Archive: 2019年02月  1/1

いこいのぬるい光

DP2 Merrill / 30mmf2.8 妙にホッとするよね、と思いつつも、こんな狭い路地はドラマのセットのようだとも思うのでした。 お芝居感ありますね。うそくさい。 自分も、この変なお芝居の登場人物なのかもしれないよ。 2月ももうすぐ終わる。それはいいけど、月日数勝手に3日短縮版にしてんじゃねえよ。 シュリンクされた月末を足掻く羽目になって大変不本意。 2月は結構密に仕事に取り組んだ気もして、ブログや写真編集に向...

  • 0
  • -

もうすぐ春が来るんじゃろうか

K-1 mark2 / FA35mmf2  雪が溶けて川になって、流れていきます。つくしの子が恥ずかしげに顔を出します。 もうすぐ春ですねえ、ちょっと気取って、て、て、(スクラッチ音)が溶けて、川となって、山をくだり、タニーを走るうぅ(スクラッチ音)が溶けて、川となって…… 後半に行くに従ってBPMを増してってください。 150くらいにしといて、速いんだけれども、一気にテックハウスっぽいビートにぶっこんで、オオ牧場はミドリの...

  • 4
  • -

special moon

DP2 Merrill / 30mmf2.8 そうして、日が暮れました。 キリ良いところまで仕事をして、さあ引き上げようかなと思ったら、「月がとってもきれいですよ」とのお知らせ。 ちょっと外を覗いただけでは見えなかったので、川べりに移動してみると、まばゆいほどに明るいではありませんか。 今日はほとんど、太陽と月が交代した、そんな感じです。 対岸のコンビナート地帯がわが街。...

  • 0
  • -

今度こそ夕焼け

DP2 Merrill / 30mmf2.8 やっと夕焼けにありつく感じです(ちょっと横に移動してみた)。 あー、綺麗。 僕の心の悪い部分を焼き尽くしてくれねえかなあ。 そういう意味では仏様に手を合わせることと変わらないと思いまするので、昨日読んだ本を紹介したいと思います。 創元SF短編賞受賞作であるところの「天駆せよ法勝寺」(amazoooonに天駆します)。 受賞作として紹介されたのを見て、ウワアこれ読みたいと思っていたら、...

  • 0
  • -

赤熱せし水門施設

DP2 Merrill / 30mmf2.8 赤すぎて、この後大爆発しそうな眺め。 ああ焔燃えさかる星よ。 近くは太陽、遠くはベテルギウスに、その核融合の赤色を求めん。 こまさんは中二病なんですか。 ということですが、前回の巨樹の写真においては「気持ち悪い」との絶賛を頂いてしまいました。やったね! このブラックなお正月を中和するためにも、やはり春の壮麗な大桜の図が必須なのだなあと思われました。...

  • 2
  • -

巨樹を訪ねる 鹿島神社のやどり木

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR / FA35mmf2 2019年になり、さて巨樹初めはどこにすべきか……もちろん考えます。 しかし、有名な神社仏閣に巨樹を訪ねに行くということは、この場合、自滅行為。 to-fuさんと動こうとなったのは1月3日、まさに初詣真っ盛りです。 有名どこに固執していたら、我々はその日ずっと小型テレビで駅伝でも見て車中の人で終わっていたでしょう。 行く前からそうなることが...

  • 4
  • -

tide & wind

K-7 / SMC Takumar 105mmf2.8 今日は、拾い物は何もなかった。 雪も一瞬で消えてしまったし。 それでも、こうして写真だけは何枚か撮れた。 それならそれで、まあいいか。...

  • 0
  • -

砂丘上虚弱植生

K-7 / SMC Takumar 105mmf2.8 基本的に殺風景。 ああ、巨樹とは対極に位置するような名もなき植物群が、強く、弱々しく生きているね。...

  • 0
  • -

巨樹を訪ねる 雷電神社のモミ

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 福島県南会津町、冬の巨樹探訪も、日が傾いてきて最後の1本になります。 ……ああ、わかります。 写真を見て、この樹、本当に巨樹なの? って、そう思いましたよね? ほんとにモミという樹種は。 しかし、こう苦情を書くということすなわち、モミの巨樹というカテゴリーにおいて「すごい樹」の高ランクに位置しているということの証。 いや、それは全く当方の勝手な価...

  • 4
  • -

ガベッジ、スラッジ、スラグ、タイド

K-7 / SMC Takumar 105mmf2.8 冬の海風の中で異様な凄みを見せる我が町のゴミ焼却場。 まるで海の中に突っ立って撮ったような写真ですね? どうやったらこういう写真になるんですか? 海の中に突っ立って撮ると、こういう風になります。 波をひっかぶりませんか? 長靴の中に水がどばどば入って、ズボンがずぶ濡れになりました。 真冬で、ハワイでもないのに、馬鹿みたいじゃないですか? 海は、狙いすましたようにでかい...

  • 2
  • -

雪は降ったが、もう無い

K-7 / SMC Takumar 105mmf2.8 朝、雨戸を開けたら意表を突いていちめんの積雪! 1年に1度あるかないかの雪の日です。 これはもう写真を撮りに行かないとね、ってことで、朝ごはんをゆっくり食べた後、3分で支度して、海へ出かけました。 雪なんかどこにもなかった。 風が強く、すぐにすさんだ気持ちになりましたが、写真を撮ったので見てくださいね。 やはりこのカメラは只モンじゃないな。 ただ撮ってモノクロにするだ...

  • 0
  • -

巨樹を訪ねる 下塩江五本松(田島の五本松) 再訪

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 福島県下郷町の八幡のケヤキを再訪した流れで、やはりどうしても再訪したかった巨樹がありました。 それが、大ケヤキから下って1時間ほど西へ進んだ南会津町にある、こちらの五本松です。 最初から、この2本の再訪はセットで考えていました。 道沿いにそびえているので、ストリートビューでも確認できて位置断定が楽ですし、もちろん走っていけば堂々と視界に入ってき...

  • 4
  • -

雪山を眺めてひと息つく

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 茫とした雪山。 こうした写真を撮って、ちょっといい気分になれるようになってしまった。 気温は零下2度くらいでしたが、あまり寒くないように感じ、今写真を見ても、どこか気が安らぐ感じがします。 狛氏には珍しく、朝から晩まで頑張って働く日々を過ごしています。 忙しいっていうとあれかな……ドタバタしてるイメージですが、むっつりと一日中机に向かっています。...

  • 2
  • -

巨樹を訪ねる 青龍観世音堂のヒノキ

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR ちょっと衝動に従ってしまったせいで、実際の道順と異なった順序での掲載になりましたが、南会津巨樹行、今回の1番手は、実はこちらの樹でした。 南会津地方自体は前にも出かけたことがあったので、他にはどんな樹があるのかなー、と事前リサーチを行っていると…… えっ、ヒノキで目通り幹周7メートル!? と、ちょっとびっくりするような数値で目を引いてきたのが、こ...

  • 4
  • -

初めて来た、懐かしい土地

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 福島県天栄村。 ここはまだ乾燥してますが、下郷の方へ峠を登りだすと途端に雪景色に変わる、登り口の村です。 そのせいか、どこか山影が落ちている感があり、道の駅にはゆべしと酒饅頭ばかりが目立ちます(うまい)。...

  • 0
  • -

ぬるくて、栄養たっぷりの潮騒スープ

DP2 Merrill / 30mmf2.8 昨日はお休みにして、特にゆっくりしてやろうというテーマを設けました。 能動的に何もしない、ということで、海まで出かけて行き、波音が聞こえるようなところに車を停め、おにぎりと味噌汁を食べた後は、もっぱら読書。 2月になったのにとても暖かく、陽が当たっていると暑いので、リヤシートに移動して読んでいるうちに、うたた寝。 いかんいかん、これではただ寝ているだけでテーマを達成できない...

  • 2
  • -

さようなら、こんにちは

DP2 Merrill / 30mmf2.8 朝から夕方写真。 鴨が帰ってゆくよ……もう僕もおうちに帰ろう、なんて、朝から思わせてしまってごめんなさい。 佐原の夕方写真、個人的に好きなので、もう少し載せると思います。 シグマさんの発色は最初からいかれてるという評価ですが、こうした淡い色やグラデーション表現においては、なかなか良いと思えることもあります。 何年前に買ったのかもう忘れましたが、こうして長く遊べるところは良いで...

  • 0
  • -

茫洋として

DP2 Merrill / 30mmf2.8 ぼんやりと、淡い色で。 けれど、見る間に移りゆく。 色々な土地に行くと、うちの方は気候が穏やかだなあと改めて感じます。 でも、写真撮りである以上は、冬には冬の情景を撮ってみたくもなるわけで。 今年は会津など雪のあるところにも出かけたので、ちょっとだけ心が豊かではあります。 白鳥を見ると、いっぱい越冬に来ていたあの堰のことを思い出します。 仕事を辞めてから、向こうの方面には全...

  • 0
  • -