多分やる気がある、superA

kumoi1501.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2

 フィルムが貴重品化する前から、フルメカニカル以外の中途半端な電子制御のカメラはあんまし人気がなかったようですが、狛としてはこういうの、結構好きです。

 電子回路が腐ったらただの鉄塊になってしまうので価値が低い、メカニカルは修理ができれば使い続けられるので尊い……というのが常識だったようなんですが、みんなそんなに修理したのかな、次のカメラやデジタルに行っちゃうんじゃないのかな?
 第一、うちのエレキカメラたちは、ちょっと性格が偏っている(※)以外は今も安定していて、壊れる気配もないです。

 (※ME-SはAEが4倍くらいアンダーなのですが、その状態で安定しているので、知っていれば使えるという。)

 スーパーAはジャンクで5000円くらいで買いましたが、何も問題無いので、今でも使っています。
 露出が信頼できるので、カラーネガを使いたい時など、LXよりもこっちを使うことが多いくらいです。
 83年当時としては色々と画期的なカメラだったようですが、今見ると随所にある中途半端なレトロ感がたまりません。

 その筆頭が、ファインダー内の表示。
 当時のハイテックだったのでしょう、液晶パネルになってて電卓みたいなデジタル数字で表示されるのですが、グレー地に黒なもんで、夜は全く見えなくなってしまう。
 これを解決するために左側(写真の親指付け根あたり)に通称「楽しいボタン」がついてて、これを押すと、なんと、ボンヤリとしたオレンジ色のデンキが点くんですね〜。
 液晶のバックライトとかじゃなくて、豆球くさいので、デンキ。
 この時、ファインダー覗いていると、なんか日暮れに小部屋の窓に灯りが灯ったみたいなムーディーな感じになる上、「PENTAX」銘の上の白いマドにもオレンジの淡い光が灯り、「こんばんは」感満点になります。
 電池がなくなれば即座に鉄塊という完全電子制御シャッターのカメラで、こういうことに電力を消費するのは諸刃の剣……というか、剣かこれ? というところですが、この「こんばんは」感を眺めていると、あれ? こういうのを「粋」って言うのかな……と、ちょっと間違った感慨にひたれる素敵ボタンです。

kumoi1502.jpg

 小さな小さな液晶パネルはレリーズボタンの手前にもひとつあって、半押しでここにシャッタースピードが表示されます。
 どうやって使うべきなのかよくわかりませんが、いつの間にか参照する癖がついている辺り、面白い存在感です(しかも、パネルが微妙にナナメになっていて見やすい)。
 これが進化して、後のカメラにも外部インターフェースが付くようになったのかも知れません。

 この頃からダイヤル式は古いからやめるという風潮があったらしく、シャッタースピードはボタンであげさげ。
 しかし、絞り値はまだあくまでレンズの機能であったので、絞り優先AEならあらゆるレンズが使えます。
 絞りはレンズ側でアナログに変更できるのが一番使いやすいと思うので、これでよし。

 電子化しているカメラですが、外装はしっかり金属で、色が剥げてきて底プレートが真鍮だということが判明しました。
 トップはなんか銅みたいな素材です。
 小型軽量でファインダーは固定ですがかなり見やすいし、最初からグリップが付属しているので持ちやすく、一眼レフなのにハンドストラップ運用が最適。
 現代とはお金をかける着眼点が色々違うんだなーと感心するところがあるカメラで、面白いです。


 フィルムが入手困難でどうしてもデジタルに行ってしまいますが、ある程度使うと、どうも手に取る気が失せてしまいます。
 こういうちょっと変なところがある道具の方がやる気が起きるのですが、僕だけでしょうか。
 あえてこれで撮りたいぞ、とか、またこの変なボタン押すぞ、とかね。
 今後も、ぼちぼち、使い続けていければいいのになと思います。 

2コメント

snap.com  

そそるギミック(と言っていいもの?)満載ですね。
今でも腕時計は機械式が再燃のトレンドのような感じだし、
カメラも電気に頼らない機械式がもっと注目されても良さそうなものですが。
写真機、と呼ぶに相応しいカメラを使いたい。
と言いつつずいぶんと離れてしまっています(^。^;)

2015/06/23 (Tue) 21:09 | EDIT | REPLY |   

狛  

snap.comさん>
こんばんは。
LXがシンプルで使わない機能ないみたいなカメラだったのと比べると、コレは色々とついてる感じがします。
もっとも、デジカメの比ではなく、これくらいだったら、と思うようなものですけれどね。
デジタル時計と腕時計型デジタル端末の違いというか(笑)。
スマホでも写真撮れるんでしょうけど、そうですね、専門の機械を使う喜びというのはありますよね。

2015/06/24 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿