ロード&フォト

hukushima1502.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2

 車でのひとり旅にもまあまあ慣れてきましたが、やはり不満に思うのは、道すがらちゃんと写真が撮れないということです。
 ホントはこういうのはいけませんが、信号待ちや絶対運転をしくじらないところでは片手でカメラを持ち出して撮ってしまいますけど(昔やってたノーファインダーの感覚がここで活きるとは)、所詮はそんなレベル、ちゃんと撮ったものには叶いません。
 気ままに停めて……と思うけど、意外と自由に停められるところってないもんだし、降りて撮ってを繰り返すほど時間の余裕もなかったりして。

 今回も出発が15時という変な旅、ほとんど走り出すと同時に日が暮れてきまして、おまけにウィンドウを洗う雨。
 だが撮ってみる。
 撮れるように撮る。
 ドライブレコーダーでいいんじゃねえ? というのは置いといて、撮ってみる。

hukushima1503.jpg

 千葉と茨城は感じがちょっと違うということを書きましたが、茨城と福島でも全然変わります。
 北茨城の内陸も緑濃い印象ではありますが、福島に入った途端、それがぐっとレベルアップする感じがあります。
 そして、それに伴って、人々の暮らしも地に根を張ったようなものになる。
 山間の集落に、素朴で懐かしいようなお祭りの灯りが灯っているのを横目で見たり。

hukushima1504.jpg

 当然地理感など無いですから、ナビに従って走って行きます。
 知らない土地を走っていて、前や後ろの車の行き先がずっと同じだと、なんだか仲間のような気がして来ることがありませんか?
 この日も前の車とずいぶん一緒のコースで……たぶん100キロくらい走っていたと思います。
 人気のない山道をぐんぐん走って街中を抜けて、いったいこの人はこんな時間にどこへ何しに行くんだろうと考えてしまいます。
 地元の人なのか、それとも僕と同じで気まぐれに遠くへ走ってるのか。
 人それぞれの物語があって、こういう風に走ってるんだなと感慨深く思うわけです。
 どこまで行くんだろうと思い始めると、終点までついて行きたくなってしまいますが、僕にも一応目的地があるわけだし、途中で別れる定めです。 

hukushima1505.jpg

 じゃあね、よい旅を、なんて勝手にお別れを言って、この日は僕の方からルートを異にしました。
 いや、ほんとは道の駅の標識が見えたので、小休憩したくなっただけなんですけどね。
 物産コーナーもありそうなそこそこ立派な道の駅でしたが、時間が遅いのでもう真っ暗。
 トイレに寄ったら、かすかに祭り囃子のような音が聞こえてきます。
 テープかな? なんて変なことを考えながら外へ出て行くと、すぐそばが川で、どうやら音は対岸から聞こえてくるようでした。
 ほとんど真っ暗な川の向こうから風に乗って聞こえてくる祭り囃子、雨上がりだし、山は靄で煙ってるし……狐か狸がお祭りしてんじゃないかというようなちょっとした怪しさ。
 すると、誰かがふざけてるのか、ゴーンと、お寺の鐘まで鳴るしまつ。

hukushima1506.jpg

 再び走り出し、完全に真っ暗になった山道、人気の無い工場の間を抜け、トンネルを出ると、向こうの空がぼうっと明るい。
 あそこが町なのだろうな。
 もしかしたら今晩の宿を取った町かもしれないな。
 長い時間運転したし、着いたら少し歩いて身体をほぐしたいもんだよ。
 もう、雨も降らないみたいだし。

2コメント

atushi  

僕も夕暮れ時になにも無い田舎道で急に現れた祭りの灯りに
突然の浴衣姿の子供達、さっきまで誰一人歩いてる人なんていなかったのに。
不思議な異世界に出くわしたような錯覚を感じたことあります。

僕は県外からの帰り道に地元ナンバーが前を走ってると
もうこの人に付いて行けばなにも考えずとも帰れると安心して付いて行きます。
勝手に頼りにしてる見知らぬ車がコンビニにでも寄ろうものなら
僕はなんだか、あぁ…と、振られたような気がします(笑)

2015/09/07 (Mon) 22:42 | EDIT | REPLY |   

狛  

atushiさん>
おはようございます。
昨日今日と仕事の関係で台風の中を片道100キロのドライブです。
ドライブなんて気楽なもんじゃないですが……。

夕暮れ時のおまつり、昔は今よりもっと一年に一度感が強かったでしょうし、みんなでお酒呑んで(今でも呑む人は呑むか)、そうすると、ほんとに狐や狸に化かされたって感じになるでしょうね。
昔話の奇譚も、ほんとは酔っぱらってかっこわるいから、ごまかしに喋ったって話だったりして……。

そう、車旅行の場合、自分の周りに自分と同じ地域のナンバーがひとりも居なくなって初めて、旅行と呼べるのかもしれません。
ナンバー地域から脱していないのでは、「ちょっとその辺」ですよね。
でも、どうだまいったか、遠くから来てるぜ! と思って走ってる時に、ひょっと前に入って来た車のナンバーを見たら、「鹿児島」とか、あれはショックですね……。
失礼しました、って、ミラーで後ろのトラックのナンバーを見ると、「帯広」って……ああまだ近所なんだな、ここは、って、小さくなる思いです。

2015/09/09 (Wed) 05:21 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿