Tag: K-1  1/58

巨樹を訪ねる 高沢の開山スギ

K-1 mark2 / HD PENTAX DFA 15-30mm f2.8 ED SDM WR / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR コロナの禁が解けた暁には、その鬱屈を一撃で解消してくれるようなインパクトある巨樹に会いに行きたい。 そう願って自粛生活を送り、一応、緊急事態宣言は解除されましたが、いまだ県をいくつも跨ぐような遠征はすべきではない雰囲気……。 近くて、凄い。そんな都合良すぎな巨樹あるわけが……いや、ありました。仙台市から1時間半...

  • 0
  • -

リハビリが、必要、だ

K-1 mark2 / HD PENTAX DFA 15-30mm f2.8 ED SDM WR いざ県境超えの制限もなくなり、活動再開……なんですが、やろうとすると、ぱっとしないことに気づきます。 体力が低下しているのもありますが、思いのほか意欲が低くなっているらしく、こいつはやばいなと。 危機的状況下の経済感が普通になっているようで、総合的に視野が狭くなっている。狭い狭い規模の生活に適応してしまったのか……。 対コロナ禍の手続きの山に地続きな決...

  • 4
  • -

巨樹を訪ねる 長久寺のまるみがや

K-1 mark2 / HD PENTAX DFA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 緊急事態宣言が解除され、ようやく新たな活動を再開できる運びになりました。 ……ということで、まずは宮城県。 宮城県中北部に横たわる、鳴子温泉とこけしの大崎市。市街地からさほど遠くないところにマルミガヤの巨樹を訪ねてきました。 「長久寺のまるみがや」です。 いくつかの変種をもつカヤですが、同じ大崎市の「祇劫寺のマルミガヤ」に続いてまたもやマルミガヤです...

  • 2
  • -

推進しましょう

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR とりあえず積み作業はひと段落したと見て(自己判断)、今日は少し離れた視点から考えてみたいなと。 そりゃあコロナ害がまだ続くでしょうし、この先どうなるかわからんですよ。 しかし、だからといって不安に駆られるのが良いとも思えない。 不安なイメージを強く抱いているとその未来が手に入ってしまう。人間が本来持つ「夢を実現する力」が遺憾無く発揮されるわけで...

  • 0
  • -

自分のことは自分できめる

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 高速道路の休日割引も復活するらしく、ありがたいです。 行き来も生活のうち、仕事のうちなのです。 そういえば、先日蛙サンの写真を載せましたが、これまで2名ほど、死ぬほど蛙が嫌い・怖いという人に出会ったことがあります。 世の中にはいろんな感性があり、ちょっと同調しにくいものもありますが、もうほんと蛙の鳴き声も嫌(「蛙飛び込む水の音」すら嫌)ならイラ...

  • 4
  • -

夜明け

K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR 4:19。 田んぼ生まれと思しき透明なマイクロ小虫がいるので窓と網戸を閉めたまま撮影したら、へんてこ網戸フィルターになりましたが、これはこれで。 昨日は大変久しぶりにやりたいことをやるために県境を超えました。 けっこう気合の入った巨樹を撮り、神社をお詣りし、寒河江チェリランでドネルケバブサンド(寒河江と言ったらケバブ、トルコ人のおっさんがまるで日本...

  • 2
  • -

巨樹を訪ねる 静のむくの木

K-1 mark2 / HD PENTAX DFA 15-30mm f2.8 ED SDM WR 「常陸国二之宮」として知られる茨城県那珂市の静神社。 そのすぐそばの小さな稲荷神社にムクの巨樹があり、訪ねたのは2016年の7月。 いろいろあって記事にするのが遅れていましたが、その間にも巨大台風やら豪雨やら経済の混乱やら、ずいぶんたくさんの脅威が襲いました。 老樹ゆえ、単にその時の写真を掲載すれば事足りるだろうとは思えず、コロナ禍が鎮まったのを期に再...

  • 0
  • -