巨樹を訪ねる 亀城のシイ

tsuchiura1511.jpg
(クリックで拡大)
DP2 Merrill / 30mmf2.8
K-7 / DA 21mmf3.2

 霞ヶ浦を回って、茨城の大きな椎を訪ねたのは、一年前の梅がきれいな時期のことでした。
 もう一本は「出島のシイ」で、こちらもとても立派な古木でした。
 打って変わって今回の「亀城(きじょう)のシイ」は土浦市の街中、土浦城跡(亀城とは土浦城の通称とのこと)の公園にある巨樹です。

tsuchiura1508.jpg

 その、たたずまい。
 土浦市はなかなか大きな都市で、役所や博物館なんかが立ち並ぶ中心地にこの公園があります。
 そんなところだから、いつもみたいに好き勝手に車を放置して見に行くわけにもいかず、ちょっと駐車に難儀した記憶があります。
 道ばたに停めて、急いで見に行く巨樹。

tsuchiura1507.jpg
(クリックで拡大)

 根元から1メートルくらいで大きく分岐し、そのまま思いっきり広く枝を広げています。
 幹の太さとバランス感覚、椎特有のごつごつした樹皮がすごい迫力。
 どこか恐竜的な躍動感すら感じます。

 椎の樹の分布は福島以南の温暖な地域とのことですが、これまで見た印象で考えてみると、千葉・茨城には特に大きなものが集中しているように思います。
 椎の巨樹の本場ってところでしょうかね。

tsuchiura1509.jpg

 横に広く広がっている枝を支えるために、カラフルな支柱が林立しています。

tsuchiura1512.jpg

 枝の幾本かは折れたような跡がありますが、樹勢は旺盛で、まだまだ長生きしてくれそうです。
 700年、1000年と、公園に遊びにくる人たち、子供たちを見守り続けてくれるに違いありません。

tsuchiura1510.jpg
(クリックで拡大)

 解説文を撮るのを忘れたのですが、ネットに載ってました。

「県指定文化財 亀城のシイ

 昭和31年(1956)5月25日指定
 天然記念物のこのシイ(椎)の樹種名はスダジイ(別名イタジイ・ナガジイ)である。

 スダジイは、福島県と新潟県以南の暖地に自生する、ブナ科の常緑高木で種子は食用になる。

 このシイは胸高周は7m、樹高は16m、枝振り21m、樹齢は約500年と推定されている。県下のシイの中でも有数の巨樹である。
 
平成8年(1996)3月 土浦市教育委員会」


「亀城のシイ」
茨城県土浦市 亀城公園
樹齢:500年
樹種:スダジイ
樹高:16メートル
幹周:7メートル

2コメント

ぴよ社長  

公園で子供達が遊ぶそばに
大きな木がある風景っていいですね。
支柱が遊具と同化していて
ふしぎと公園と木がなじんでいます。

2016/05/02 (Mon) 08:03 | EDIT | REPLY |   

狛  

ぴよ社長さん>
実は今、連休の旅行から帰ってきました。
今回もできれば何本か樹を巡りたかったのですが、色々あって一本どまりでした。

この椎の樹は、すぐ近くまで寄ることができ、大きさをより体感できる樹だと思いました。
公園のシンボルツリーみたいな感じなんですが、よく目を向けてみると、とても立派な樹です。
その両側面があるのがいいですね。

2016/05/05 (Thu) 21:32 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿