しますが、個人的に好きな街が多いです。
 いや、路面電車自体はシステムが把握しづらいこともあって、乗るのは苦手なんですけどね。笑
 そういう街の規模、そこからくる雰囲気が好きなのかも。

shikoku2065.jpg

 「日本三大がっかり名所」のひとつとされているらしく(編注:誰かがそんなことを言っているのを聞いた気がするだけ。ということにしておきます)……そう言われると俄然見てみたくなった「はりまや橋」。
 なんかこう……こんな大きさの画像にして表示するのも、サーバーにこの画像を保存するのすらもったいなくなってくるような「名所」ですねえ。
 確かにねえ、うん。
 外国からの観光客さんも、なんか困った顔をしていましたよ。
 しかし、それゆえか、それなのに、か、どたばた渡った我々はずいぶん楽しそうだったよね、と振り返って思います。

shikoku2064.jpg

 しかし、はりまや橋のとこに植えてあったセンダンが満開で、これはきれいでした。
 とてもいい匂いだったし。
 センダンの巨樹も見ましたが、この香りは、初夏の四国南国の香りとして記憶に残りました。

shikoku2066.jpg

 高知市の雰囲気は、我々、街撮りの徒を引き付けるものがあるように感じます。
 またカメラ片手にじっくりと歩き回ってみたいもんですね。
 お気楽に再訪を誓います。

shikoku2067.jpg

 ほどなくして、本日のミーティング会場に最適とみきわめたお店「葉牡丹」に到着。
 トラディショナル・スタイルのお店です(知ってる)。

shikoku2068.jpg

 店内はあまり広くなく、あれよあれよと2階に通され、あれよあれよと、なんかいろんなものを注文。
 味のある高知のオバちゃんが、なんかクーピーみたいなもんで、味のある伝票を書き付けていきます。

shikoku2069.jpg

 高知に来たんだから、カツヲを食べないといけませんね。
 いや、僕は生もの得意じゃないんで、食べないんですけどね(結局何なんだ)。

 先日、仙台の寄り合いで、さかしたさんが、料理の撮影とF値についてということについて、絞り開放で撮ることの意味とは? ということをおっしゃっていて、全体がわかんないなんて料理写真の意味ないよね! と積極的発言をした狛ですが、なんだこれ。笑 
 いやまあ、巨樹用のズームではテーブル写真は撮れないし、コンパクトな35ミリf2と、今日暴れまわって疲れて脱力してる自分が組み合わさって、こうなったの。
 ISO感度6400とかにして、グリーンモード(初心者マーク)で撮りなさいよ、あなた。

shikoku2070.jpg

 はいすみません、絞り開放のエモい料理写真が続きますよ。
 カツヲを食えない僕ですが、なんか高知らしいものを食べていきたいという気持ちはあり、これを積極的注文しました。
 ウツボの唐揚げですよ。
 ふわっふわで、まったくたんぱく、ポン酢によく合います。
 高知はカボスどころなので、ポン酢もいいですよねえ。

 このウツボのおもしろさには、貞光でクロコを見送らされたto-fuさんも納得されたようです。
 いやあ、よかったよかった(なんだそれ)。 

shikoku2071.jpg

 お酒がめっぽう得意なto-fuさん、RYO-JIさんと、一滴も飲めない狛ですが、巨樹談義、カメラ談義などを交えつつ、たのしく2時間が過ぎました。
 タコやきびなごのてんぷらも美味しかったですね。
 RYO-JIさんは高知に滞在経験があるとのことで、翌日も、いろんなよもやま話を聞かせてもらいました。

shikoku2072.jpg

 まだ時間もそんなに遅くはないし、次行ってみましょうということで歩いていると、こういうところに。
 高知のゴールデン街みたいなところかな。

shikoku2075.jpg

 そこでまたワインのお店に入ったりして。
 二人ともお酒つええ。
 一緒に飲めたらいいんですけどね、もう今更鍛えようとは思いませんわね。笑
 ジンジャーエールとピスタチオアイスをごちそうになってしまいました。

shikoku2074.jpg

 おそらくお二人も同じだったのではないかと察するのですが、今日という日の巨樹探訪体験があまりにも濃密で強烈だったために、それについて評論めいたことを話そうという気にはあまりなりませんでした。
 ただ、たくさん撮った写真をプレビューしてみるのは大変に楽しみ。
 疲れた疲れたと言いつつも、高知でナンバーワンの部屋に戻ったら、バックアップがてら見入ってしまうだろうな……ってのも、ご同様だったのではと思います。

shikoku2077.jpg

 フェリーの2等と車中泊の後でホテルに泊まると、ああやっぱり素晴らしいって、ついちっとも面白くもない部屋の写真なんか撮ってしまうんですが、我に返り、やめました。
 というより、僕はお酒飲んでないんですが、ホテル間違えちゃったかな?
 高知でナンバーワンのホテルにしたはずなんですけれど(やめなさい)。

 まだ5月でしたが、高知だけ早々30度の予報。
 明日も暑いんだね……。

shikoku2076.jpg

 アルフォートって、こんなお菓子でしたっけ……。
 僕が知ってるやつと違うんですけど……。

shikoku2078.jpg

 寝しなの牛乳。
 まあ、個人的にはスリルドライブの連続だったので、疲れておりますよ。そりゃあね。
 なんつったって、つるぎ町を走ってきたんだからさ……。
 でも、つるぎ町を走ったことを思えば、たいていのところは走れそうで、度胸はちっとつきましたよね。 

 翌日は翌日で早いんです。
 8時半集合とかって、誰が決めたんだ(あなたです)。
 早く起きて、今日南下した高知道を逆走……もとい北上し、すごい……ほんとすごいアレを……

 Macにメモリーカードをぶっ刺したまま、意識を失ったのでした。
 長い一日は終わり、高知の夜は暮れていきます……。

(つづきます)

6コメント

RYO-JI  

もう何だか遠い昔のことのように感じますねぇ。
狛さん視点であの濃密な旅を振り返ると余計に懐かしさが込み上げてくるのが不思議です。
高知の夜はもう酔っ払いオジサンになってしまって失礼しました(汗)。
凄い巨樹まみれになった興奮と、お二人と同行できた喜びでついつい飲み過ぎてしまいました。
ほぼ寝ただけの高知ナンバーワンホテルでしたが、起きている間は大半酔っていたので、
私の中ではいまだに高知ナンバーワンホテルです(笑)。

2019/08/13 (Tue) 22:47 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
夏っぽいイメージで記憶されてるんですが、考えてみたら今が夏で、あれは5月。
やはり高知ってすごく南国なんだなあ……と改めて思います。
長い一日でしたよねえ……。
一日の出来事だとはとても思えないような……(遠い目)。
to-fuさんとも話していましたが、僕としてもナンバーワンホテルのことはほとんど覚えていません。
もうちょっとゆっくり滞在できたらよかったかもしれませんよね。

2019/08/14 (Wed) 10:03 | EDIT | REPLY |   

to-fu  

あの日々は本当に現実の出来事だったのか?とすら感じるくらい遠い日々のように感じます。
実はたまたま三人が同じ夢を見ていただけなのでは…トワイライトゾーン?
早朝から深夜まで。本当に長い一日でしたねえ。
そして無駄な時間が思いつかないってくらい濃密なスケジュール。

私も楽しくてついつい飲み過ぎてしまいました。(いつもだろ!とか言わないで 笑)
よく遊んでよく飲み食いし、そして汗を流してよく眠る。
果たしてこれ以上の幸せがこの世に存在するのか?いや、どこにも存在しないでしょう。
次回もまた四国のハイアット、極東のアマンと呼ばれる(?)ナンバーワン系列のホテルに泊まれるよう、日々精進したいものですね。

2019/08/14 (Wed) 14:48 | EDIT | REPLY |   

さかした  

それはわたしを悩ませる写真の羅列だったwwwwww
でもそれはそれでありだと思っているので。
わたしは絶対に撮らないけど。

2019/08/14 (Wed) 23:41 | EDIT | REPLY |   

狛  

to-fuさん>
こうして書きながら足跡をたどっていっても、やはり1日の間に起きたこととは、考えが整理できないところがありますね。
すごい集中力と探求心。
四国のあの地域という逃げ場のなさがそうさせてくれたようにも思います。
もうとにかく巨樹追ってくしかねえ! でないとやべえ! みたいなね。笑

冒険の後の宴というこの感じ、やっぱりいいですねえ。
思い返してみれば、計画前段階で漠然と思い浮かべていたことを、ほぼ実現してるのではないか? とも思います。
もっとも、さらに追及を強めたりスタイリッシュにしたりとはできると思いますが……いや、無理か。ああいう土地では。笑
四国のハイアット……ライバルさんたちが黙ってない気もしますが、僕としては、再び
我らがナンバーワンでもいいかな、なんて思ってます。
また行きたいですねえ。

2019/08/15 (Thu) 08:34 | EDIT | REPLY |   

狛  

さかしたさん>
もう二度と来れないかもしれない巨樹を撮るときはともかく、食い物を撮る時に確認なぞしませんので、こうなってました。笑
意図的にウワア素敵な出来栄えになっているといいんですけど、こちらは単に撮り散らかした結果ですからね……。
コンデジのがいい……。

2019/08/15 (Thu) 08:37 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿