巨樹を訪ねる 黒瀧神社の夫婦スギ

matsuzaka1704.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 案内を受け……というか、上げ膳据え膳連れて回ってもらって、ついには奈良県から出て三重県にまで来てしまいました。
 県を超えて見に来る価値のある巨樹とは。
 「黒瀧神社の夫婦スギ」です。

matsuzaka1701.jpg

 黒瀧神社に到着した時には、雨は本降りになっていました。
 あまり見た覚えのない作りで、手前の建物の板の間を通らないと本殿の石段に到達できません。
 
matsuzaka1702.jpg

 主祭神は菅原道真公、天神さまですね。
 他にもたくさんの神様がおられ、お詣りに便利な神社。
 さて、御神木の夫婦杉とやらはどこにあるのか、見回すと……。

matsuzaka1711.jpg

 どーん! とありました。
 神社の左手、見上げる山の斜面にさらに高く高く見上げる存在として。
 根元に足場が作ってあって、そこまで行けるようです。
 ブロック積みでなかなか荒っぽいですが……。

matsuzaka1705.jpg

 杉のそばへ。
 間近で見る巨大さは大したものです。
 どっしりとした重量感で斜面に踏ん張りつつ、二又に分かれている。
 明らかに寄り添う二本の杉の巨樹が癒着したものですが、半分だけにして見てもかなりの大きさです。
 力を合わせて急斜面に食い入っているかのようにも見えます。

matsuzaka1706.jpg

 このような合体杉は多くの場合「夫婦」と呼ばれますが、どちらがどちらなのでしょう。
 よく見ると、片方だけが苔生していて、個性を主張しているかのようです。
 一応、大枝が太い緑色の杉の方を夫としておこう、などと、自分の中で折り合いをつける。

matsuzaka1708.jpg

 斜面の土砂の流動によってか、かなり根が露出している。
 あたりまえですが、普通は見えない部分です。
 樹の姿を色々な方向から撮ろうと斜面をぐるぐる歩き回ったのですが、十メートルほど離れても太腿くらいの太さの根がアナコンダみたいにのた打っています。
 はっと気づいて顔を上げる……この斜面、明らかにこの杉の掌握力で保っている……。
 土をどけたら、ほとんど斜面全体をこの巨樹の根が覆い尽くしているのがわかるはずです。
 ものすごい力です。
 というか、半空中状態で設けられた足場も、実は完全にこの杉の根の上に作られていたのですが……。

matsuzaka1709.jpg

 改めて見上げる。
 樹高もかなりの高さです。
 周囲の木立から頭一つ抜け出ている感がありました。
 雨がまた強くなってきました……。

matsuzaka1703.jpg

 解説文はごくシンプル。
 樹高はもっとあるように思いました。
 まさに御神木にふさわしい巨樹だと思いました。


matsuzaka1710.jpg

「黒瀧神社の夫婦スギ」
 三重県松阪市飯高町森 黒瀧神社  
 樹齢:不明(600〜700年くらい?)
 樹種:スギ
 樹高:40メートル以上
 幹周:9メートル

2コメント

RYO-JI  

ムフフ、改めて見てもいいスギですよね。
私は二回目でしたが、雨の中見る姿はまた別物でおおいに楽しめました。
また根については、狛さんの視点がいい勉強になりました。
このスギがなければ崩れてしまっているであろう崖。
崖がこのスギそのものでしたからね。
根が好きと公言していたatushiさんにもお見せしたいです(笑)。

2018/01/19 (Fri) 21:08 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
巨樹の良さというものをストレートでぶつけてくる杉でしたね。
雨量の多さでしょうか、奈良の杉はまた他の地方にない瑞々しさ、粘り強さを感じたように思います。
もう一度あの辺りも回ってみたいなあと思いました。
ふにふにの杉とかも……いちいち時間を使って眺めてみたい。
いつかまた旅しようかなと。
atushiさんも奈良デスティネーションすれば良いんですよね!
山口からくるのも大変ですけど!(笑)

2018/01/20 (Sat) 08:47 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿