午後のサボテン

hasaki1468.jpg
K-7 / smc Takumar 35mmf2

色調が若干のアウト・オブ・コントロールを来した理由としては、海に持って行った変なフィルターのせいではなく(※)、それを使うまでもなかったsmc タクマーの35ミリがあります。
35の2は、ガラスに放射性物質を含んでいるのか(この時代のレンズにはそういうのが多い)、経年とともにどんどん変な色に変色し、ついにはデジタルカメラで使っても「これは変」という色になってしまいました。
なんかこう、飴色っぽい。
メープル。
炒め玉葱。
鼈甲飴。
甘そうだな。


(※我が家に新宿ジャンクボックスの怪しい引き出しから拾ってきた怪しいフィルターの類いが幾つかあることは事実で、この日もウォームトーン4とかいう変なのを持って行きましたが、タクマー35の2に追加すると明らかにやりすぎなので、使いませんでした。
 ペンタックスの昔のフィルターがすごくかっこいいので好きなのですが、メーカー純正のくせに、つけると純正の被せフードが使えなくなります。どうなってるんだ。)

2コメント

RYO-JI  

放射性物質・・・そういう時代だったんですねぇ。
でも前日の海の写真なんか実際とは違うカラーとはいえ、
なんだか日本じゃないみたいでカッコイイなあって思いましたし、
それはそれでアリなレンズでしょう。
純正フィルターとフードが適合しないのは問題ですけど(笑)。

2014/11/17 (Mon) 20:26 | EDIT | REPLY |   

狛  

RYO-JIさん>
こんばんは。
そういう時代背景も興味深いと思うところの古いレンズです。
正直、写りがどうとかは良くわからないんですが、現在では作れないものを使うってのは、感慨深いですよね。
実は海の写真はちょっと色をいじってるんですが……補正しようとして、ほんとに何が何だかわかんなくなった感じで、「直せなかった」というところでしょうか……(苦笑)。
他の写真は、実際驚くべきことに、ほぼいじってません。

2014/11/18 (Tue) 22:05 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿