西へ・音戸の瀬戸

ondo1317.jpg
LX / FA 35mmf2 / smc-m 20mmf4 / CZJ Pancolar 80mmf1.8
ESPIO mini / 32mmf3.5 / Presto400
K-7

ちょっと寒くなってきましたが、音戸といえば、やはり瀬戸です。
場所柄、今回も乗らなかった渡船ですが、今でも元気に運行しています。
片道70円だったかな。
「つばめ」「音戸渡船」という独特なフォントは、渡船おっさんが自分で書いたそうです。

ちなみに前回の写真の集落などは、向こうに見える赤い「藤三」というスーパーの向こう側です。
あの奥からずっと歩いてきたのね。
でも、反対までまだずっと歩いていきます。

ondo1314.jpg

真っ赤な第二音戸大橋も建造中。

ondo1315.jpg

ondo1316.jpg

音戸の海峡は中世から船交通がとりわけ多い箇所だそうで、今でも、観光船、渡船、高速船、貨物船、タグボート……眺めている間にたくさんの船が通っていきます。

ondo1304.jpg

ondo1308.jpg

ondo1309.jpg

良い塩梅の路地。

ondo1313.jpg

ondo1303.jpg

第二音戸大橋は上り下りがスクリュー状ではないようですね。
第一大橋は、バスで行くとかなりぐるぐる回されます。
乗り物苦手な人は多分酔うだろうな……。

ondo1311_20130504082138.jpg

ondo1312.jpg

さすがに寒くて人がほとんどいませんでしたが、静かで落ち着く良い街でした。
さて、呉にもどりますか。

2コメント

snap.com  

ゴールデンウィークに第二音戸大橋に行ってきました。
歩いて渡るのがオススメとラジオで言っていたので、
車を手前にパーキングに停め、歩いて橋を渡り倉橋島へ。
帰りは下に降りて音戸の町を歩きつつ、また渡船に乗って本土側へ。
橋からの風景は高さが違うだけで見慣れたものなので、多少高い所から見ても音戸は音戸でした(;^_^

音戸の町並。やっぱりいいですね。また歩きたいです。
しかし藤三から歩いたとは。ボクならヒザが痛くなりそう。
音戸渡船とつばめをおっさんが書いたとは知りませんでした。
おっさん、なかなかやるなー。

2013/05/08 (Wed) 19:28 | EDIT | REPLY |   

狛  

snap.comさん>
おはようございます。
大橋を歩きで渡るの、良さそうですね。
僕はけっこう枚数を撮ってしまいそうです。

音戸の落ち着いた雰囲気は、歴史の古い街ならではのように感じます。
そう、藤三の向こう側の奥の集落もなかなか良かったんですよね。
相変わらず、僕目線の「良い」なので、アレですが……(笑)。

2013/05/09 (Thu) 05:47 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿