巨樹を訪ねる 老松神社の楠

yamaguchi1739.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 山口県防府市にて、写真ブログで仲良くさせて頂いているatushiさんと待望の初対面。
 地元の巨樹を案内してくれるということで、彼の車に乗せて頂いて防府市内を走り、到着したのがこの楠のある老松神社でした。

 老松神社は、防府市という町の歴史を物語るかのような、見るからに古い神社でした。
 ご神木も、それにふさわしいような老いた風格のある楠の巨樹です。
 atushiさんいわく、ここに大きな樹があることは知っていたそうですが、なかなか来る機会がなかったそうで。
 確かに、道もだいぶ入り組んで狭いし、隣のお寺の駐車場を拝借しないと車も停められない。
 自分の家にゆかりでもなければ来ないようなところかもしれません。

yamaguchi1743.jpg

 巨樹ですが、例の「森」とまでは呼ばないながらも、こちらも境内を鬱蒼とした濃い緑で覆い尽くしています。
 ところが、近づけばすぐわかりますが、この大半が楠のものではない。
 すごい太さの大藤が搦みつき、楠の枝張りを利用して神社境内の頭上を緑の葉で埋め尽くしているのです。

yamaguchi1741.jpg

 楠の幹周は9メートル。説明板にもあるように、これは先の「川棚の楠の森」に次ぐ、山口県ナンバー2の巨樹であることを示しています。
 確かに立派な樹です。
 でも、やはりどうしても驚異の目をもって見てしまうのは、大藤の方かも。こんな藤もなかなか見られるものではありません。

yamaguchi1740.jpg

 藤は楠のすぐ根本から生じて、まるで楠にたすき掛けするかのような格好でよじ登り、太いまま宙を這っています。
 藤が楠の幹に食い込んでいるかのような箇所もある。「緊縛」なんて、いかがわしい言葉が浮かんできたりする光景です。

yamaguchi1742.jpg

 楠も成長が早いゆえにフォルムが流動的な樹ですが、この樹の場合、藤とワンセットでそれがさらに強調される。
 植物の持つダイナミズム、躍動感。一見すると語義矛盾であるようなそんな感覚が見どころだと言えると思います。

yamaguchi1744.jpg

 この二者の関係はどんなものなのか……見ていて、自ずとそのことを考え始めました。
 藤の勢いを見ていると、「侵略」とか「寄生」とか、楠を苦しめているかのような想像がすぐに浮かびます。
 そう言える箇所も確かにありますが、それで楠が枯れてしまうかというと、そうでもなさそうです。
 これだけ繁茂されながらも養分と日照の自分の取り分はしっかり確保できているようで、根元を見ると、逆に藤の方が朽ちていたりもします。
 藤はエイリアンじみた強力な生命力を持っているので、それくらいでは枯れようも無いようですが……。
 何よりこの樹……二者ひっくるめたこの巨樹は、6月頃、ただの楠には絶対真似できないような、薄紫色の花を満開にした姿を披露することができます。
 長い間生きてきた甲斐がここにあるというかのような、これがこの樹の個性であるのだと思いました。 

yamaguchi1737.jpg

 解説文。
 神社創建時にすでに巨樹だったということで樹齢2000年とされているようですが、もう少し若いのではないでしょうか。
 着生植物は限度を超える前に取ってあげた方が樹のためにはいいと思います!


yamaguchi1738.jpg

 そして、夜勤明けのナイスなお兄さんにヒューマンスケールをしてもらえる幸せ。
 朝早くから付き合ってくだすってありがとうございました。
 ぜひ大藤の花が満開の時に再訪して写真を見せてくださいね、約束です。
 

「老松神社の楠」
 山口県防府市お茶屋町 老松神社
 樹齢:2000年
 樹種:クスノキ
 樹高:20メートル
 幹周:9メートル

4コメント

RYO-JI  

あははは、atushiさんだ(笑)。
自分以外のヒューマンスケールはいいですね!
カメラを三脚に乗っけて、タイマーをセットして、巨樹のそばまでダッシュして、
戻って結果を確認して・・・という人目をはばかるコンボをしなくていいですもん(笑)。

この老松神社の楠、初見の感想は、『毛深いなぁ』でした。
なんていうんですかね、ジブリの映画に出てきそうな樹だなぁと。
にゅるにゅると何かが出てきそうな感じがします。
そう思っていたら、それだけではなく藤が巻き付いているんですねぇ。
これはインパクトありますね。
面白いなぁ、こんな楠もあるんだなぁと何やら楽しくなってきましたよ。
ほんと確かに個性が強い!
そんな個性が強い巨樹を案内したのがatushiさん、うん、やりますねぇ(笑)。

2017/11/30 (Thu) 21:34 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
最高のヒューマンスケールですよね。
ダッシュしてるところを人に見られたくないんだけど、けっこうあれ、失敗したりもするんですよね。
走ってる間にシャッター切れちゃうのもありがち。
漫画っぽいですよね、なんか。

いろんなクスノキを見てきましたが、こんどはそう、毛深いクスノキですね。
毛むくじゃらのおっさんに大蛇が…というと、あまり想像したくないかのような絵面ですが。。
楠も藤も活きがよくて、ともにがっちり組み合って格闘しているかのようです。
atushiさんが注目するのも無理はない…って、まだ見たことなかったって言ってましたな(笑)。

2017/12/01 (Fri) 21:36 | EDIT | REPLY |   

atushi  

狛さんやRYO-JIさんの影響で県内の巨樹を調べた時に
おお、地元にもあったのか・・・まぁいつでも行けるからまた今度でいいや。
と、思った巨樹です。

地元にもある、というだけで何の木なのか?
果たして見に行くだけの価値はあるのか?

まったく不明なまま狛さんを案内してしまいましたが
藤がいいアクセントとなったおもしろい樹で良かったと一安心でした。
まさか身長180を越える僕が小さく見える程の巨樹だとは思っていなかったです。

いやぁしょぼい巨樹とかじゃなくて本当に良かった。

2017/12/06 (Wed) 19:08 | EDIT | REPLY |   

狛  

atushiさん>
自分ちの近くのはどうしても後回しにしがちですよね。
うちの近くの鹿島神宮の杉なんかも幹周10メートルを超えるのがあるらしく……遠方で10メートル以上なら必ず見にいくと思うんですが、行ってないですね、確かに。
一緒に見にいけてよかったです!

いやー、これは書かなかったけど、ブログの印象に反してatushiさんがフィットからはみ出す見上げるような大男だったせいで、これでも樹を大きく見せるのに苦労して写真作りしてるんですよ。いつもより絞ってパンフォーカス気味にして遠近法をおかしくしてみたり、あとはフォトショプ……

2017/12/07 (Thu) 22:25 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿