2018/12/09//Sun.
瑞鳳殿近くの色付く木々(と古いレンズ)
sendai1834.jpg
K-1 mark2 / CZ Ultron 50mmf1.8

 伊達政宗公のお墓である「瑞鳳殿」に向かう道すがら。

 仙台行きに嬉しくなってしまって、いつものお道具だけでは勿体なく思いました。
 シグマさんでは結局1枚も撮らなかったけど……まあそういうもんさ。
 M42スクリューレンズはどうしても持ち出したく、色々迷いましたが、結局凹みウルトロンは外せません。
 後から考えてみれば鞆の浦でもコレでしたね……。 

 うっわ、難しい! というのが久しぶりの感想。
 超便利なデジタル専用ズームレンズとAFに慣れつつある身に、50ミリ単焦点のマニュアルレンズがお灸を据えてくれます。
 ピント面はかなりシャープで、フルサイズデジタルで撮っても良い案配に見える。
 今年満50歳のレンズがこの写りとは、すごいことだぜ。

続き...
2018/12/04//Tue.
永遠なるものの雅/ボヘミアン・ラプソディ
sendai1808.jpg
K-1 mark2 / CZ Ultron 50mmf1.8

 瑞鳳殿。伊達正宗サンのお墓。
 実際見学してる時から、なんかロックだなあ……と思っており、フレディを合葬してほしいくらいだ。
 正宗サンは迷惑かもしれないけど、けっこう似合うと思うんだ。


 今朝、わが母から依頼があり。それによると。

 「昨日は休みだったので、おとうさんと映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行ったのだが、これがひどく素晴らしかったので、今日もう一度絶対に観に行く。
 ついては、9時50分の一回目の上映に間に合うように送ってくれるなら、あんたにも映画をおごってやる……ていうか、あんたも絶対観なさい。観なきゃバカ」

 忙殺されてる状況ではないし、僕としましてもクイーンは好きで、つまり観たい映画なので、行きます。
 (クイーンを聴きながら魚津まで走る話はこちら
 しかしそれを朝8時半すぎに言うの、どう? 映画館まで片道40キロあるよ?
 母の化粧がまだとか、案の定出るのが遅れ、キリキリ川っぷちの道を飛ばしてって、「ストップ映画泥棒」のほんとに直前に着席。

 ……よい映画でした。
 ぼーっと生きてんじゃねえよ、とチコサンも言ってるが、まさにね。
 命を燃やして歌われる名曲の数々、ほんと好きな曲ばかりだ。
 ライブエイドのシーンなぞはほんとに全身に力が入ってしまい、涙を噛みしめるしかない。
 僕はなぜかレディオ・ガガのところでもう耐えられなくなりました。
 レーディオ! とか叫んで号泣しそうになったよ。やばいよ。
 母も隣で泣いていたよ。拍手してるお客さんもいたよ。

 クイーンの曲、フレディの歌声は、ほんと永遠だと思います。
 ぜんぜん古くならないし、いつ何度聴いてもすごくかっこいい。
 無駄に生きていい時間なんて無いんだな。

2018/04/24//Tue.
踊りつつ、喪に服す
tomonoura1733.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8

 レスト・イン・ピース。
 ってな。


続き...
2018/03/14//Wed.
西日本長距離車旅 夜の高山市2
gifu1788.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8

 引き続き夜の高山市の街並みを歩きました。


続き...
2018/03/13//Tue.
西日本長距離車旅 夜の高山市1
gifu1787.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8

 すっかり夜になりましたが、古い町並みの残る高山市内を歩いてみようと思い立ちました。
 もちろん観光地化していますが、規模が大きく、見応えがありました。


続き...
2018/01/03//Wed.
西日本長距離車旅 兵庫から奈良へ
setouchi1702.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 5時前に目が醒める。今朝もフォレスターの荷室で。
 しかし寝心地はとてもよく、背中とか腰が痛いなんてことは全然無いし、疲れもほとんど取れていると思います。
 一泊ちゃんとしたホテル泊を挟んだので、もう車中泊には戻れないかと思いましたが、大丈夫でした。
 この質素さがたまらない感じがありますね、車中泊は。


続き...
2017/12/31//Sun.
今年ももうおしまい
IMGP6007-2.jpg
K-1 / CZ Ultron 50mmf1.8

 今年を振り返ると、とてもいろんなことが起こり、ものすごく慌ただしい一年でした。
 人生のうち絶対に起きて欲しくなかったことの、ワースト4からワースト8くらいまでが今年実際に起きてしまったし。
 (ちなみにワースト1は自分が死んじゃうことで、ワースト2は死ぬほど苦しい病気や怪我になりながらも死なないで生きてることで、ワースト3は家族が死んじゃうことなので、そういうのはなくて良かったです)

 それでも何とかこうして大晦日にとしこしソバを食っていられるのは、その都度胸のうちを書き付けることができ、読んでくれる皆さんに声をかけてもらえたからだと思います。
 これって、実はとても贅沢なことだと思って。
 無様にあがいて生きていますが、来年もいろんなところへ行き、いろんな写真を撮り、いろんなことを考え、何とか生きて行こうと思います。
 その中で、「何とか生きてる」だけじゃなく、1ミリでもいいから人間的に成長できるように頑張ります。
 人間的成長の単位って「ミリ」なのかな、わかんないけど。「ミリリットル」かもしれねえ。

 ワーストの数々は実際に起きてしまったので来年はもうネタ切れでしょうから、面白いことばかり起きてくれる1年、2018年だといいな。
 ここにもそういう写真や、記事を載せたいものです。

 旅日記は年内に終わりませんでしたが、なに、当初の想定通りです(笑)。
 お正月に原稿書きを楽しみます。
 では、来年もどうかよろしくお願い致します!

 2017年末の狛

[TOP] next >>



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

DP2Merrill 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
FA35mmf2 
OtherCamera 
Flektogon20mmf2.8 
smc-m20mmf4 
smcTakumar105mmf2.8 
K-7 
MX-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
OptioA30 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
Pancolar50mmf1.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//