お盆と巨樹

hasaki1915.jpg
iPhone7

 今朝は朝5時台からおとうさんがギターを弾きだして、そのぺらぺらいうフレーズのせいで起きてしまい、寝不足なのですが、お盆なので、銚子までお墓まいりに行ってきました。
 その間、ばあやさんが留守番しておるところへ坊さんが念仏をあげに来るというシフト。
 話によると、若い女の子の坊さん(尼さん?)が車で来て、念仏してったそうです。
 なんか面白いもんだな。

hasaki1916.jpg

 お墓はちょっとした小高いところにあるので、駐車場からずっと坂道と階段ですが、概ね下まで降りてきて寺の事務所にお布施だか何だかをあげるという段になって、母、
「ああっ、お墓のところに現金封筒忘れてきた! 取ってきて!」
 ……って、すごくないですか。
 まあ、ここで怒っちゃいけない、お盆だからな、と、坂と階段を汗かいて登って戻って、隣んちの墓石に置かれた盂蘭盆会茶封筒を引ったくってまた戻るというゲーム。

 もう一箇所親類のお墓があるお寺を回って、帰る途中、思い立って、地元が誇る巨樹「波崎の大タブ」を擁する神善寺に立ち寄りました。
 巨樹の旅が、今後も安全に、充実したものになりますように。
 そんな感じで。

2コメント

RYO-JI  

お墓参りは大事ですよね。
私も最近になって特にそう思います。

波崎の大タブ、いいですねぇ。
一枚目の写真を見てすぐにわかりました。
まだ見ぬ巨樹ですが、印象に残っているんです。

2019/08/12 (Mon) 20:30 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
ご先祖様はもう何か違うものに生まれ変わってるとは思いますが、自分の血筋がどこに基づいているのかを確認することは大事だと感じます。
故郷の確認でもありますし、お墓まいりに出かけると色々気づくこともありますね。

波崎の大タブも、僕にとっては故郷感がとても強いです。
タブという樹種が、ここらの風土を感じさせるのだなと思います。
見に来るのは結構大変ですが(なにせ、東の果てです)、ぜひいつかRYO-JIさんにも見ていただきたい巨樹ですね。

2019/08/13 (Tue) 09:40 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿