日常、スナップ

dp1802.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 旅行にて各地の皆さんと一緒に撮れたからか、最近また気楽にスナップするのが楽しくなってきました。
 ごく自然に撮りたくなるというか。
 なんも理屈っぽいことを考えることなく、ふと気持ちが動いたら撮るという自由な感じがいい。
 何でも撮る、撮れるというところにこそ写真撮りの幸福があると思います。
dp1801.jpg

 そういう気になってる時は、でかい一眼レフではなくてコンパクトカメラがいいですよね。
 iPhoneでも写真は撮れるけど、それともまたちょっと違う。
 この辺りが微妙にめんどくさいですが、昔っからそうなので仕方ない、そういうもんなの(苦笑)。

 で、すごい久しぶりにシグマのDP2を引っ張り出しました。
 日付設定のメモリーが消えちゃってるよ……。

 癖がものすごく、メインで使うとなると最悪の機体ですが、K-1さんが来てお役御免になった今はもうただお気楽なコンパクト野郎です。
 シグマさんありがとう、こんな馬鹿なコンパクトカメラ作ってくれて。
 まぐれでちゃんと撮れると、どこか狂気を感じる細密さを見せてくれる、おっかねえセンサーを搭載しています。
 他のカメラでいう高解像度と、やっぱりなんか、意味が違ってるような気がする……今になってなおそう思います。

choshi1708.jpg

 昨日はおやすみで雨が降ったので(誤植ではない)、DPとともに銚子までフラフラ歩きに行ってきました。
 歩いてんのなんか僕だけですけど、楽しい。
 イヌカンの看板撮ってる間に電池無くなるけど、楽しいです。
 楽しいのが一番、楽しいかどうかで判断したい。

2コメント

to-fu  

iPhoneは本当によく写るんですが、どうも写真機としてはまだまだ撮る喜びみたいな高揚感を感じられないんですよね。何故だろう。

一度案内して頂いた犬吠埼の先の小さな漁港と集落、あの辺りなんか凄くフォトジェニックでしたよねえ。車を擦りそうな細い路地や眼光鋭いノラネコなんか見かけると、今すぐカメラ片手に歩き回りてえ!って気分になります。是非またご一緒させてもらいたいものです。

2018/01/11 (Thu) 22:06 | EDIT | REPLY |   

狛  

to-fuさん>
写真を撮っているのだという意識をあえて少し強くしないと、何でも携帯電話で済ませてしまいそうですよね。
しかしそこは、あくまで電話についてるカメラ機能ってことなんでしょう。
これで十分か……と思ってても、例えばこういう偏屈なコンパクトとかを触ると、こっちだよな、と目が醒める感じがありますね。

外川の辺りはどん詰まりの銚子の中でも本当に行き止まりですからね。
この間も行こうかと思いましたが、行くのめんどくさくてやめました(笑)。
でも、代わりに漁港になかなかの奴が転がってましたので、満足でした。
不便で汚いとこですけど、ここでしか見られないものはやっぱりあるとは思ってます。
ぜひまたいつかおいでください! 歓迎しますヨ。

2018/01/12 (Fri) 18:34 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿