巨樹を訪ねる 川棚のクスの森

kawatana1710.jpg
K-1 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 山口県の巨樹の代表と呼ぶにふさわしい楠を訪ねてきました。
 「川棚のクスの森」、国指定の天然記念物となった樟の巨樹です。
kawatana1711.jpg

 あらかじめ知識を得てはいたのですが、現地について驚愕しました。
 そのものの名がついた公園が周囲に作られ、何も遮るもののない恵まれた環境にありますが、それにしてもあまりにも広すぎるこの枝張り!
 その繁茂面積は東西南北60メートル近い。
 全ての樹種の中でもこれほどの面積を覆う樹冠を持つものが他にあるか?! と思うような広大さです。

kawatana1701.jpg

 はっきり言って、引いて引いて引きまくるしか樹冠全体を視野に収めることはできません。
 なので、手っ取り早く文明の利器を活用してみましょう。
 衛星でこのクスの森を見たところ(Google map)。
 右側、左側のものはまあ森ですが、ほとんど同じように見える円内の茂り……これが川棚のクスの森、ただ一本からなる緑です。
 上の駐車場と比べても、どれだけ大きな面積かが想像できるような……できないような。
 まさに「森」の名に偽りなし。
 すごいことです。

 でも、圧倒されているばかりで感動や衝撃を伝えられる写真を持って帰れないのは大変悔しい。
 そこで、少々乱暴な手段を取ることにしました。
 処理の荒さには目をつぶって、この楠の物凄さを想像(できれば体感)してみてください。



kawatana1704.jpg

 ……どうでしょうーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーか。
 スライダーどこまで行くんですか? え? え? なんだこの枝!? という、狛の現地での動揺が伝わるといいなと。

 幹周囲は10メートル前後と、大きいことは大きいのですが、これまで見てきた楠の巨樹としては、並のサイズ。
 むしろこの枝張りを支えるにしては細く感じてしまうほどです。
 樹における幹の割合がとても小さいようにすら見えてしまいます。
 大枝には途中途中で支えが入っていますが、おそらくは古くからとても大切にされ、それゆえに枝を折らず、そのまま成長してここまで広がったのでしょう。
 人とともにある巨樹という感じがします。 

kawatana1706.jpg

 しかし、驚くべきは樹本体だけではない。
 巨樹本体の少し離れたところから、異様な角度の別の幹が突き出し、のたうつように成長しています。
 これはなんだろう、別の樹?

 ……と思いきや、長く伸びて枝垂れた枝の一部が地に到達し、そこから発根、別の樹のようになってしまった(!)ものだそうです。

kawatana1708.jpg

 一度地中に突っ込んだ腕が、少し先でまた跳び出て天を目指しているということです。
 そこからまたこの樹は、ますます森であらんとするかのように、繁茂面積を広げようとしているのです。

kawatana1705.jpg

 驚異的な姿に圧倒されながら、どうやったら写真にできるだろうと格闘……気づけば、朝っぱらから1時間もこの一本の樹を撮り続けていました。
 別のところから突き出た腕先のような幹(枝?)も含め、この樹からは圧倒的な躍動感を感じます。
 すごいスピードでのた打ちながら腕を広げた大蛸のような大蛇のような……。
 樹なので当然そうではないのですが、それと等しいことを何百年もかけて成し遂げたという、そのことを考えると、それもまたものすごいことだと思えてきます。

kawatana1702.jpg

 説明文。
 名馬・雲雀毛にまつわるお祭りもこの立派な公園で開催されるようです。
 樹齢については、下に出てくる別の説明板では1000年などともされているようですが、環境庁のデータでは300年ほどとされている様子。
 主幹の様子などからするに、こちらの方が近い感じがしました。

kawatana1703.jpg

 かの種田山頭火による句も複数詠まれ、有名な樹であったことが伺えます。
 注連縄を張られ樟の森という一樹。
 まさに、そのもの。
 どれも個性豊かだと感じていた楠の巨樹ですが、ここへきてまた圧倒的なバリエーションを見せつけられました。


kawatana1709.jpg

「川棚のクスの森」
山口県下関市豊浦町川棚
 樹齢:300年
 樹種:クスノキ
 樹高:21メートル
 幹周:10メートル

4コメント

ぴよ社長  

自然にタテヨコ大きくなった巨樹もいいけれど
こういう人が手を添えて大きくなった巨樹もすきです。
でないとここまでヨコに伸びないですよね。
ちょっと盆栽的に愛されているところがいい。
これからも大事にされてどんどんヨコに伸びて行ってほしいなぁ〜と思いました。

紅葉の彩度あげすぎのおはなし、同感です。

2017/11/19 (Sun) 07:52 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

あぁ、このクスノキはatushiさんも以前訪れていた巨樹ですよねぇ。
もちろん幹周も立派ですが、その枝の広がりぶりに驚いたのを覚えています。
てゆーか、めちゃくちゃ見たいと思っていたので羨ましいなぁ。
大きさのわりに若い樹ということで、勢いそのままに縦横無尽に成長した感じですね。
かつてのパノラマサイズ風の写真がいいですよ。
巨樹はいつもその大きさを表現するのに苦労しますが、これはいい。
広がりがよく伝わってきます。

2017/11/19 (Sun) 21:56 | EDIT | REPLY |   

狛  

ぴよ社長さん>
これはやはり自然にここまでなるものではないですよね。
でも、だからと言って全ての樹がここまで大きくなれるかというと、そうではないとも思えます。
大事にしようと思われた時点で、すでに巨樹だった可能性が高いですしね。
どちらにせよ、驚くべき姿に成長しています。
まだまだ元気に育っていきそう。

上げまくった彩度で目が慣れてしまうのが怖いですね。
俺、ほんとはモノクロにちょっと色がついたようなのが好きなんだけど……みたいな。。


2017/11/21 (Tue) 07:43 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
そうです、atushiさんの写真を見て、これは自分でも見てみたいと思った樹です。
おそらく枝張り面積では日本一でしょう。
東西南北60メートルずつに近いという、これ以上あるものがあったら、それもぜひ遠路でも見に行かないといけないですね!(断言)
引きでももちろん撮ったのですが、それだとものすごく小さくなってしまって、こうなりました。
今度は三脚使って振ってみようかと思っています。

2017/11/21 (Tue) 09:19 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿