花火大会の夜 2

choshi1422.jpg
K-7 / SIGMA 28mmf1.8 EXDG

花火大会は、地元の若者にとって特別な夜かもしれません。

choshi1429.jpg

それっぽく着飾って、花火を見ているのか見ていないのか、時にいいムードに陥っていたりする若者たちを見て思うのは、ちぇっ、若くていいよなあ、ということばかりです。

もう何年前かも忘れてしまいましたが、僕らも同じ花火の夜にデートとかしたもんですよ。
思い出は常に美しい。
あの頃はまだ駅前も栄えていたから、花火もそこそこに仲間と合流して遊びに行ったんじゃなかったかな。
電車は1時間半に1本ペースで、終電は21時。
信じられますか。

choshi1423.jpg

夜店もね。
売ってるのは実際どうでもいいもんばっかりなんだけど、どうしてつい覗き込んでしまうんだろう。

choshi1431.jpg

ドーン。
自然と歓声をあげて、拍手している自分に気付きます。

(つづく)

4コメント

snap.com  

こんなふうに人と花火を撮ると、ああなんだか異次元みたいでいいなあ。
花火は花火、でもその下にはなんら変わらない日常がある。
見上げる人、見る訳でもない人、いろいろある現実感が心地よいです。

2014/08/05 (Tue) 22:01 | EDIT | REPLY |   

万年青  

うちの方は終電20時30分だった。
信じられないよね。(笑)

花火はパッと散って儚く、思い出はいつまでも美しくか。
いいね。

たまにはゆっくり花火みてスイカ丸かじりしたいね。

2014/08/06 (Wed) 19:42 | EDIT | REPLY |   

狛  

snap.comさん>
こんばんは。
レンズの開放値が1.8というのもあって、ボケたりなんだりというのもありますが、花火だけじゃなく、人ごみを撮りに行ったというのは確かにあるかもしれません。
皆思い思いに夏の夜を楽しんでいました。

2014/08/06 (Wed) 22:55 | EDIT | REPLY |   

狛  

万年青さん>
くそっ、負けた……じゃなくて。
うちなんか最寄りは無人駅だもんな。
きっぷ販売機すらないので、乗る時、変な赤い小さい機械のボタン押して、代わりの紙切れ持って乗るの。

故郷の花火は、いつまでも自分の子供時代や懐かしい思い出を重ねるものだと思います。
そこがまたいいよね。

あー、ひさしぶりに万年青さんのスイカ丸かじりが見たいな。
やってくれよ、あれ、丸かじり。
グワーッ。

2014/08/06 (Wed) 23:00 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿