巨樹を訪ねる 行津の大杉

minamisouma1922.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 1月の下旬、福島県浜通りは南相馬市の巨樹行。
 「大悲山の大杉」を見に行った後、ほんの車で10分ほどのところに、見ておきたい幹周の大杉があることを知りました。
 同じ南相馬市小高区にある「行津(なめづ)の大杉」です。

minamisouma1919.jpg

 国道6号まで戻って少し南下、宮田川を渡った先で右側へ入る。
 そういう道順ではあるのですが、何が目印かは、割と遠くからでもわかります。
 その杉自体樹高が高く、おまけに小高いところにあるので、すぐに頭抜けた姿が見て取れるのですね。

 地図上の位置としては、南相馬市でも最南の方へ来ています。
 もう数百メートルで浪江町へ入り、すると、帰還困難区域のバリケードに阻まれて進めなくなる地域が出てくる。
 道路に走っているのは復興工事のダンプカーばかり。
 おまけに耕作地の土起こしが始まっていて、砂埃がもうもうと上がっていました。
 これが後ほど悪さをすることに……。

minamisouma1921.jpg

 大杉はこちら、「星神社」の御神木であるらしい。
 星神社というからには、太歳神などのように、星の運行や暦に関係する神様を祀っているのでしょうか。
 主祭神に関する解説が見当たらず不明ですが、もしかすると、ご先祖様を氏神として祀っているとか、そういう系統かもしれませんね。

minamisouma1932.jpg

 前述のように小高いところにあるので、石段を登っていくと、すぐ目の前に逞しい根幹が現れます。
 社殿のすぐ横にあって、かなり空間的に窮屈に見えます。
 いや、人間が行動するのに不便なほどではないのですが、大杉を引いて撮影することはなかなか困難。
 幹周囲7.5メートルとのことですが、それに不足はありません。
 スタイルとしては、これはもう、「大悲山の大杉」のような異形さは全く感じられない表杉タイプ。

minamisouma1933.jpg

 特徴がない、ただデカい杉とも言えますが、よく見てあえて書くとすれば、根張りが広めで計測に有利に働くタイプ。
 そこから立ち上がる幹は少しずつ細くなっていて、実際の幹の印象とすれば5メートルクラスというところか。
 樹高は高く、35メートル以上あるようです。
 いずれにせよ立派な御神木の杉であり、落雷で破壊されていないのが不思議なくらい周囲でひときわ目立っています。

minamisouma1925.jpg

 質素な星神社にお詣りした後で、じっくり樹を眺めます。
 根張りはやはりかなり大きく、圧迫感すら感じます。
 狭いなあ、と苦笑いしながら一周まわってみようと思ったのですが……ん?

minamisouma1934.jpg

 これはまたすごい光景。
 神社の縁側の束が根っこの上に建造されているじゃありませんか。笑
 縁側が割と新しいところを見ると、古いものがどんどん攻め入ってくる根に壊されてしまったのかもしれません。
 巨樹が石段なんかをたわむれにひっくり返してるところはまずまず見かけますが、建造物の方がやり返しているところ……こんなに堂々と樹の上に作っちゃってるのは見たことがありません。
 見ようによっては、ジリジリ近づいてくる根を、神社が「だめよ」とお手つきして止めてるようにも見えます。
 一応、市指定の天然記念物なんですが……関係ない?

minamisouma1929.jpg

 さらに回ってみると、こんな光景も。
 土留めに使った木材じゃないかなと思うんですが、それを巨大な根が飲み込み、跨いで進んでいる。
 こうなるのに一体何年かかってるんだ? と、なんだか不可思議な気分になりますね。
 この大きな根の成長がそんなに早いものなのか……これだけ見ていると、2、3年でここまで育ってしまったかのように錯覚してしまいます。
 まさかそんなはずはないんですが……。

 そう思って見てみると、もしかするとこの木材、あんまりこっちに来てくれるな! と、大杉の根を阻止する目的で置かれたようにも見えなくもない。
 しかし、ご覧の有様、乗り越えて行っちゃうんですけどね……。
 木材自体も杉のようだし、もしかするとこの杉の折れた大枝だったのかもしれませんね。

minamisouma1928.jpg

 ……と、どこから見ても整った姿をしている割に、根の動きで一芸を見せてくれる大杉でした。
 樹皮がかなり乾燥した感じになっており、若々しさがあまり感じられないところは気になりましたが、葉はそれなりにしっかりついているし、すぐに枯れてしまうというものでもなさそうです。
 それよりも、とにかく社殿との距離が近いので、その関係がややこしいことにならなければいいなと願います。

minamisouma1920.jpg

 神社の入り口にあった解説文。
 樹齢は300年から500年と推定されているようで、大きさから言っても妥当かと思います。
 社殿との距離が適切に思えないのも、神社が先にあるところへ杉を植えたからじゃないかと思います。
 で、想定外に杉が大きくなってしまったと。

 もし見に行くのであれば、「大悲山の大杉」より先にこちらへ寄った方がいいかも。
 この杉が悪いわけでは全くありませんが、あちらを見てしまうと、明らかに見劣りしてしまいます!
 あっちがあんなとんでもない異形・威容ぶりでは……まあ仕方がないってもんですね。

 撮影していると、冒頭で書いた畑の土おこしによる砂埃がもうもうと襲ってきて、それどころではなくなってしまいました。
 いや、放射性物質がどうこうとか言う話じゃなく、もう、単純にひどい砂煙!
 うわっ、ごめんなさいたまんねえわ! ありがとう!
 ヒューマンスケールを撮っていませんでしたが、たまらず退散しました。


minamisouma1927.jpg

「行津の大杉」
 福島県南相馬市小高区行津 星神社
 樹齢:500年
 樹種:スギ
 樹高:35メートル
 幹周:7.5メートル

6コメント

to-fu  

近っ!この社殿との距離感はちょっと記憶にありません。
数百年後には社殿を押しのけるくらいの迫力になってそう。将来有望なスギです。ただ本当にここまで近いといつかバッサリ行かれちゃいそうで心配ですね。現時点でもこの距離で大枝を残してくれていること自体奇跡的ですが、今後も上手く共存させてもらいたいところです。

砂埃トラップは厳しそうですね。僕も去年滋賀県のケヤキを撮影しに行ったら目の前の田んぼで野焼きしてて、写真がケムリでほぼ全滅でした。

2019/03/12 (Tue) 22:40 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
改めて最後の写真を見ると、よりデカくより窮屈に感じますね。
社殿を移動するか、杉を切り倒すか……人口が激減してしまったこの地区で、この先どうなっていくのか。
我々がジジイになる頃にもう一度見たら、ある程度方向性が見えているのかもしれませんが……押したり引いたりで、なんとかごまかしてやっていってほしいと思いました。

レンズフィルターが埃まみれに……。
イナカスモークこと、あのむやみな焼却煙も困りますねえ。
反面、早朝に里山にたなびくスモークはなかなか絵になるとも思いますが、イナカの人はなんでああして絶えず火を焚きたがるもんでしょうね。笑

2019/03/13 (Wed) 08:47 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

根、石、縁側の足のピラミッドはかなりの衝撃ですね(笑)。
御神木なのにそんな扱いでいいのか?とも思いますが、共存していると考えればそれもアリかなと。

このスギを見た時に、『白!』と思わずにいられませんでした。
一瞬砂埃の影響だと考えましたが、元々そういう樹皮なのかも?と想像したり。
これだけ根元がしっかりしているので、幹周も樹高も更に成長しそうで今後が楽しみな一本ですね!

2019/03/13 (Wed) 21:20 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
果たして神社にとって御神木は大きければ大きいほど良いのか? という事例を見せてくれるかのようですね。

濃い茶色でふかふかして樹脂が滲み出しているような杉ではなく、乾燥して白っぽくなっています。
そこからしてあまり若くはないんだな……という印象。
もしくは慢性的に水分量が不足しているのかもしれません。
根も、できるだけ多くの水を集めようとして張りを大きくしているのかもしれません。
巨樹のファンとしては、とにかく切られないようにと願いますね。

2019/03/14 (Thu) 09:32 | EDIT | REPLY |   

NOBU  

こんにちは

 狛さん、こんにちは。

 立派な杉です。と書きつつ、花粉症で悩んでいる人が多いことを思い出します。

 花粉症の人は暖かい晴れの日、風が強めの日に日光の杉並木を歩けば、いわゆるショック療法になるのでは、なんて勝手なことを考えてしまいます。

 桜が待ち遠しい今日このごろです。

2019/03/14 (Thu) 22:27 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

NOBUさん>
こんにちは。
そうですね、山の中にちょっと入っていくと、杉が真っ赤になっててちょっと威圧的です。
ショック療法の前にアナフィラキシーで死んでしまうかも!
ブラックですね、NOBUさん(ニヤリ)。

桜の頃には大抵ヒノキさんが猛威を振るうことになってて、該当する方は本当に大変ですね。
僕は、なんだかよくわかんない植物に少し反応しているようです。

2019/03/15 (Fri) 09:35 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿