お盆行ったり来たり

shibuya1302.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

3日間のお盆休みをもらい、東京にも繰り出してきました。
晩ご飯に、行ってみたかったカドの中華屋に行ったのですが、建築物のたたずまいのボロさに反して料理が格調高く(広東系)、マスターは僕のLXを見て、かつてOMで撮っていたことなどを色々話してくれました。
旨かったし、楽しかったので、また行くと思います。

翌日は思いつきで例の豪快怪獣ぶん殴り映画「パシフィック・リム」を3Dで観ました。
あれはやっぱ劇場で観て良かったです。
リアリティがないとか、そういうのはどうでもよく、俺はこういうの見せてえんだという情熱に無闇に感動すら感じてしまいました。
しかもけっこう序盤で。

実家には小学生ど真ん中の姪甥が長期で泊まりに来ており、僕がうかうかしている間に、庭にでかいビニールプールが建造されていました。
夏なので怪奇現象もののテレビをいっしょに観ましたが、今は怪奇現象もネット依存で、ちっとも怖くありません。
恐怖動画とか言っても、みんなさだ子のクローンだしな。
ジュンジ・イナガワの助けを借りるか、古来日本のジメッとした怪談のがいいですね。
勉強終わったら田中貢太郎でも読もうかな。

2コメント

里々子  

お帰りなさい!
楽しい夏休みでしたか?

都会のスナップ写真良いですねー。楽しいですよね。
狛さんの素敵なモノクロ写真を見ていたら、フィルム写真を撮りたくなってきました。
NATURA BLACKにモノクロが入れっぱなしになっていたので出先で撮影でもと持ち出してみたのですが、カメラ用のリチウム電池が一つ700円くらいしてビックリしました。
ついでにモノクロフィルムの現像料金はどのくらいになっているのだろうと訊いてみたら、やはり700円ほどになっていてこれはなかなか大変なことだなと。
狛さんはご自分で現像されているのでしょうか?

2013/08/19 (Mon) 09:22 | EDIT | REPLY |   

狛  

里々子さん>
おはようございます。
短い夏休みでした……。

雑踏でのスナップも、たまにやる分には面白いもんですね。
田舎にはこんなに人がいないし、ぜんぜん違うものが撮れます。
フィルムのコストはどんどん上がってますね。
用具や薬品を買うたび、もうやめようかと思うのですが、フィルムで撮らないとなると、やっぱり実感という点で物足りないのだと思います。
自家現像も始めて4年くらいになるみたいで、その間ほとんどお店には出していませんが、そうじゃなかったら、やっぱりコストの点で無理だったと思います。
こっちの田舎には現像に出せる店もそうそうないですしね。

もはや「簡単だからやってみてくださいよ!」とは勧めづらい時代になってきましたが、同時に、モノクロフィルムで写真を撮り続けるなら、一緒にやっておいた方が絶対いいとも思います。

2013/08/20 (Tue) 06:04 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿