とんねる横町の午後

sasebo1216.jpg
LX / smc-m 28mmf2.8 / Presto400

防空壕を改造したという古い商店街にて。
土地のものを売るお店で、アメガタというお菓子(固めた黒糖入りの飴がオブラートに包んであって、砕いて食べる)とアゴのだしを買いました。

sasebo1215.jpg

アメガタは歯にくっつくんですが、やさしい味でおいしかったです。
餅米でできているんで、こっちでは妊婦さんに食べさせるとお乳の出が良くなるとのこと。
アゴ(とびうお)は、このだしでうどんを作るとうまいです。
他にも、前に買った焼きアゴがすごくうまかったので、また買いました。
おやつがわりに齧っていますが、ヒレが鋭くて歯茎に突き刺さる!

土地のおいしいものを食べると、とても旅が有意義になりますね。

2コメント

snap.com  

なんだか広島の駅横の市場を思わせるたたずまいですね。
ひなびた商店街は無条件で惹かれます。
そういえば呉にもアゴのだしの「だし道楽」というのが・・。
警固屋のあたりにうどん屋さんもあります。

2012/09/19 (Wed) 21:29 | EDIT | REPLY |   

狛  

snap.comさん>
僕もそう思いました。
ごちゃごちゃした中で、架空の自分の日常買い物を想像してみます。
長崎弁の、どこかゆったりした感じも心地いいです。

「だし道楽」とは、すごい道楽もあったもんです(笑)。
佐世保にはまだまだこれからの名物として「あごだしラーメン」なるものがあるらしく、今度言ったら食べてみようと思います。
広島にもまた行きたいな……。
呉や警固屋や、雨のしと降る瀬戸内を歩きたいな……。

そして「だし道楽」と。

2012/09/20 (Thu) 06:33 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿