Archive: 2020年03月  1/1

春の中の冬を眺む

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR  あの志村けんが……いくらなんでも、こんなに早く死んでしまうなんて……。 速報に言葉を失いました。そして、自分でも意外なくらい、ずいぶん悲しんでいることに気づきました。 志村、あんたはやっぱり昭和生まれ世代にとって偉大な存在だったんだ。 いや、周りを見回すと、平成世代にとってもそうみたいだ……。  志村:「あれっ、俺が、俺が寝てるのを見てる……ってえこと...

  • 2
  • -

春の夕方、しゃがみ込む

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 川を挟んだ隣町にクラスターが発生したとかで、戦々恐々としています。 じわじわ近づいてくるんじゃなくて、火の粉が飛んで野火が広がるようにいきなり発生するんですね。 いい加減虚しくなってきたのでどこかでフィールドワークしたかったのですが、さすがに県外ナンバーは歓迎されないだろうと空気を読み、部屋にいることにします。 まったく、こんな春になるとは。 あ...

  • 4
  • -

夜になる前の間

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR まさかオリンピックが延期になるとはね……。 見渡しても、未経験な時代に生きてる感が強い。 柔軟に生きていかねばいけませんね。  ...

  • 0
  • -

巨樹を訪ねる 愛宕山古墳のコブシ

MX-1 新型コロナウィルスの猛威で我々人間の活動はかなり制限されている今年の春ですが、自然界には影響もなく、花も咲けば芽も吹く。 極端な人混みに揉まれることは気が引けるにしても、春ならば春らしい風景が見たいものです。 巨樹を楽しみに巡っている身としては、当然、全国各地の有名な桜の動向が気になりますが、名だたる桜に行くか行くまいか決める前に、もっと気が早い、春の到来を知らせるような樹を訪ねてみることに...

  • 0
  • -

巨樹を訪ねる 「配志和神社の夫婦杉」

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 宮城県を北上しきり、岩手県に突入。最南部の一関市に入ります。 この日は平泉で遺産・金色堂を擁する中尊寺を参拝、巨樹は帰り足で……というプラン。 目指す神社は、中尊寺から10キロあまり南下し、東北本線山ノ目駅の近くに位置しているらしい。 なんだ街中じゃないかと思いましたが、行って見ると、町を取り囲むように小さな山がポコポコとたくさんあり、まるでまん...

  • 0
  • -

空はより一層の青さ

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 同じ写真に見えますが、こちらは「つくば」。前の写真は「かとり」です。 名前が違うだけかもしれません。ということは、やっぱり同じで良いです。 日々難しい状況対処に駆け回っていますが、久しぶりに外へ出ると空の青さが目に染みます。 色鮮やかな季節がそこまで来ているのですね。 あっけらかんとした空とか強烈な逆光とか白い船体などを撮ったら、センサーの汚れが...

  • 2
  • -

日曜のコーストガード

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 故郷に戻ってきているので、今日はお墓参りに。 帰り、ちょっとだけ漁港周辺を歩きました。 やはり日光の元で歩いて撮るのは気分いい。 感染よりも経済ショックがデカく、貧乏暇なし、遠出できる余裕がないですが、ちょいちょい撮って乗り切りたいですね。...

  • 2
  • -

ねむれ蕾

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR もう少しこのまま静かに眠ってくれてていいよ……っていう春ですね、今年は。 自分が生きている間に「メルトダウン」と「パンデミック」の両方を聞いてしまうとは……出来の悪いSFではあるまいし。 これはマリアナ海溝、これはトンガ海溝、南海トラフ……と、世界の海溝の断面図を見ているかのようなチャート図に、「ブラックマンデー」まで聞くことになってしまうのか? と戦...

  • 0
  • -

巨樹を訪ねる 新宿御苑のユリノキ

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 東京在住時に幾度も訪ねていた新宿御苑。 大きな樹があるということはもちろん記憶に残っていましたが、例えばプラタナスの巨樹をその頃から個体として識別していたかというと、自信はありません。 あんなに見所があるのに、あの頃の自分の目は一体どこについてたんだろう……とうすら寒くなりますが。 何を言いたいかと言うと、そんな当時から、新宿御苑の中で、印象には...

  • 0
  • -

託宣

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR どうしてもネガティブになってしまってすみません。 ネガティブ思考に陥っている時、良い心地で時間を過ごすにはどうすべきか知っていますか。 もし新しいレンズを買ったら……ということを考えれば良いのです。 あなたが新しいレンズを買ったばかりだったらどうすればよいか知っていますか。 もし新しいカメラバッグを買ったら……ということを考えれば良いのです。 かっこ...

  • 2
  • -

今は枯れ木に見えても

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 株価は見ないことにしています。 新型コロナウィルスの蔓延により、どうも良くないですね。 死亡例はお年寄りに偏っているようですが、それにも増して中小企業の致死率が高いと思います。 この時期に大都会の狭いライブハウスにわざわざ行く連中や、件のバイオテロ親父にはさすがに唖然としましたが、堂々と「(商業施設や飲食店に)行かないで頂きたい」と呼びかけといて...

  • 4
  • -

巨樹を訪ねる 新宿御苑のプラタナス

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 東京での徒歩による巨樹探訪。いよいよ日が傾いてきました。 17時に渋谷で人と会う約束なので、時間的にもここが最後のポイントになります。 樹木景色がとても楽しい新宿御苑で出会った、プラタナスの巨樹を紹介したいと思います。...

  • 0
  • -

夕方移動平均線

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR よい階段。階段を登らなければならない街。 先日、リコーの株を買ったというお話を書きましたが、僕だってそんな露骨にお金を儲けたい訳じゃない訳じゃないんですよ。 リスクはある。しかし、預金口座に入れても何にもならない上に高い手数料はとるというスタンスなわけですから、初めから無かったものと思ってリコーに頑張ってもらえれば良い。僕もその間、残高が無いこと...

  • 0
  • -

billowing

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 引き続き仙台愛宕神社にいます。 大きな桜(エドヒガン)が何本もあり、咲くのが今から楽しみです。 こちらは樹齢350年とか。 良いレンズを買ってしまった、なんでも撮れる! とうるさくも騒いでいるので、「じゃあ、これから、今まで撮ったものを全部撮り直しに行きましょうか」 という、至極尤もな御一言を賜ってしまいました。 そう言われたらぐうの音も出ません...

  • 2
  • -

お笑いファンダメンタルズ

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 十二面お堂と、おおよそ4mくらいの幹周のイチョウです。 こうして横構図でストンとおさめられるのは、なんか気持ちいい。 世界的なコロナショックで(そういう言葉ができてしまっているらしい)何もかもの株価が急落しており、カチューシャ(Катюша)のクーリー(苦力)をひらう(※)というような真似をしてみるつもりで、いろいろな会社の株がどうなっているかを観察しま...

  • 6
  • -

仙臺総鎮守より

K-1 mark2 / HD PENTAX D-FA 15-30mm f2.8 ED SDM WR こんなに天気がいいのに。 という感じで、そりゃ外出しない方が良いのでしょうけど、あまり密閉されないところへちょっとだけ行こうと思い、愛宕神社へ行ってみました。 1週間部屋の中で仕事に打ち込んだんで、休日はお日様に当たりたいし、新しいレンズで撮りたいですよ。 愛宕神社はひっくり返りそうな急坂を登った上にあり、仙台の街並みが一望できます。 15-30mm/f2....

  • 0
  • -