Archive: 2008年02月  1/1

鯔一盛五百円

Pentax MZ-3 / smc-m 50mmf1.7 / DNP Centuria200ボラの最大にまで育ったものをトドと呼び、ここから出たのが「トドのつまり」という言葉である。へー。ボラ、安いっすね。太刀魚も安い。...

  • 0
  • 0

夕闇の魚屋

Pentax MX / CZJ Pancolar 50mmf1.8 / SP400...

  • 4
  • 0

白熱

Bessaflex / ТАИР-11А 135mmf2.8 / Kodak BW400CN小さい頃、太陽眼鏡という黒い板があったけど、あれを思い出した。...

  • 0
  • 0

自分向きの焦点距離とは?

Pentax MX / Kino Kiron 28mmf2 / Fuji SP400……そういうタイトルをつけているということは、たくさん撮る写真のデキに満足していないということなのですが、実は、結論は出ています。自分に合った焦点距離のものを探すんじゃなくて、もういい加減色々持ってんだから、好きな描写のレンズの焦点距離に自分を合わせりゃいいんです。こう、28ミリじゃなくて35ミリだったらなあ、とか思っちゃいけない。一歩二歩前に出れば済むこと...

  • 6
  • 0

あわや鳥まみれ

Pentax MX / smc-m 50mmf1.7 / DNP Centuria400空地双方から押し寄せるトリ。果敢にそれらを撮ろうとする人たち。その人たちを撮ってみる僕。...

  • 3
  • 0

西のほうから

Bessaflex / ТАИР-11А 135mmf2.8 / Centuria 100かくなる上は猫写真を。そりゃっ。……なぜこんなに渋い。...

  • 5
  • 0

雪の日 3

Fujica ST801 / EBC Fujinon 135mmf3.5 , 55mmf1.8 / Kodak UC400ジャケット、帽子、手袋、ブーツ。出来る限りの装備で歩いていても身体の芯が冷えてきます。雪から守ろうとバッグに入れたカメラとレンズは温度差で結露し、びっしょりと濡れていました。でも、タオルを持っていなかったので、そのまま撮ります。それでも当たり前のように動いて、ちゃんと撮れてる。この着実さが嬉しい……なんてことを考えながら、雪の上に足跡をひ...

  • 2
  • 0

雪の日 2

Fujica ST801 / Pentacon 29mmf2.8 , EBC Fujinon 135mmf3.5 / Fuji Natura 1600水蒸気で煙る神田川。掛け値無しに寒くて嬉しくなるほど。当たり前だけど、人っ子ひとり、猫の子一匹もいず。入っていた1600を撮り切ったので、水神社の軒下を借りてフィルム交換。なんだか、とてもありがたい。雪の勢いは増すばかり。...

  • 4
  • 0

雪の日 1

Fujica ST801 / Pentacon 29mmf2.8 / Fuji Natura 1600休みの日の朝、雪が降り始めた。なんだかいても立ってもいられなくなって、カメラをつかんで外に。東京の雪景色なんて滅多に撮れないから、なんていうよりは、自分のスナップに対する根性を試したくなったのかもしれない……。なんて、その後熱を出したのは内緒です。...

  • 2
  • 0

油貯槽

Pentax MZ-3 / Sigma EX DG 28mmf1.8 / DMP Centuria 200西日の中にたたずむインダストリアルな物件(?)です。こういうものを撮るのも好きです。...

  • 4
  • 0

階段猫

Pentax MZ-3 / A.Schacht Ulm Travenar 50mmf2.8 / DNP Centuria200荒川沿いで出会った猫たち。兄弟か師弟か、という彼らの関係を考えてみますが、文字通りの上下関係というには下の方のが太そうな面構えですネ。(右側の茶色いのは柵が写ったもので、カメラが壊れてるわけではないのです)...

  • 4
  • 0

植物

Pentax MZ-3 / A.Schacht Ulm Travenar 50mmf2.8 / DNP Centuria200この、よせあつめ植物による園芸の、ゆるい浄化作用よ。おお。...

  • 0
  • 0

pills

Bessaflex / CZJ Flektogon 35mmf2.4 / DNP Centuria 200白黒ばかりが続いたので、カラフルな写真を。……毒々しい?...

  • 4
  • 0