三春町桜めぐりを勇み足

miharu1906.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 読めない。
 桜ばかりはどうにもならない!
 いかに自由人(半人前)な生活をしているとはいえ、そう2、3日区切りで休みが自由自在にできるわけでもなく、今年はこのタイミングで三春を訪ねることとなりました。
 それでも、一度、一週間の予定調整をしてるんですよ。
 読みを効かせ、寸前まで開花予想とばっちりシンクロしてました。
 ところが、あの想定外の雪! なんだあれ!

 ……まあ、ともあれ、今年も福島県田村郡三春町、国の天然記念物である「三春滝桜」を中心とした桜めぐりに出かけました。
 都市を彩るソメイヨシノもきれいですが、里山の風景の中のエドヒガンの一本桜には特有の艶やかさと風格があります。

miharu1902.jpg

 ネットが進歩した現代ですから、これら有名な桜の開花情報はだいたい手に入れることができます。
 しかし、だからと言って100%満開の姿を拝めるかというと、そうではない。
 数々の制約の中で生きているのが現代人である、むしろテクノロジーが進歩すればするほどその制約は細分化されて食い込んでくる……と、そういうパラドクスがここにも表れているのではないでしょうか。

 と、行き場のない感情を文明かなんかにぶつけてみたところで、こちらは「五斗蒔田桜」。
 次に出てくる地蔵桜からほど近い場所にあり、滝桜の子孫、樹齢150年とされている桜です。
 目通り幹周は3〜4mの間といったところでしょうか。

miharu1903.jpg

 大変見事な樹形であり、丘の上に単独で立っているので、背景が必ず空になるところがまた素晴らしい。
 ぜひ次回は満開の時に訪ねて、しっかり記事にしたいものだと思いました。

miharu1904.jpg

 少し走って、こちらが「紅枝垂地蔵桜」。
 滝桜の娘とも孫とも言われる、実質ナンバー2の格にあると言える大桜です。 
 立ち上がった姿が実に格好良く、花の色も少し濃いように見える。
 ……しかしこちらも今年はまだ早かった。
 周囲に残る雪が、この辺りがひときわ寒冷な土地であることを物語っています。

miharu1905.jpg

 巨樹としても素晴らしい樹。
 木道があるので、近づいて触れることができるのもうれしいです。

 ほぼ満開の時に訪れた2年前の写真はこちら。

 もちろんこちらも、また咲いているところを見に来たいものです。
 この周囲は道々にも立派な桜が数多く植えられており、それらが一斉に開いて村中が春に包まれたような光景は、なんとも印象深いものなのです。

miharu1913.jpg

 そして、いつもなら大渋滞のチマタと化す道を、その半分くらいの時間で進んで、「三春滝桜」に到着しました。
 1……多めに見ても2分咲きくらいしょうか。残念!
 それでも、日当たりがいい場所にあるせいか、他の大桜たちよりも幾分早いように見えます。
 
miharu1908.jpg

 咲いていないわけではない。
 あと一押しという感じですね。

miharu1901.jpg

 当日はものすごく天気が良く、気温も20度近くまであがって、急速に春が進行する気配を感じました。
 ほんとにね、じっと見てたら目の前で次々桜が咲くんじゃないかと、無理な期待をしてしまうくらいに。
 炸裂寸前の花火大会(花火じゃなくて花火大会)を見ているかのようで、すごくそわそわしてきます。

miharu1907.jpg

 もちろん、滝桜本人としても、ここから一気にギアをトップに持ってく! というところだったでしょうね。
 あと3、4日すれば、あの見事な枝垂れの大瀑布を披露してくれるはず。
 咲けば薄い桃色の花も、つぼみの状態だとだいぶ濃い紅色です。

miharu1909.jpg

 しかしながらそこは、巨樹愛好者。
 花がなくとも、巨樹という視点から楽しむこともできる。
 その視点からも十分巨大、これが桜であるとはにわかに信じがたいような樹です。

miharu1910.jpg

 花がない分、樹形や幹がよく観察できてよかったとも言えますね(苦し紛れ? まあ、そうです笑)。
 逆に言えば、満開時はほとんど枝や幹を覆い尽くすほどの花がついているということですね。
 推定樹齢1000年、日本三大桜の一角としてこれだけの樹勢を誇っているのは、本当に尊いことだと思います。
 スタンバイ時だからこそ、なおさらにそう感じます。
 生きる力がみなぎっている。
 素晴らしい眺めではありませんか。

miharu1912.jpg

 何度見ても、どこから見ても、ものすごい樹。
 日本一の桜はこれだと、断然そう思うのです。
 この樹一本のために馬鹿でかい桜祭りが開催され、村と呼べそうな屋台が立ち並び、50キロ先の小野町まで渋滞が続いてしまう。
 誇張とか、流行りとか、演出がうまいとか、そういうこと抜きに本当にすごいものもあるんだということを体現してくれる存在だと思う。
 それがたまたま桜の形を取っている。その幸運。
 富士山と一緒で、日本人の感性を最大限喜ばせてくれる存在なんだと、僕は思うのです。
 

 ……というわけで、ままならないものだなあ! と思いつつ、今年の僕の桜祭りは幕を閉じました。
 巨樹は生き物。だからこそ尚更尊い。
 桜はただ勝手に咲いているのではなく、その意思と生命力で春を彩っているのだと確認するかのような年になりました。

 来年も……多分見に行ってしまう気がします。
 これは、お祭りなんです。
 僕らは寿命短い小賢しい人間だから、せいぜい桜に振り回されて、楽しむのがいいんですよ。笑



 想像してごらん。満開の三春滝桜を(「イマジン」がながれる)……。
 ……ということで、過去の記事も載せておきます。是非ごらんになってください。
 
 二年前

 すごく開花が早かった去年

4コメント

RYO-JI  

圧巻!
毎年同じような感想を抱いてしまいますが、そう思ってしまうので仕方ないのです。
さすがに遠方だし、開花時期が限られているので一生見る機会がないかもしれません。
いや、できれば生きている間に見てみたい、そう思えてなりません。
満開じゃなかったのは残念ですが、このつぼみ状態の色の濃い感じもいいですね。
もう桜はいいやって毎年思うんですが、翌年になり開花の声を聞くとソワソワして行っちゃうんですよね。
いまだにまだ見られる桜の情報を日々チェックしてしまってます(笑)。

2019/04/15 (Mon) 22:59 | EDIT | REPLY |   

to-fu  

RYO-JIさんと全く同感で、むしろ満開でないからこその色濃い姿が青空に映えていて
これはこれで良いではありませんか!昨年までの写真とはまたイメージが違います。
そして狛さんの言うとおり巨樹としての樹形を堪能するならこれくらいが丁度いいわけで。
巨樹的に見るなら季節外れの積雪した滝桜なんかも絵になりそうですねえ。

しかしやはり凄い人混みですね…淡墨桜へ続く国道でも何十キロも手前から渋滞の案内板が出ていてゾッとしましたが、日中はこうなるんでしょうねえ。でも年に一度のイベントだと考えると僕もあのお祭り的露店が盛り上がっている光景を見てみたかったと思うところもあり、食わず嫌いしていないで一度くらいは身を投げてみようかという気になっています。せっかくなら未訪問のこの滝桜か、残る一本の神代桜を目指したいところです。うーん、やはり生きているうちに三本桜は全て回ってみたい!

今年は暖かくなるのが早かったのでさっさと咲いて散ってしまうのかと思ったら、3月末になって急にストップがかかりましたよね。巨樹ではなくとも遅咲きの桜ならまだまだ楽しめそうなので、今週の空いた時間でまたちょっと覗いてくるつもりです。

2019/04/16 (Tue) 09:40 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
2年続けて満開をみることができたので、さすが情報化社会だぜと思っていたのですが、今年はまんまとやられました。笑
そうですね……近畿からだとかなり遠いと思います。
それこそツアーを組んで、しっかり泊まりで……という時に、今年の僕のような番狂わせにはまると泣けてきますね!
やばいやばい。

つぼみの色はこんなに濃いもんだなあと、このソワソワ感も、この姿を見てみなければ味わえなかったかもしれません。
と、やはり負け惜しみ。笑
来年もまた見に行こうとするに違いありませんね、こりゃあ。

2019/04/16 (Tue) 13:57 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
この滝桜公園の広場に入ってしまえば、案外広々としていて、満開の時でも好きに見ることができる……と、それはそうなのですが、やはり頭に「思ったより」「渋滞の台数から比べれば」というのがつきますね。
一対一で対することはどの時間に行っても不可能ですし、どっちかというと、全日本人、全世界人でもいい、みんなの宝だ! という感じで拝むのが正しいような存在感でもあります。
まあ、お祭りですよね。
その感じで、僕もいずれ三大桜は目に焼き付けたいものだと思っています。

有名な樹なので写真もいろいろありますが、そう、雪の日が特に見栄えしますね。あの姿もぜひ見てみたいです。
昨年はすごく早くて、みなさん桜が散ってから桜祭り開催みたいな無念を味わったでしょうが、今年平年に戻るかと思えば、局地的にはどうなのか。
まったく予想できずの敗北感がありました。
まあ、それを慰めてくれるのがソメイヨシノたちですよね。
ということで、山を降りたあと、市街地でそれなりのお花見をしました。笑

2019/04/16 (Tue) 14:04 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿