巨樹を訪ねる 称名寺のシイノキ

shomyoji1805.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 今回の宮城県巨樹行は、仙台から南下する方向に進んでいきます。
 仙台市から35キロほどに位置する亘理(わたり)町に、国の天然記念物指定を受けたシイがあります。
 シイ王国を標榜する千葉・茨城者としては、見逃すわけにはいきません(*著者の勝手な主張です)。
 10メートルを超える幹周を誇る「称名寺のシイノキ」です。

shomyoji1801.jpg

 道中、別段何も険しい要素はなく、あっさり称名寺にたどり着きました。
 風景の綺麗な立派なお寺で、もうこの段階から、冬でもこんもり青々と盛り上がるシイの木が見えていますね。
 その手前にあるアカマツも見事な大きさです。
 風光明媚かな。

shomyoji1802.jpg

 この時の印象を正直に書くと、ちょっとお金持ちで派手目なお寺なのかな……と、失礼にも思ってしまいました。
 あれこれ言うわけにいきませんが、その手のお寺に国天の樹があるという構図には、経験上、ちょっと嫌な予感を覚えます。
 が、結論から言えば、そんな心配は全くの不要、まさに失礼の他何ものでもありませんでした。申し訳ありません。
 ある種の華やかさがありながら、称名寺にはきちんと厳かな空気感があり、そこにある巨樹もまた、国天の認定に何の不足もないものだったのでした。

 朱色の門前まで行くと、向こうにシイの巨大な姿が現れます。
 ほぼ、シイのための額縁。向こうが見えない。
 いやがおうにでもこの樹が特別な樹であるのだと印象付けられる眺めです。

shomyoji1803.jpg

 門をくぐれば、何よりも先に巨大なスダジイと直面する仕掛け。
 これが「称名寺のシイノキ」。
 本堂の脇にある築山の上にあり、そこから身を乗り出すようにして巨体をうねらせています。

 樹高は高くなく、10メートルくらいしかないように見える。
 しかし、あらわになった根幹や太枝の迫力がものすごく、他のものそっちのけで足を止めて見入ってしまいます。
 なんとも躍動感があり、今しも動きだしそうな、大きな虎のような姿だと連想しました。

shomyoji1807.jpg

 相当な年月を経て巨大に育った樹だということに間違いない。
 もちろん、これまでに見てきたスダジイの巨樹を次々思い出してそう比較するのですが、このスダジイは随分と綺麗だなと感じました。

shomyoji1806.jpg

 スダジイの巨樹ならばどれもが負っている、派手な損傷、野蛮な他種植物の着寄生、ジメッとした陰惨な印象……そういうものがこの樹には見当たりません。
 もちろん枝折れの跡はいくつもあるのですが、身ぎれいで健康そうに見える。
 老人は老人でも名家のご隠居、どなたか訊かずともこちらから思わず頭を下げてしまうような、身の内からにじみ出て隠せない格式を帯びている……というような感があります。
 称名寺の第一の樹としてずっと大切にされてきたのでしょう。
 ある意味ではこれも究極の盆栽、その一例と言えると思います。
 
shomyoji1811.jpg

 周囲を回って間近に観察することができます。
 シイは身をねじるように、極太の大枝を旋回させつつ成長しています。
 根はやや板根状になっている。
 背が低く太いところも似ているし、同じ10メートルクラスとして千葉県の「安久山の大シイ」が好敵手でしょう。
 左右に写真を並べてみると実に壮観です。

shomyoji1810.jpg

 背面から見上げると、まるで岩の塊のような質感です。
 見た感じ空洞は少ないようですが、どうやらあるらしく、30年ほど前の書籍で「倒壊が心配」などとありました。 
 お寺の管理、ご尽力が効いているのでしょう、今日でも無事で、少なくとも見ただけでは不安は感じられなくなっています。

shomyoji1812.jpg

 見る角度を少し変えるたびに、新たなフォルムが現れる。
 連続して見続けているはずなのに、ある時、目の前の樹の姿が全く別物になっていることに気づいて、ハッとする。
 スダジイ特有の撮り甲斐を最大限味わわせてくれる樹でした。

 ところで、宮城県はスダジイの自生北限を超えているそうです。
 つまり、ここ称名寺のシイは人為的に植えたもの、ということになる。
 自らに合わない環境にありながら日本中でも屈指の大きさにまで育ったところに、お寺側の思い入れの強さを感じます。
 それでも、樹についての解説版などはなく、ナントカ上人御手植え、あるいは名物・お箸ぶっ刺し伝説なども聞こえてこない。
 まるでこの樹の姿こそすべて、見ればわかると言わんばかりです。

 確かに、確かに。
 それでなければ、樹一本撮るのに40分もかかりはしません。
 記憶の中のスダジイランキングの上位に豁然と食い込んでくる名樹だと感じました。


shomyoji1804.jpg

 「称名寺のシイノキ」
 宮城県亘理郡亘理町旭山 称名寺
 樹齢:700年
 樹種:スダジイ
 樹高:14メートル
 幹周:10.2メートル

4コメント

to-fu  

これは本当に安久山の大シイクラスですねー。
シイさん方は最近までわりと僕のチェック網から漏れていたので、このお方のようなまだ知らない大物が潜んでいる(別に潜んでない)のかと思うと本当にワクワクします。

周辺がこれだけ開けていると平山さんのところとはまた全然印象が違いますね。
支柱もほぼ見られませんし、解説文が無かったら単純に樹勢の良いスダジイだと思いこんでしまいそうです。
かと言って日当たりが良いから健康的であるとか生き生きしているとまで感じるわけでもなく、モノクロで撮った最後のカットのちょっとおどろおどろしいところなんかにシイらしい陰の気も感じられるのが良い。これは素晴らしいスダジイです。

2019/01/14 (Mon) 17:02 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
いい勝負してますよね。
椎は椎でも単幹で背が高いとか、そういうのでは安久山のシイのライバルにはならないですしね。
僕も、最近はスダジイへの期待値が高まってしまって、すると急にマークすべきものが増え、嬉しい悲鳴というかなんというか。笑

このお寺さんは、本当にこの樹を大事にしていると思いました。
ちゃんとお手入れしているし、掃除や環境づくりにも余念がありません。
30年前よりも、もしかしたら樹勢が良くなっているかも?
生命力旺盛なスダジイのことですから、ない話ではありませんよね。
一体、どこが正面で、オフィシャルな見栄えなんだと、そういうのを探すのもスダジイは面白い。
この樹の場合は、大きく損傷したりしていないので、どこから見渡しても迫力があるのがポイント高いです。
平山さんも、このシイは知っているでしょうかね?
教えたら、きっと鼻息荒くされるんじゃないかなあ……などと想像して、勝手に楽しんでいました。笑

2019/01/14 (Mon) 21:10 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

朱色の門前にあるということは、必ず参拝客の目に留まるんですよねぇ。
そのせいか随分と明るいイメージがするシイです。
もちろんサイズがサイズなので気軽には近付けないような迫力はありそうですが、
きちんと襟を正して向き合いたい巨樹だと思います。
うねるような幹の動きがとても素晴らしいですね。
こちらではなかなかお目にかかれない巨樹ですよ。
さすが国天の名に恥じない名樹ですね!
写真を撮るのが難しそうでありますが、それもまた楽しめそうです。

2019/01/14 (Mon) 21:42 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
日当たりのいいところにわしっと存在していて、これを無視して行ける人はどうかしてる、という感じでした。
果たして、こういうのは、こうなることを予想して植えるものなんですかね。
お寺と同様に拡張高い。
スダジイであるがゆえに絵になるというところもあるのだなと感じました。

おっしゃる通り、どこを正面とすればいいのかとても迷うので、ぐるぐるたくさん撮って結構疲れますが、巨樹だからというだけでなく、写真撮りとして刺激を受けているところもありますね。
なんとかこれを撮ってやろう! というような。
スダジイは面白い。笑

2019/01/15 (Tue) 19:49 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿