西へ・沖縄に到達

okinawa1302.jpg
K-7 / DA 21mmf3.2
LX / CZJ Pancolar 80mm f1.8 / FA 35mmf2
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Presto400

いきなり暗曇なモノクロで始まりましたけれども……。

okinawa1307.jpg

拝啓、長崎空港から、今話題のローコスト・キャリアーに乗り込み、沖縄に到達しました。
東京を出発してから6日目、ずいぶん遠くまで来たものです。

遠くまで来たという感じは、すでに最初の愛媛の時点でありました。
でも、愛媛から長崎までは、いくつかの海峡を渡ったとしても、ずっと地続きの感じがしていたし、自分の足で歩んできたという実感がありましたが、飛行機の窓から沖縄に近づいていく海の色を眺めていると、どこか異国に向かっているような気分になりました。
こういうノリで、「もっと続き行っちまうか」とか言って、アジアの外世界へ出て行ってしまうと、今度はアジアが地続きであるという実感が湧くのだと思います。

okinawa1316.jpg

昨晩長崎で荷造りしていて、バッグの底からおみやげを発見。
旅のスタート地・今治で買った今治タオルです。
これがもう、すさまじくフーワフワで、傍らに置いておくと、まるで猫の代わりにしてずっと撫でていられそうです。
なので買った。

もとい、沖縄からはご同行と合流する予定なので、プレゼントします。
代わりに僕は、修理が間に合わなかったDA21ミリをペンタックスから回収してきてもらう、という手はずになっています。
そう、思い出した。
辞める会社の飲み会でぶつけたら、動かなくなっちゃったんだよな。
もっと厚い金属で作ってくれよ。


云々。
そういう前置きで沖縄入りをしましたが、沖縄には鉄道がないので、空港からいきなり運転です。
レンタカーはマツダのデミオだったでしょうか……なんだろうと、運転していると写真が撮れません。
なので、「ここに出来上がりがあります」という料理番組的に、行き着いた先の知念集落の光景をごらん下さい。



okinawa1309.jpg

沖縄の街の独自性は、RC(鉄筋コンクリート)の住宅にあると思います。
伝統家屋以外は、みんなRCで真っ平らな陸屋根ですもんね。
台風が多いから、耐久力のある構造になるんだろうなと推測します。
ああ……しかし、やはり沖縄は別天地だなあと、海と空の色に思います。

okinawa1310.jpg

しばらく車でうろついた結果、久高島の近くにやってきて、ドライブインで沖縄そばを食べました。
沖縄そばにも地方性やその店の独自性があって、まあ、どこのがどういうのだとは言えないのですけれども……ここでは「久高そば」とも言うようです。
つゆが透明だったり濁ってたり、麺の案配もちょっと違ってたり。

ここは当たりでした。
そばも旨かったですが、まぜごはん「じゅーしー」が旨かったです。
あと、ぜんざい(甘い煮豆がかかったかき氷)も旨かったな。

okinawa1308.jpg

ぜんざいを食ったというのに、食後にブルーシールアイス。
なんと、ピスタチオがあるじゃあないですか!
砕いたピスタチオが入ってて、うまいです。
わかってるな、ブルーシール。
味をしめて、沖縄滞在中に4回も食べてしまいましたっけ。


okinawa1305.jpg

okinawa1304.jpg

okinawa1303.jpg

色を殺しても、あるいは夏の季節ではなくても、南国だということがわかるのが沖縄。
そう思います。

okinawa1312.jpg

特にどういう観光地に寄るでもなく、うろうろドライブを続けていたら、あっという間に夜になってしまいました。
国際通りはナンパすぎていけ好かないんですが、公設市場の通りは旧来の雰囲気がかいま見られるようで、歩いていて楽しいです。

okinawa1311.jpg

手作りの南国菓子をたくさん並べているお菓子屋さん。
名前がわかんないものや、なんだか本州で食べたのとちょっと違うようなものもありますが、「ぽーぽー」が好きかな。
なんか、粉を溶いてムニムニしたクレープみたいになったやつを筒状にまるめたようなやつです。
黒糖で甘いのは「ちんぴん」になるのかな。
わかんねえや。

南国菓子といえば、
佐世保の白十字パーラーでの争奪戦
で入手した「ぽると」も、今更食べたら、けっこうな南国風味でした。
いや、長崎の場合、「南蛮」か。

okinawa1313.jpg

メインストリートでも夜仕舞は早いです。
市場二階の飯屋は飲ん兵衛たちが大宴会中だし、さあて、ごはんどこで食べようかな。

okinawa1314.jpg

ザ・花笠食堂。
そうしてたどり着きました。

okinawa1315.jpg

ぐるくん(魚の名前)定食。
店内には無数にメニューがあって、「おばあ」と呼ぶべきか、いや、そのイメージにしてはビシバシ厳しめなおばあが取り仕切って、とても忙しそうです。
これで600円くらいだったんじゃないかな。
素朴な味で……それと、よく冷えた甘いアイスティ(なぜかアイスティ)が出るのですが、これが無性にうまく、何杯も飲んでしまいました。
後でコンビニに寄ったら、パック飲料のコーナーに「花笠食堂アイスティ」として売り出されてて、ウケました。
いえ、もちろん買いましたとも。

明日はどこへ行こうかな。
まだ決めてないけど、そういう旅です。

4コメント

ささきたかし  

どれもこれもうまそうですね!
深夜に沖縄そばの写真見たらやばいですね。
そして、広角の写真、カッコいい!
まだまだ秋めいてはきませんが、
食欲出してのりきりましょう!

2013/08/11 (Sun) 21:42 | EDIT | REPLY |   

ぐり  

こんにちは

沖縄は景色は最高さけどこれといって旨いものがないというのが自分の印象なんですけど、魚だけ旨かったです。
こうして見てるとどれも美味そうですけど、やっぱり魚が旨そう(^^)
気まま旅、いいですね。学生の頃はやりましたが(当時は駅泊・車中泊でしたが)いつか現役引退したらまたやりたいです。

2013/08/12 (Mon) 14:59 | EDIT | REPLY |   

狛  

ささきさん>
こんばんは。
すっかり食道楽の旅になりつつありますね。
僕の周囲では、沖縄料理は賛否両論わかれているのですが、僕は好きです。
確かに、夜中に食べたくなる感じが……やばいな。

田舎にすっこんでから20ミリなんてどう使うんだ? という感じですが、またこれを持って出かけたいものですね。
ぐっと近づいて撮る。

2013/08/14 (Wed) 21:20 | EDIT | REPLY |   

狛  

ぐりさん>
こんばんは。
そうなんですよ。
沖縄料理は口にあわない、って人って結構いるみたいで。
でも、公設市場で売ってる、でかくて真っ青なブダイとか、ああいうのは旨いんですかね?
ぐるくんは淡白で、やっぱり唐揚げがいいのかなと思いました。
ああでも、魚っていうと、日本海で……ノドグロとかも……(浮気)。

旅はやっぱり気ままが一番です!
もちろん現役引退したら存分行きたいものですが、それまで体力を維持しないといけませんよね。
歩けないと話が始まりません。

2013/08/14 (Wed) 21:40 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿