夏終わり、提灯点灯せず

omigawa1801.jpg
K-1 / CZJ Pancolar 80mmf1.8

 川に並んだ提灯がいい感じにきれいで、ペンキだらけの22時の帰り道に立ち寄ったのですが、その時は例のシグマさんしか持っていず、つまり夜の暗さに全然太刀打ちできず。
 別日にK-1さんを持って出かけると、点灯していず……どうやらその期間は終了してしまったらしい。
 残念すぎてしばしうろついて暗闇スナップする。

 
 そして明けて今日、K-1さんはかのアップグレード手術を受けに旅立って行きました。
 どのくらい帰ってこないもんだろうか。
 K-1ユーザーの多くが申し込んでるようだし、ペンタックス通信にあった工程写真によれば、完全手作業でてーいね〜いにやるみたいだし……。
 良いとも悪いとも、親切だともあほだとも言える。
 当然この期間は別のカメラと付き合わないといけないわけで、巨樹はお預けにした方が良さそうか……。

 シグマさんの画質が通用しないとは言ってない。
 ただ、あれでもう一度じっくり撮ると考えただけでゾッとする。そういう話です。
 オールドタイプなので、正直、K-1みたいな愚直な一眼レフが一番使いやすい。頑丈だし。
 はやく戻ってきてね。

0コメント

コメント投稿