巨樹を訪ねる 葛籠のヒノキ

IMGP7169_20190628095312c62.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 つるぎ町は「巨樹王国」と名乗って数々の巨樹を誇示していますが、数が多い上に道険しく日程もあり、我々の今回のツアーにおいては取捨選択が必須でした。
 ルートを決め、点と点を結んで行ったわけですが、その過程で、メインの目標ではないながらも加えることができたものもあります。
 この巨樹もそんな一本。
 ちょうど移動のルート上にあったので寄ることにしたわけですが、なかなか「つるぎ町らしい」一本だったと思います。
 「葛籠(つづろ)のヒノキ」です。
IMGP7154.jpg

 大ヒノキ。
 巨樹の一覧の中にあっては、少数派の勢力です。
 ヒノキと言えば、自然環境にあるよりも材木としての需要が非常に高い……それは日本人ならば誰でも知っていることです。
 ほとんどが巨樹化する前に伐られてしまう運命にあります。
 そのうえ、ご神木扱いになって大きくなったとしても、スギやクスほどの規模にはならない。
 目通り幹周が5、6メートルもあれば立派なもので、7メートル台に踏み込むものは本当に限られてくる印象です。

 この「葛籠のヒノキ」は、幹周囲5メートル。
 他樹種との勢力争いというものもあるのか、この樹が徳島県で最大のヒノキだそうです。

IMGP7165.jpg

 目通り幹周5メートルというと、スギやクス、イチョウといった大型樹種では後回しにしてしまう規模。
 「まあ、よくある神社の樹ですねー」とか、失礼な人間が知った口をきいてしまいがちな数値です。
 スペックだけで判断するのは本当によくないことですが、無数にある巨樹全部を見て回るわけにはいかないので、どれを見ようか? と選ぶ際にはどうしても数値がひとつのきっかけになってくる。

 しかし、ヒノキにおいては、ある程度この基準感覚を改めたほうがいいという印象です。
 他の樹種よりも数値上は小さくても、みっしりした質感とディテールで見せてくれるのがヒノキ。
 簡単に言うと、小さくても迫力があるんですよね。
 この樹も、遠目からでもれっきとした「巨樹」であるという迫力を発していて、周囲の林から浮き出て見える感じがしました。
 
IMGP7171_2019062809531406a.jpg

 ヒノキの巨樹って、それぞれ個性的なんですよね。
 形、質感、重量感、生き様みたいなものが、ひとつひとつ、はっきり違う。
 岐阜県下呂市の「坂下の12本ヒノキ」のようなとびきりの異形もあれば、福島県岩瀬郡天栄村の「青龍観世音堂のヒノキ」のような、おおこれはデカいぞ!と実感させるものもある。

 この「葛籠のヒノキ」は、どちらかというと後者のタイプでしょうか。
 樹高はさほど高くありませんが、一本幹で、よくぞこれほどのヒノキが伐られずに生きてきたな、と感心します。

IMGP7178.jpg

 樹勢は良いようで、枝は縦横無尽に広がっています。
 よく観察できませんが、特に落雷や風雨で損壊したところもなさそうです。

IMGP7163.jpg

 いやー、しかし……。
 惜しいのは、全く巨樹本体に近づけないことですね。
 もちろん保護の観点もあるでしょうが、この樹の場合は、立地が急な斜面にあることも原因かと思います。
 写真撮るのに夢中になったら滑落しそう。
 周囲にはネットフェンスの他、斜面に登れないように前段階での柵も設けてあります。
 巨樹を間近で観察することもできないし、ほぼ1、2か所の定点視点からしか撮れない。
 本当は、斜面にあるがゆえの、大蛇のようにのたうつ根の発達を撮ったりしたかったんですが……とても後から見られるようなものは残せませんでした。
 個性で推すヒノキであるがゆえに、なおさら惜しい。

IMGP7174_2019062809531542f.jpg

 あとから考えると、このネットフェンスは、深い山の集落にあるがゆえの獣害防止の意味もあったかもしれません。
 とにかく、管理の大変さを推測すると、余計な騒動は防止せねばというところです。それには同感。
 なにせ、この地の山深さは相当なものがあります。 
 切り立った山にくっつくようにして4、5軒の家があるだけ、といった感じの場所です……。
 
 撮れないながらもできるだけ撮った後で、それにしても……と周囲を見渡すと、ほんと、とんでもないところまで来てしまったと感嘆しました。
 もし巨樹が無ければ、ここへは一生来ることがなかっただろう。
 確実にそう思えるような土地・風土を味わうことができるのもまた巨樹巡りの醍醐味だと感じます。


IMGP7162.jpg

「葛籠のヒノキ」
 徳島県つるぎ町一宇葛籠
 樹齢:500年
 樹種:ヒノキ
 樹高:24メートル
 幹周:5メートル

4コメント

to-fu  

ヒノキの巨樹としてはなかなかのものでした。
大きさもさることながら、あれだけ枝を自然のままに残してもらっている個体も珍しい。
あの荒々しさが周辺の風景とマッチしていて、如何にもつるぎ町らしいヒノキです。
あの健康な姿ですから200年、300年後にはあのエノキ同様、日本を代表する1本になっているかもしれませんね。

しかしとにかく全く近付けないのは予想外だったし残念でした。
写真を撮る者としては仰るように完全にアングルが固定されてしまって…
せめてあの保護ネットはヒノキの裏側を通してほしかったなあ、なんて。

2019/06/29 (Sat) 16:30 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

撮影者泣かせの立地、環境でしたね。
自分の写真を見返しても同じような構図ばかりです。
フェンスの存在もあってか樹勢は良さそうでしたね。
サイズは控え目といえど、特に四方八方に長く伸びる枝が印象的で記憶にもよく残っています。
もっと様々な位置から見られたら、より好きな一本になったかもしれないなぁと思ったり。

あと、本当に凄い場所にある集落でしたねぇ。
非日常を堪能できて行って良かったと思います。
そう、こういう醍醐味って大事ですよね!

2019/06/29 (Sat) 17:57 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
元気なヒノキだったと思います。
巨樹化したがゆえのことかもしれませんが、大枝が折れたりすると空洞化したり白骨化したりが目立つ樹種だとも思います。
もっと探してみれば、こういう樹がいくつも……それこそ集落ごとにあるんじゃないか?と、それこそつるぎ町のイメージですね。

事前調査ではこの根の至近でウワーと撮ってる写真があったので、あれを夢見ていたんですが、ちょっと残念でした。
このネット、下側がゆるいように見えるので、改めて見ると獣除けじゃないようですね。
やっぱり、登ってしまった人が多かったんですかねえ。

2019/06/30 (Sun) 08:57 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
動機としても途中にあったからという失礼な感じでしたが、結果としてもサブ的な成果。
でも、それなりに楽しんで評価できるところ、我々も場数を踏んできたもんだ……と感じました。笑
いや、すごく立派なヒノキだったと思いますね。
四国にどれだけヒノキがあるかわかりませんが、代表的な1本であることは間違いないですね。
そういう意味では見に行ってよかったです。

ここ……ほんと印象に残りましたよね。笑
初めて行ったつるぎ町はもとより、四国というもののイメージもがらっと変わりました。

2019/06/30 (Sun) 09:03 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿