Archive: 2019年10月  1/1

巨樹を訪ねる 津金沢の大杉

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR その道中、その巨躯から受けた衝撃のあまりに「松保の大杉」を先に取り上げてしまいましたが、山形県の巨樹探訪、続いていきます。 季節は夏へ戻りますが、勝手知らぬ山形、まずは山形市近郊に巨樹があったらわかりやすいな……と、探したら、ありました。 山形駅から見て、南へ数キロ。市街地からもさほど離れない。 まあ、ちょっとばかり狭い集落の道を入って行きますが...

  • 4
  • -

林道で泣きそうになる / いや、ちょっと泣いた

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 山形県のもうほんとに某北の方で、ほんの出来心で(本当にそうか?)巨樹を撮りに行ったら、4.5キロメートル林道。 まあ、そのくらいのやつはこれまで幾つか走ったしと思って、進んでいったんですけど、行けば行っただけ道が悪くなり、前の日は大雨だったことを憶えていましたか?...

  • 2
  • -

巨樹を訪ねる 大六のけやき

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 関東から石徹白を目指す長い道中、欲張るつもりはないながらも、どこか途中で一箇所くらいは新規箇所に立ち寄りたい。 直前まで悶々と迷っていましたが、ちょうどよく天気が回復したこともあり、長野県上田市で巨樹を訪ねることにしました。 ざっと調べてみると、この辺りで興味を惹かれる巨樹はほとんどがケヤキ。ケヤキ王国という印象です。 その中でも間違いなく代表...

  • 4
  • -

秋の石徹白巡礼 4

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 例の林道を7キロ駆け戻り、またもや息が切れまくる山道を歩かされ、こちらも再訪「浄安杉」です。 石徹白まで来て浄安杉をスルーする手はない。セットですからね。笑 こちらも十分に神々しい。巨大すぎるほどに巨大な杉です。 それは「石徹白の大杉」以上に一目瞭然ですが、もちろんこちらの方が若々しい生命力を叩きつけてくる感じがします。 そして相変わらず、こん...

  • 4
  • -

秋の石徹白巡礼 3

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR ああ……ついにたどり着いた。 またここに来ることができました。...

  • 4
  • -

秋の石徹白巡礼 2

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 石徹白集落に到着したのは18時。 そう、まだ、たかが18時だったんですよね、考えてみると。 ここでは時間が180分ばかり前倒しで進んでいるのではないかと感じました……。 石徹白集落の突き当りに構える白山中居神社から、さらに7キロの林道を進んで行きます。 土砂崩れで頻繁に通行止めになる道ですが、今回は無事通れます(石徹白土建さん、いつもありがとうご...

  • 2
  • -

秋の石徹白巡礼 1

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR というわけで、はいおはようございます。群馬県富岡市、妙義神社に来ています。 その名の通り妙義山の登り口にあたる有名な神社ですが、想像していたよりもかなり立派です。 神仏習合、お寺と神社、ホトケとカミのハイブリッド。 肌で感じる標高の高さが、この厳かな雰囲気にいっそう箔をつけています。...

  • 4
  • -

秋の石徹白巡礼 0

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR なんか先日の「オフザロード」ロード・トリップ風に。 僕の場合、「おふざけロード」ですけどね。笑 本当はその前何度も再訪したいと思ったことがあったのですが、冬は人が行方不明になるほどの雪、夏はキラー・アブの餌食ということで、行けるとしたら春か秋しかありません。 春は雪解けがどのくらいになるかわからないし、ということは雪崩も怖い。つまり、秋しかない...

  • 0
  • -

颱19/流言飛語

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 奇しくも19号を示唆する写真ではありませんよ。  あれだけモメた八ッ場ダムが限界容量まで水を溜めて利根川決壊を防いだ、かつてその工事を事業仕分けで廃止に追い込もうとした民主党政権は本当にクズだアレしてしまえ、的なツイッターアーが頻発したそうですが、八ッ場ダムはまだ本番稼働ではないし、19号で水嵩が増えたにせよ、あの辺は治水的に利根川決壊とはあま...

  • 2
  • -

嵐の夜あけて

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR これは妙技神社あたりの風景です……いや、あの暴風の中、そんなとこで車中泊してたってことではありません。 すごい台風でしたね……。 もうレベル5の特別警報が地方全体を覆ってしまって、どこにも逃げ場がないようになってしまいました。 避難準備などを一応整えつつも、住む場所を選ぶって大事だなあとしみじみ思いましたよ。 家建てるにせよ、勢いがないと建てられな...

  • 2
  • -

四国巨樹探訪旅 さらば四国、再訪を誓って

iPhone7 壮大な……と書いて、実際はそうでもなかった、というようなオチを書かないでも良いという、こういう清々しさを抱きつつ、車中泊に朝が訪れます。 ここは徳島県美馬市の道の駅・みま。 実際、やるべきことはやった。そう実感する徳島・高知の男3人巨樹紀行があっという間に終わり、ここからは単独行です。 記憶によれば、13時台に徳島港→東京港のフェリーが受付予定なので、前日までにある程度徳島市に近づいていれば...

  • 4
  • -

巨樹を訪ねる 岡の宮の大クス

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 四国の秘境を巡る巨樹探訪から一転、徐々に日常生活へと戻っていくかのような道のりを辿っています。 徳島市までもあと2、30キロ、だいぶ市街地も増えてきました。 板野町には高速道路のICもあるし、高徳線の駅もある。 駅からみて北西の方向、岡の上の見晴らしの良い分譲地といった感じの住宅地の中に、この旅最後の訪問先となる大クスがありました。 その名も「岡...

  • 4
  • -

巨樹を訪ねる 壇の大クス

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 徳島市へ向かいつつ、点在する巨樹を巡ります。 調べてみると、徳島は佐賀や福岡に負けず劣らずのクス王国と言えます。 しかし、実際に訪問できる数は限られているので、どのクスを回ろうかと……目移り。 結局は誰もが似たようなラインナップで巡ることになってしまう気がしますが、先の「別所の大クス」「加茂の大クス」に次いで、見逃すわけにはいかないクスのひとつが...

  • 4
  • -

秋の空気

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR この写真は山形ですが、東北では夏が折り返しを過ぎるとすぐに冬の存在感を感じるように思います。 いや、常に、か……。 石徹白に行ってきまして。 岐阜県の郡上市の北、かなりの山中で、結局ウチから500キロ以上の道のりですが、行きたいと願えば行けるものです。 そして、やはり石徹白は聖地のようなもので、今回も様々な体験をさせてもらえました。 もはや巡礼と...

  • 0
  • -

【特別ふろく】「松保の大杉」への8キロ林道走破動画

No image

せっかくだから1080pで見てね / 音ありです なんとも印象深い衝撃を与えてくれた山形県最大の巨杉「松保の大杉」。 巨樹探訪の記事にも書いた通り、そこまでの道のりはボコボコの林道を8キロ走る。 ……いやね、今だから書きますけど、実はもっと短いルートがあるんですよ。そっちだと2キロになる。 2キロだが、車は入れず徒歩。 歩くのダリいというのではなく……問題はクマ―さんですよ。だったら8キロ車で走破しようと。...

  • 4
  • -

「オフザロード」という本が旅に出たくなってやばい

iPhone7 どうやら、やばい本を買ってしまったようだ……。 仙台で何気なく本屋さんに立ち寄ったら、スゥーっと、引き寄せられるように……平積みでもないのに。 「オフザロード まだ見ぬ場所を探す旅。冒険、車、そして人生」。 車でどこへでも行けると思った、否、行ってしまったバカ冒険野郎たちのエピソードばかりが25個も、エモい写真とともに載っている本です。...

  • 4
  • -