そして霊場へ

oiwa1503.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

大洗水族館で鮫を満喫した我々は、遅い昼飯に何を食べようか、例のごとく知らない土地で何も調べていなかったので、行き当たりばったり。
助手席でスマホで調べてもらい、走りながら探します。
こういうの、ラリーのドライバーとコ・ドライバーみたいで、ちょっと楽しいですよね。

一時間後、ちょっといいお肉を食べたら思ったよりぐっときてしまい、牛を弔う気になったのか、さらに一時間後、我々は霊場にいました。
いや、食べたお店に置いてあった地元のフリーペーパーで見て、行ってみようとルート変更です。
大洗から50キロばかし山のほうに走ると、まだ雪が残っていました。
さむい、摂取した牛脂が燃焼されてゆく……。

0コメント

コメント投稿