暮れてゆく2011年

oji1119.jpg
ESPIO mini / 32mmf3.5 / HP5+ 400

王子稲荷では、大晦日に伝統の狐の行列が出るようです。
王子稲荷は東国稲荷の元締めで、大晦日に東国の狐神の悉くが王子稲荷に集結するという伝承。
昔は狐火の行列が見られ、その多い少ないで稲の出来が占えたそうです。
狐は神道ではウカノミタマという豊穣神に結び付けられている所以。



実家でテレビを久々に見ましたが、くだらないバラエティとカスカスなCMを飛ばす合間に、今年の大震災の記録を見ました。
九か月経ちましたが、あれは忘れるわけにはいかないし、実際忘れられない体験です。
新宿の高層ビル街での、「今よりあとちょっとでも強く揺れればビルが折れる」、というあの恐怖。
津波にやられた身内宅の片づけの大変さと物資の欠乏、思い出と日常の無残な破壊のさま……。
あの時の記録を読み返すと、今でもはっきり、いろいろなことを思い出します。

番組でも、凄まじい災害のさなかに、様々な人の、ほとんど偶然としか呼べないような生と死の境界線をたどっていました。
お年寄りや身体の弱い人を助けて亡くなった人、伴侶に最期の叫びをメールで送って波に呑まれた人、ほとんど何も残らなくて遺体写真だけを形見にするしかない人……。

重い年越しですが、これをもう一度頭に置かずして、来年の日本を正確に考えることはできはしないよな、と思うのでした。

2コメント

ブラザーボブかきもと  

ステキな写真を満喫させて頂ました(*´д`*)来年も楽しみにしております。

2011/12/31 (Sat) 19:40 | EDIT | REPLY |   

狛  

ブラザーボブかきもとさん>
いやあ、こちらもかきもとさんのブログを拝見させていただいて、視野が広がったような気分でおります。
来年もおそらくこんなペースで行くんだろうと思いますが、よろしくお願いいたします。

2011/12/31 (Sat) 21:34 | EDIT | REPLY |   

コメント投稿