Jank it

narita1901.jpg
iPhone7

 ものすごくどうでもいい、だけどそれだけに放ってはおけなかった。


 で、なんだかここ2日、関東は雨模様らしくて。
 ちまちま忙しくて家を空けている時間も多く、洗濯物がたまってしまいました。
 なので、戻ってきて夕食時にもならんかという頃合いだったけど、洗濯し、コインランドリーの強力ガス乾燥機を頼ることにしました。
 洗濯機をまわす。
 あと34分とか出るので、ハイテクタイマーであるシリーさんに「たいまー34ふん」「セットしました」というあれですが、不思議。
 34分後にタイマーが鳴って洗濯機を見に行くと、まだ7分も残っている。愕然としました。
 つまり……つまりこれは、アインシュタイン先生が遺した特殊相対性理論が証明された瞬間ではなかったでしょうか。
 時空とは一定のものではなく、伸び縮みするのです。

2コメント

RYO-JI  

時空の謎・・・。
洗濯機のそのあと〇〇分問題ですが、うちの奥さんもしょっちゅう騙されていますよ。
『さっき〇〇分ゆーたのに、まだ終わってないんか~い!』って。
コインランドリーではなく我が家の洗濯機風情に翻弄されている訳ですが(笑)。
アインシュタイン先生の偉大さが改めてわかりますね。
特殊相対性理論はチンプンカンプンですが(笑)。

2019/05/15 (Wed) 23:04 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
時空の謎ですよね……。
僕も家の洗濯機と時空のゆがみに翻弄されているんです。
突っ込みますよね、あの数字に対して。
おわってないんかーい!

理論物理学は、時々読むと、まったく意味がわからないため、自分がバカなのか利口なのかすらもどうでもよくなり、気分爽快でおすすめですよ。
ちっとも理解できないのに、それ関係の本を何冊かもっています。

2019/05/16 (Thu) 09:36 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿