筑波山の頂上に着きました。

tsukuba1802.jpg

tsukuba1815.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 やっと着きました。
 いや、ケーブルカーを降りただけですけど。
 空気がひんやりとして気持ちいい。
 のっぺりとした関東平野にちょこまかくっついてる街。
 向こうに見えるでかい水たまりは霞ヶ浦です。


 ・今日の業務連絡・
 われわれ「いい感じで巨樹を見よう会」界隈で銀杏がブームなので(そうなのか?)、インパクト勝負な銀杏の巨樹「黄海(きのみ)のイチョウ」の画像を綺麗にしました。
 ちょうど今時の季節に訪ねたんでしたっけね。

2コメント

to-fu  

失礼ながら筑波山ってそこまで高い山だという印象が無かったのですが、いやいやこれは結構な眺めですね。あとこうやって見ると平野って凄い。何馬鹿なこと言ってんだって話ですが、本当に平面だ。

それにしてもとんでもない気根ですね。>イチョウ
何か気根が出来やすい条件があるのでしょうか。不思議です。

2018/05/10 (Thu) 20:17 | EDIT | REPLY |   
狛

狛  

to-fuさん>
さほど高くないのは事実ですが、周囲がほとんど真っ平らなので目立つのと、空から一個墜落して来た岩の塊といった風情で、唐突な山なので、標高の割に急峻です。
手軽といえば手軽に登れるし、この眺めは清々しいですね。
しかし、もしおいでの際はナビの誘導にご注意を!
僕みたいにとんでもない峠を走らされることになるかもしれません。
あれはまじで怖い……。

黄海のイチョウはイチョウの巨樹にしては大きいサイズではないんですが、個性的ことで記憶に残っています。
おそらく、土地が痩せていたり周囲の樹木との競争が激しかったり、あるいは主幹がダメージを受けたりと、樹が貪欲に生きようと自らを変形させている形なんじゃないかと思っています。
この枝は幹になりたがっていて、自ら地面を欲しているのでしょう。
そう思うとなかなかに凄まじい。

2018/05/11 (Fri) 18:24 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿