巨樹を訪ねる 川沿いの洞杉

uozu1754.jpg
K-1 / SIGMA 28mmf1.8 EX DG / FA35mmf2

 洞杉の群落からまた危なっかしい雪道を2.5キロばかり戻って来て、残雪の脅威から解放される直前にも、まだ見ていない巨大な洞杉があるのに気づきました。
 先を目指すことで頭がいっぱいだったせいなのか、こんなに大きい樹なのに見落としていたとは。
 ふと見てびっくり、全く俺の目はどこについてんだ。

 この洞杉は川へと落ち込む崖すれすれ、その急斜面に生えており、自身もかなり角度をつけたまま成長しています。
 崖には満足に歩ける面積すらもないため、近くまで寄れる反面、どうしても同じ姿でしか撮れません。
 まさか樹に登っちゃうわけにもいかず、仕方なし。

uozu1755.jpg

 橋の上まで引いて見た「この洞杉」(もう、名前がない樹は不便ですね)。
 主幹の急角度ぶりから比して、枝の数々がものすごく垂直に立ち上がっているのがわかります。
 あくまで天を目指して伸びる。
 過酷な環境に姿は変貌しても、それこそが杉の生き方であると語っているようです。

uozu1756.jpg

 撮影者の平衡感覚がおかしいのはともかく、演出のためにカメラを傾けたりはしていないはずですが……傾きながら巨体を支えるこの根幹からはすさまじい強靭さを感じます。
 例の巨石がここでもまた見えていますが、それすらも握り潰してしまいそうです。

 洞杉をいくつも見たわけですが、彼らに総じて当てはまるのは、どれも並々ならない勢いを持っているということ。
 樹齢はかなり行っているはずですが、どれもまだまだ巨大に育ちそうな生命力を感じます。
 そうでなくてはこの地では生きていけないという証拠、弱さを見せるような奴はとっくの昔に消えて失せた……そういうことなのかもしれません。


uozu1757.jpg

「川沿いの洞杉」
富山県魚津市三ヶ
樹齢:不明
樹種:スギ
樹高:30メートル
幹周:8メートル(目測)

4コメント

さかした  

越後の人に新潟は杉と男は育たないって言葉があるんだよと昔教えてもらったけど、こんだけ強制的に育ってる越中ってやはり越後とは違うんだなぁと意味のわからない感想が浮かびました。
すみません…。

申し訳ないので富山は水が美味いから米も美味くおかきがとても美味いというマメを置いてこの場を去りたいと思います。
|彡サッ

2017/05/27 (Sat) 22:55 | EDIT | REPLY |   

狛  

さかしたさん>
その諺こそが、太平洋側から見たウラスギの形態を表しているものなのではないでしょうか。
とはいえ、ここまでグネグネしてる洞杉も材木として伐採されたことがあるらしく。
ちなみに新潟にもでかい杉がたくさんありますから……結局よくわかんないですね。

富山の物産は豊かで、とてもいいところだなと思いました。
ほんと、10日くらい宿とって、のんびり満喫してみたいですよ。

2017/05/28 (Sun) 20:57 | EDIT | REPLY |   

RYO-JI  

えっと、いったい何なんですか、この一帯は!
前回コメントさせてもらった洞杉で終わりかと思いきや、
最大洞杉やこんな杉もまだあっただなんて・・・。
にも関わらず、名前が付いてないって珍しいですね、こんなにスゴイのに。
むしろ、たくさんありすぎてイチイチ名前を付けてられなかったのかも(笑)。
しかし、真っ直ぐ伸びた巨杉が林立する場所は色々あるでしょうが、
こんな異形の巨杉が群れて成長し続けている場所は本当に貴重ですね。
どれか一本だけでも驚きだというのに!
樹の力強さや生命力といったエネルギーの凄まじさを再認識させられました。
言葉足らずでスミマセンが、マジ凄いですね、この洞杉群は。

2017/05/28 (Sun) 22:10 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
そうですよね、わざわざ見に行く価値がある、とか言ってしまいそうな杉が群落で生えてるんですから、すごいですよこの辺は。
これが本来の日本の森の姿だったのでしょうか。
洞杉の森にマタギが息を潜めて……なんて、思いを馳せずにはいられませんでした。
巨樹はどうしても神社仏閣などが多く、人に育まれて巨大になった歴史を見に行くようなところがありますが、たまにこういう天然物を見られると、その強靭さに圧倒されます。
パワーをもらうという感覚ももちろんあるけど、自然の中の自分というものを俯瞰するような感じになります。
山登りまではできませんが、ちょっと訓練して、またこういった出会いがあったらいいなあと思いました。
巨樹は逃げませんが、そのかわり、こっちから会いに行かねばなりませんからね。
そこがまたいいんですが(笑)。

2017/05/30 (Tue) 06:27 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿