巨樹を訪ねる 沓掛香取神社のケヤキ

bando1802.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 秋の茨城県巨樹キャンペーン(仮)、3本目からは坂東市にやって来ました。
 坂東市。県内ではありますが、太平洋側の住民としては日常生活上とんと縁のない……言葉で説明するのが難しいのですが、すぐ隣が千葉県野田市、野田市は細長く飛び出ているので、まごまごすると埼玉県春日部市。
 要するに茨城県の極まって東京側という土地です。

 同県と言えどさすがに遠く、すでに2つ巨樹を回ったのもあり、日は残りわずかになって来ました。
 実は、この坂東市沓掛(くつかけ)には別の樹を見に来たのですが、調べているうちに、ごく近所の香取神社にも立派なケヤキがあると知り、寄ってみることにしました。

bando1801.jpg

 沓掛香取神社。
 大きな神社で、道路を挟んで隣にも広い敷地を構えています。
 ケヤキの巨樹は1枚目の写真に写っている御神木なのですが……ちょっと変わっていますよ。
 いいですか……

bando1803.jpg

 これが「沓掛香取神社の大ケヤキ」の姿図。
 神社の外側から覗いた感じでは、まあよくあるサイズのケヤキの樹なのかなと思いますが……どうでしょう、この根の発達具合!
 ものすごく安定感ある……どころではないものを感じ、思わず爆笑してしまいます。

bando1805.jpg

 異常発達。
 そういう言葉がふさわしいかのように、根だけが巨大化して見えます。
 実際、はっきりと幹と呼べるところの周囲寸法は4〜5メートルほどではないかと思いますが、これではどうしたって根っこ込みで計測することになる。笑
 その場合の大きさは、資料によれば目通り7メートル以上にもなるらしい。
 いや、7メートルは生ぬるい、これはもっとあるぞ……。

bando1808.jpg

 一体、どうした理由でこんな偏った姿になってしまったものか。
 地盤が弱いとか急斜面とかで踏ん張る必要があるわけでもなし、合体樹でないことも明らか。
 それなのに、左右に直径1メートルはあろうかという巨大なコブまでつけて、強引にでも自らを大きくしようとしているかのよう。
 動物が自らの身体を可能な限り大きく見せようと変な進化をすることがありますが、この樹にもそんな事情があったのか?
 ……しかし、近くにライバルはいない。全くもって、ものすごい独り相撲です。

 コブは吹き上がったあぶくのようにも見えますが、実際に触れてみた感じはほぼ岩石。
 叩こうが体重をかけようが、中身が完全に詰まってビクともしません。

bando1804.jpg

 反対側から。
 ほぼ円錐状に裾野を広げているため、根張り面積がとても大きい。

bando1807.jpg

 うーん、なんというアンバランス・スタイルなのだろう。笑
 この根だけをフレーミングされたら、幹周10メートル以上のとんでもないケヤキだと信じ込むに決まってる。
 どうしてこんな姿になる必要があったのか? なにゆえこんなに力む必要があったのか?
 その理由は、ケヤキ本人だけが知っている……。

 実は以前、「茨城県最大の巨樹」という触れ込みで見に行ったケヤキがあり、まあ、記事にしていないところからも察して頂ければと思いますが……要するに、それって根だよね、そんな計測を真に受けて言ってる? ええ?
 ……のようなヤツがおりましてね。
 納得いかないあまり、僕は頑として記事にしないわけでありますが(樹に罪はない)。

 同種の現象が起きていると思えたこの「沓掛香取神社のケヤキ」を見に行くのも少々気乗りしなかったのですが、ここまでやってくれれば呆れて物も言えな……もとい、お見事としか言いようがないのでした。
 あれはナシ、これはアリ。
 そういうことでよろしいかと。笑

bando1809.jpg

 さらに反対側に回ってみると、ケヤキがちょっとだけヒントを出してきたように感じました。
 空洞部がある。しかも洞窟のように深そうです。
 そちら側は比較的根の発達具合が甘いようにも見える。

 もしかすると、生育の早い段階で空洞(もしくは他の障害)が生じてしまい、それを塞ごう、あるいは補おうとするかのようにどんどん外側へ根が巨大化したのではないでしょうか。
 ……いや、根拠はないのですが、何かしら仮説でも拾って帰らないと落ち着かないような気分になってしまいました。

bando1810.jpg

 幹上部はこのような感じです。
 季節柄、すでに落葉を終えた姿は、いたって普通のケヤキ。
 逆に、この写真だけ見ると、足元があんなとんでもないことになっているとは想像できません。

 どんな巨樹も唯一無二には違いないのですが、到底我々が想像しないような技を繰り出してくる奴がいる。
 この無限の多様性、そして人間のちっぽけな常識を簡単にぶち壊す過剰性。
 それを目の前で目撃できるのが巨樹探訪の楽しみですね。

 さて、日が暮れる前にもう一つ、最後の巨樹に向かいます。
 ……あんた、すげえ変わってるよ。ありがとう。
 そう告げて神社を後にしました。



bando1806.jpg

 「沓掛香取神社のケヤキ」
 茨城県坂東市沓掛
 樹齢:300年
 樹種:ケヤキ
 樹高:19メートル
 幹周:7メートル

4コメント

to-fu  

瘤の表面だけ見るとちょっとタブっぽい質感ですね。溶岩が冷え固まったような。
夏に巨樹巡りしたとき、古河市から先をこの坂東市ルートと下妻市ルートで悩んだんですよ。
結局下妻物語を選んでしまったわけですが、正直なところ見に行った巨樹がちょっと微妙だったので、このケヤキを見せられちゃうと後悔が募ります 笑

実は最近ケヤキやムクは落葉してるし春以降でいいか…なんて少し避けてたんですが、こうして見てみると充分に見応えがありますね。勿体ないことをしたな。冬に行ってみて良かったら、それこそまた春に再訪すればいいだけの話ですよね。

2018/12/15 (Sat) 15:21 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
このテクスチャーや筋張った根張りなどを見ていると、何か理由や苦難はあったんだろうなあと察するのですが、なかなか適当な説に行き当たりません。
……いや、僕もケヤキは夏が最高だとやっぱり思います。笑
でもまあ、巨樹クラスになると幹がだいぶ立派だし、咲いてない頃の桜なんかよりはぜんぜん見応えありますよね。

to-fuさんは下妻物語されてたわけですねえ。
……って、僕からすると下妻もどこだかわかんねえ。家族に聞いてもピンと来ないようでした。
ああ……この辺りか……住んでおいてなんですが、茨城は広いです。
坂東市も決して巨樹豊かな土地ではないと思いますが、こちらともう一本(次出ます)のケヤキ巨樹は見ておいて損はない樹でした。
チャンスがありましたらぜひ。

2018/12/15 (Sat) 21:51 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

ほうほう、これはこれは、変な奴ですね(笑)。
外部要因でこうなったというよりは、明らかにこのケヤキの意志によるものだと感じます。
ええ、根拠はないんですがね(笑)。
それにしてももっと上手く巨大化できなかったんですかね。
形状はもちろん、質感まで違和感が半端ない。
そうできなかったのは、兎にも角にも急いで発達させないと自分が死んでしまう・・・
そういう焦りがあって秘奥義を繰り出したのかしら。
不思議なだけにスゴク印象に残るケヤキです。

2018/12/15 (Sat) 21:55 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

RYO-JIさん>
なるほど、こうなりたくてなったという……外的要因から理由にたどり着かないですから、そうかもしれないですよね。
せっかくだから幹までもっと大きくしてもらって、ここにそんな巨樹が存在する理由が見当たらないというような存在になって欲しかった。僕もそう思います。
あるいは、我々はその野望の途上の姿を見ているのか……。
とにかく、この巨樹の根っこは超絶に立派です。笑

2018/12/16 (Sun) 08:18 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿