房総隧道旅行

boso1503.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2 / smc-m 150mmf3.5

この前のお休み、春を愛でに房総へ走って行ったのですが、天気わるし。
どうしてこう、休みたんびに崩れるんだよ……。

春雨ならばまだ良いのですが(雨は好きです)、風がビュウビュウ冷たくて強い。
結局いつものようにのほほんと寄り道を繰り返すような道中はできず、ただ行き止まりまでひたすら走るようなソレになってしまいました。
つらいね。
boso1505.jpg

そんな中で唯一の楽しみだったのが、隧道、つまりトンネル。
房総は山がちであるので、進めば進むほどトンネルが多くなってくるのです。
遭遇する全てのトンネルを(一応)撮るということにして、まあ別に停まって撮るわけじゃないんですが、そういうことばかりしていました。
あばら骨みたいなトンネル。

boso1504.jpg

そうなんだよ、おばさん、トンネルなんだよ。

boso1507.jpg

写真のフレームの中に、もうひとつ別のフレームがあるみたい。

boso1509.jpg

オレンジ色のナトリウムランプは写真にとって難物といえば難物。
色が変になるのは当たり前ですが、露出にとっても、いくらか支障はあるんじゃないかと思います。
だからしてモノクロ。
動きのある絵はモノクロに向きますね。

boso1508.jpg

スポっとトンネルを抜けたら、そこは南国だった。
のような感じで、椰子なんか植えてあります。
ほんとに、ちょっとした南国。

しかし天気は相変わらずで、今日はしょうがないよ、椰子も凍えそうです。
桜もちょっと足踏みしてるみたい。
どこへ行くかはよくまだ定まらず、とりあえず昼めしを食いたい、どこで? ここがいい、ってんで、50キロばかし引き返す。
千葉は広いよ、どこまでも。

0コメント

コメント投稿