Archive: 2015年03月  1/1

アブストラクト・モーニング

MX-1僕のカメラは時々こういう写真を残している。...

  • 4
  • -

百年をきざむ

K-7 / CZJ Flektogon 20mmf2.8大きな樹。ずっとそこに生き続けている、動じない命。彼らの元をたずね、身近に感じてみたいと思いました。この大きなタブの樹も実に逞しいのですが、これは実は子供の樹。このそばにあるさらに大きな樹から飛んだ種が、こんな風に育ったとおぼしきものなのです。親の樹も、そのうち載せましょう。...

  • 0
  • -

ソーシャル・シャドウズ

LX / XR RIKENON 50mmF2 L / Presto1600影が無いなんて、ヴァンパイアなんてすぐにバレてしまうわけだよね。市場ってのは敏感なもんで、そうなって需要が見込めるとわかったら、すぐに影を偽装するモバイル機器が開発された。安価なものはアマゾンでも売ってる。よく観察しててみな。……ほら、さっきのあれ、ちょっと怪しくなかったか?...

  • 4
  • -

新しくなれないものたちよ

LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / HP+ 400DP2 Merrill / 30mmf2.8僕がこの街を離れていたのは、実際かなり長い年月ではあったのですが、再び此処へ帰ってきて自分の脚で歩いてみると、意外なくらい、色んなことを忘れていないのだということに気付きます。忘れていないというのは多少正確ではなくて、忘れてしまっていたものを、また思い出したのかもしれない。不必要だと思って忘れてしまったものが、突然、現実として再び目の前に...

  • 4
  • -

叫べども、海

K-7 / smc-m 150mmf3.5彼はその時いったい、何を叫んだろうか。何にしても、海は全てを飲み込んで、微塵も動じはしなかったろう。地表の7割は海で、その深さの平均は3700メートルです。...

  • 2
  • -

足跡は残る

K-7 / FA 35mmf2人間は記憶の生き物だ。記憶力が良いということは、その根幹がしっかりしているということだけど、同時にそれに寄りかかるということでもある。かつ、それがまっすぐ立っているとは限らない。だから鏡が必要なんだな。...

  • 4
  • -

雨の海に向かって走れ

K-7 / FA 35mmf2この海野郎! と、僕。どだぱぱぱ……と、海。...

  • 2
  • -

雨の海

K-7 / FA 35mmf2しゃらら……と、硝子めいた音とともに、満ちた波はまた引き返す。僕の退避は、失敗に終わった。...

  • 0
  • -

雨の海

K-7 / FA 35mmf2ざざん、逃げろー、って、誰もいない雨の浜で、ひとり。...

  • 2
  • -

コンバンハ

MX-1いっしょうけんめい働いて帰ってくるので、家ではゆっくりしたくてたまりません。自分で喰いたいものを作って喰い、楽な格好に着替えて、読みたい本を読みます。自分には好きな本を何度も何度も読んでしまう癖がありますが、そういうのって建設的なんだろうか。何が何でも読んだことのないのを買って読み進んで行った方がタメになるのだろうか。まあ……今読んでるのは書き手が存命の部類だから、まだいっか。...

  • 0
  • -

冬は雨の中に立ち去る

MX-1毎年、夏の終わりには無様にしがみつくくせに、冬の終わりには全力で手を振ります。バイバイ、バイバイ!早く行けよ、寒いんだよ、おまえはよ。まあ、そう無碍にするのも可哀想だからって、ひとつだけ冬のいいところを見つけてやるとすれば、ストーブで煮込み料理ができたことかな。まったく、コトコトとね。...

  • 2
  • -

カミもホトケも

LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / HP+ 400神仏習合。御岩神社はまさにそんな感じで、神も仏も同じ山で参拝できるという独特のスタイルです。修験道や密教では、他教の神は仏の一側面であるというような強烈な解釈でものすごくたくさんの信仰対象が生まれた、まさにその現地。神だけでも188柱が祀られているとのことですが、山岳、その通り、多くは背後の山を登りながら詣でることになるので、冬期は危険が伴い、閉山中でした。そ...

  • 0
  • -

巨樹に神霊は宿る

DP2 Merrill / 30mmf2.8LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / HP+ 400巨樹巨木を訪ねるのが好きです。これは、御岩神社の御神木、三本杉です。ここへ来てみようと思ったのもこの杉の写真を見たからですが、御岩神社そのものも、東国でも指折りの霊場として名高いそうです。...

  • 4
  • -

そして霊場へ

DP2 Merrill / 30mmf2.8大洗水族館で鮫を満喫した我々は、遅い昼飯に何を食べようか、例のごとく知らない土地で何も調べていなかったので、行き当たりばったり。助手席でスマホで調べてもらい、走りながら探します。こういうの、ラリーのドライバーとコ・ドライバーみたいで、ちょっと楽しいですよね。一時間後、ちょっといいお肉を食べたら思ったよりぐっときてしまい、牛を弔う気になったのか、さらに一時間後、我々は霊場にいま...

  • 0
  • -

シャーク・アタック

LX / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / HP+ 400DP2 Merrill / 30mmf2.8自分はもう来世に賭けるしかないのだと確信する眺め。...

  • 4
  • -

4年

ESPIO mini / 32mmf3.5 / Acros100近所では追悼集会が行われていた。防潮堤も、ようやく見える所で着工された。その時間にサイレンが鳴って、皆で黙祷した。海が好きです。二度とあんなことが起きませんように。...

  • 0
  • -

大海洋へ

DP2 Merrill / 30mmf2.8無数の命が描く、嵐のような紋様。...

  • 0
  • -

モノクロ水族園

DP2 Merrill / 30mmf2.8我々は、色々な生き物を見た。これは、彼等の岩山を掃除されている間、必死の思いでぷかぷかガラス面へと逃げてきたヱトピリカ。...

  • 0
  • -

トンネル・エフェクト

K-7 / smc-m 150mmf3.5番組「モノクロ水族館」の途中で恐縮ですが、昨日は無闇に走ってみたくなり、衝動に任せて、今度は千葉県をぐんぐん走ってきましたよ。季節の変わり目のあいにくの荒れ模様、あまり写真は撮れませんでしたが、見たことのない風景を見に行くというのは、やはり良いものです。しかし、千葉ってのも広い!自己最長運転記録更新、一日で430キロに達しました……。後ほど、つぶつぶと載せていきたいと思います。...

  • 0
  • -

海とホットドッグ

DP2 Merrill / 30mmf2.8ストロー刺しゃあ良かったな。うっかりと旅の時系列を乱してしまいますが、大洗水族館にまろびついて我々がまず向かったのは、迫力の大海洋水槽でも無迫力のみじんこ展でもなく、フードコートでした。朝飯を抜いて走ってきましたが、途中、開店直後の茨城物産を扱う店等を覗くも、おこうこと新鮮野菜くらいしか無く、いくら良いものが安いからと言って、生の大根や人参を運転しながらばりばり食うわけにもい...

  • 0
  • -

エクストリームみじんこ

DP2 Merrill / 30mmf2.8……いやね、前回何で蛸だったのかと言うとですね、休みの日に、大洗水族館に行ったんですよ。あれは近海で獲れたミズダコで、体重が36キロもあるそうな。重要なことなのでここで書いておくことにしますが、大洗水族館で飼育されている生き物の大部分が地元茨城の海で獲れたものです。ご立派!大変真面目な水族館で、企画展「プランクトンの世界」を楽しみに見に行くも、あまりに内容が学術的すぎ、おつれは...

  • 2
  • -

お姫さまは棘だらけの草を素手で……

DP2 Merrill / 30mmf2.8いわゆるクレーム処理の仕事で、お客様のおうちに謝罪と修理にいかねばならず、元来気が小さいもので、自分を落ち着けるために、ちょっと手前のコンビニで車を停めました。ラジオのJポップがうるさすぎる、もう少しでカー・オーディオを引きちぎって窓から捨てるところで辛うじて踏みとどまり、聴いたことのない局にダイヤルを回す。……おはなし、でてこい。あらまし。悪い魔女に呪いをかけられた11人の王...

  • 0
  • -

雨のち、晴れ

MX-1昨日は雨。家の掃除をしたり、現像をしたりで午後になってしまいましたが、ちょっと歩きたくなってしまったので河原を流してみたら、激しく降り、ズボンがびしょびしょになってしまいました。まあそれでも良し。夜は嵐のような風。実家で父と「ゼロ・グラビティ」を見、母と「風立ちぬ」を見ました。一転して朝は晴れ。めまぐるしい季節です。...

  • 0
  • -

緑色の夜

MX-1季節の境目は、緑色の霧に煙る。...

  • 2
  • -