巨樹を訪ねる 高井の千本杉

takase1711.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 奈良市から東を向いて山中を走り、その樹のもとに辿り着きました。
 太平洋岸の民にとっては、まるで始終緑の洞窟を走っているかのようで、方角もよくわかりません。
 その濃い緑の中に隠れるようにして、在りました。
 「高井の千本杉」です。

takase1707.jpg

 この樹のためなのか、取り巻くように細い遊歩道のような道が作られており、進んで行くと、やがてその姿が明らかになります。

 「千本杉」という固有名称ですが、さて、我々は杉並木を見に来た訳ではないのです。
 とすれば、○本杉という、合体杉のバリエーションだとすぐわかります。
 生命力が強く、柔軟で、長命。
 杉の樹はしばしばその成長の過程で隣にある樹を巻き込み、特にそれが同種の杉の場合、一体化しつつさらに巨大化してしまいます。

 一方、巨樹という存在はあくまで個体として見ているのであって、それゆえ、合体杉というものは軽んじられる傾向がある。
 幹周囲13メートル! とか言ったところで、それが何本も束になったものだとすると、環境庁などのランキングからも番外とされてしまう。
 個人ではなく団体、群衆のように扱われ、有り難がられないわけです。 

 新潟の「外丸矢放神社の八本杉」などがいい例で、この樹は個人的にはとても好きで印象に残っているのですが、全国的な注目度はかなり低い。
 そんなこと言ったら、かの縄文杉も合体樹だという説もあるんですけど……。

 えこひいきだ! とか、有名どころが嫌いな性分がどうしようもないですが、本当、パラメータだけでは意味がないという話。
 合体杉も、ぜひ実物を見てから論じたいところです。
 広範囲に広がるこの杉木立ち、どういう風に合体なされているのかというと……。

takase1704.jpg

 ……嘘だろ。
 思わずそう口を突いて出る光景が待っていました。
 大小16本もの幹が合体し、目通り高さでの計測では、25メートルを誇る。
 まさに合体樹の王者です。

takase1705.jpg

 何なんだこの樹は……。
 ため息とともに思わず口を突いてそんな言葉が出ます。
 簡単には数えきれないほどの杉の樹の束が、根元でありえないほどきつく結束しています。

takase1706.jpg

 ほとんど一本化している。
 横並びに何本とか、もはやそういう話じゃないようです。
 
 解説によると、かつてここには井戸があり、その周りに植えた杉たちが育つにつれ合体したものだそうです。
 日本には古来より、杉の水を集める力を利用した井戸を作る風習があるのだそうで……。
 このシュミを始めるまで全然知りませんでしたが……巨樹関係の書物を読んでいると度々出てくる記述なのです。
 高井の千本杉もここにルーツがあるようです。

takase1702.jpg

 とは言え。
 どうしたらこんな、とびきりありえない状況になるのか……現地でRYO-JIさんとも考え、話し合ってみたのですが。

 ひとつだけ確かなのは、井戸の周りに杉を植えた人がとにかく「植えまくった」という事実。
 杉が井戸に水を集めるってんなら、いっぱい植えたらすげえ湧くんじゃねえ?
 だったらありったけ植えなきゃウソじゃねえ?
 ……みたいな。

 水が枯れて、死ぬ思いで井戸杉にすがった……というような、悲痛なパターンはありえない。
 今水が足りなくて死にそうだというのに、じゃあ樹の苗を植えなきゃという人はいないはず。
 それを考えると、この樹に関しては「奇跡の景観」とか「驚異的な生命力への崇敬」とか、そういうフレーズはもう横に置いといていいような気がしてきました。

takase1709.jpg

 これは、完全に人の手による巨樹です。
 言ってしまえば、これは、これを植えた誰かによる「作品」である。
 そして、その誰かとは弘法大師でもなければ神武天皇でもない。
 井戸に水を引こうとした誰か、人よりちょっとアイデアと茶目っ気と……あと、とにかく杉の苗をいっぱい持ってた誰かの作品。

takase1708.jpg

 その誰かが植えまくった杉の苗が、500年も600年も経って、こんな姿になってしまいました。
 すごいのはここです。
 その、植えまくった張本人である誰かが、千本杉のこの姿を見ることは絶対に叶わない……この杉の異様を見て最も驚くであろう人が、おそらくそれを植えた本人でしょう。
 こんなどえらいことになっちまったよ、あんたが植えたやつは! そう言ってやりたい。

takase1710.jpg

 この巨樹の存在というのは、信仰対象ではなく、エンターテインメントなのだと思います。
 この樹の前に立った時すべきことは、手を合わせて拝むことではなく、精一杯びっくりすることだと思います。

 喜ばしいことに、杉の井戸は根元では枯れたものの(杉が吸いすぎなんじゃ……?)、近くからはまだ湧いていました。
 綺麗な水で、名水にも数えられているそうです。
 飲むと病気も治るらしい。

takase1701.jpg

 解説文。
 これによると、もともとあった群れに200年くらいしてから植え足した人があるようですね。
 なんてことを……でも、余計大きくなってしまう杉も杉……。
 「千杉(ちさん)白龍大神」というかっこいい神様名もあるようです。
 実際に前に立てて、びっくりできて良かったです。
 念願叶った、という感じです。

takase1703.jpg


「高井の千本杉」
 奈良県宇陀市榛原高井 千杉白龍大神社  
 樹齢:600年
 樹種:スギ
 樹高:45メートル
 幹周:25メートル

2コメント

RYO-JI  

狛さんの写真を見て、改めてスゴイ巨樹だなぁと。
ほんと単純にただただ驚くのが正解の巨樹。
もしくは、なんでこうなったかを想像して楽しむ巨樹。

八ツ房杉も含め、自慢の巨樹を見て驚いて喜んでもらえて嬉しいですねぇ。
たまたま住んでいる県内にある巨樹たちですが、我が子を褒めてもらったようで(笑)。

2018/01/11 (Thu) 23:00 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
こいつはマジですごいですよ、大変なことです、合体樹の王様です。
実際目の前に立った印象でも、例えば武雄の大楠のように神がかった感じ、近寄りがたいオーラは感じませんでした。
こういう巨樹に出会えると、ほんと人と同じで個性豊かだなあと感心しますね。

to-fuさんも言っていましたが、奈良はほんと魔境だと思います!(笑)
奥がすごく深そう。
探検したいですねー!

2018/01/12 (Fri) 18:45 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿