西のほうから

nishi32.jpg

Bessaflex / ТАИР-11А 135mmf2.8 / Centuria 100

かくなる上は猫写真を。
そりゃっ。

……なぜこんなに渋い。

5コメント

ヘルソン  

はじめまして、helsonと申します。

ネコ写真、撮りたいけどボクがカメラ向けると逃げちゃうんですよ自分ちのネコさえも・・・・

2008/02/17 (Sun) 22:23 | EDIT | REPLY |   

Marone  

置物みたいです。三越の獅子像のようで...
カッと目を開きムスッとして、狛さんを無視している表情が面白いですね。
猫さん、何かイヤなことでもあったのかな。

2008/02/18 (Mon) 01:10 | EDIT | REPLY |   

狛  

helsonさん>
はじめまして! 狛ともうします。
僕も挙動がおかしいからか、動物にはかなり逃げられっぱなしです。撮らせてくれる猫募集中です。
猫に逃げられると、カメラって威圧的な道具なんだなあと思います。
たしかに、金属質だったり黒かったり怪しく光るレンズが搭載されていたりしますし……猫には理解できないモノですよね。
僕もhelsonさんのブログに改めてお邪魔させていただきたいと思っております。


Maroneさん>
こんにちは。
完全に無視されていました。といっても、僕には珍しく望遠レンズでの撮影なので、ほどほどの距離がありました。
きっと、得体の知れないロシアンレンズで撮られるのがイヤンという状況……ではないですよね、やっぱり(笑)。

2008/02/18 (Mon) 09:01 | EDIT | REPLY |   

NOBU  

 狛さん、こんにちは。

 ネコって…とてもクールな表情をする時があります(自宅ネコ観察結果より)。ちょっと緊張している感じはしますが…ネコらしい表情ですね。

 ロシア製の望遠レンズなんですね。

 うちにも、キエフ(一眼レフ)があります。
 レンズ・マウントは何故かニコンです。
 ニコンにキエフのレンズ(50ミリ)をつけると…どんな写りになるか…試してみたいです(家内によると、黄色っぽく写るそうです)。

2008/02/19 (Tue) 21:58 | EDIT | REPLY |   

狛  

NOBUさん>
こんばんは。
そうですね、そのクールな中にもオマヌケなところがあるといいますか、そういうところが猫の魅力ですよね。
何か考えてる……デキる奴、と思いきや、だらりと伸びてみたりして。

タイールはかなり濃いロシアンレンズです。
ゼニットまわりでは、ミールやゼニタールなどでニコンマウントのものが流通していますね。多分、輸出品としての需要があったからなのでしょう。
ちなみに、タイールはなんだか良くも悪くもシブい写りをします。

2008/02/19 (Tue) 23:47 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿