我々の夏休み

IMGP8720.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 うーん、夏休みにしたほうがいいな。
 まあ、いつも夏休みみたいなことをしてるじゃねえかというお声もありましょうけど、昨日は特に夏休みっぽかったですよ。

 今年もto-fuさんが茨城においでになったので、じゃあ巨樹見に行こう巨樹、ってことで、他地方の方が滅多に行けないであろう県北部のプランをいくつか立案。
 すると、to-fuさん、よりによって一番ハードなやつを選ぶじゃありませんか。
 この人は、すげえな。

IMGP8721.jpg

 たった一本の巨樹を目の当たりにするために真夏の山中行軍、というかむしろ登山。
 ずぶずぶの汗まみれになりましたが、達成感もあり、気持ちよかったです。

 (行ったのはこちら。「真弓神社」。)

 その後、いつも通りカフェーでコーヒーを飲みながら、今年これまでの旅を振り返りました。
 (といっても、5月に四国をうろついたばかりですが……)
 あくまでフットワーク軽く、見てみたいものを見るために出かけて行くことの尊さ。
 この趣味をやっているとホント様々な経験ができて嬉しいのですが、土産話を聞いてくれる同士がいるということはやっぱりとても有難いなあ……と、こういう時にすごく思います。

 振り返りながら、夕暮れの霞ヶ浦湖畔を帰る。
 帰着し、この夏一番であろうシャワーを浴び、22時頃には自分のバッテリーが切れ、もう眠くなってしまいました。

 充実した1日でした。
 また、出かけましょう!

2コメント

to-fu  

いやー、最高でしたね。
ハードだなんて言ってもそれちょっとオーバーじゃない?なんて軽く考えてましたが、予想の10000倍すごいところでした。
険しいところも含めてそれなりに数をこなしてきたつもりでしたが、まだまだ自分は未熟者だと痛感しましたよ 笑

一人でも楽しめますが、同好のモノドモが集まるとより楽しめるのがこの趣味の良いところですね。写真もそうでしたが。
日頃から狛さんやRYO-JIさんのログを見ては刺激を受け、よし自分もどこかへ行こう!と、それが日々の仕事の原動力になっています。

また次回も最高のシャワーを浴びましょう 笑
次は富山の…

2019/08/13 (Tue) 11:02 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
おかげさまで冒険心と旅の心がよみがえって、中断していた四国旅日記をまた書くことができました。笑
いやーー、おつかれさまでした!
広くて深い巨樹の世界、もっとハードなところは山ほどあるのでしょうけど、一本の巨樹を見に行くためにたどるあの道のり、かなりの重みを感じますよね。
まあ、僕らは道を知らず、いちばんハードな道をわざと歩いているような案配になっている可能性もありますが、それもまたよし!笑
文字通り参道、まみえるためにその道をわざと通るという考え方もあります。

巨樹についても、けっこう感覚的なところがあって、それぞれ感じるところが似たり離れたり、面白いものですよね。
同じものを見ても、to-fuさんやRYO-JIさんのご感想を読むのがいつも楽しみです。
写真の撮り方も。

ああ行ってよかった……と、昨日も帰り道、しみじみ思いました。
これだよね、これ。
これが巨樹探訪だよね……というような。
次は富山のうお……づ

早くチャンスが巡ってきますように!笑

2019/08/13 (Tue) 19:49 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿