2018/12/31//Mon.
良いお年をとようやく言えます
aizu1806.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 今年も、残すところあと……変な映画1本見ることができないくらいにはなってきましたね。
 自分の状態が良くないと、他の人に「良いお年」をなんて心を込めて言えないもんさ。
 しかし今年はようやく言える。今年の年末は、なんかいいぜ。

 今年もまた、いろんなとこへ出かけては変なことをし、写真も(も?)撮ってくるという1年でした。
 来年もきっとそんなことをするでしょうね。
 じゃあね、終わり。 

 ……うーんと、じゃあ、来年の抱負。
 ここ何年もの間、据え置きになっております抱負、「きたない言葉を使わない」ですが、これはまた持ち越しです。
 来年は、ちょっとまた文章をやってみたい、と、この年の瀬に実際唐突に思い立ったので、書きたいことを書きたいように書くようにします。
 守ってらんない!

 そういう感じで、本年も大変お世話になりました!
 来年も皆様のブログから色んな刺激をいただきつつ、自分も楽しく活動していきたいと思っています。
 では、良いお年を!


2018/12/30//Sun.
こたつむりの一生
aizu1805.jpg
MX-1

 世間周囲を見回しても、いろんなところから年末感が溢れ出てしまっていますね。
 うちのお手洗いには3日めくりのことわざカレンダーが吊るしてあったんですが、ばあやが日にちをわかんなくなってベリベリ切って捨ててしまい、27日時点ですでに大晦日になってました……。

 掲載のことわざ:「立つ鳥後を濁さず」

 いや、「覆水盆に返らず」の方がいいんじゃねえの?
 とか思うも、このカレンダー、あんまりロクなことわざ載ってなかったような気もします。
 新しく覚えたことわざといえば、そうだなあ……

 ことわざ:「人の牛蒡で法事する」

 ですかね。
 「人のストロボで写真を撮る」ともいう。


 年内の仕事も、まあこんなもんだろ、と見切りをつけたので、今日はのんびりとおこたに当たって、書き物や読書や映画鑑賞なんかに時間を使っています。
 え、写真? これ? 寒そうでしょ。笑

 年賀状は急がなくても許してくれる数名の方々には書きたいと思って、なんか絵をでっち上げるつもりです。
 真弓山の巨樹までの道中が酷かったので記事にしたいのですが、間に合わないので、お正月特番になりそうです(急いで間に合わせるとは言わない)。
 他にも、仙台界隈の巨樹とか、南会津の巨樹とか……。
 それにしても、こたつって、なかなかこれ以上の発明ってないよなあ、漢字難しいですけどね。 


2018/12/29//Sat.
今年買ってよかったものBEST5
 さあ、今年もやってまいりましたよ、年末特別企画!
 別に掲載ネタに困ってる訳じゃないけど面白そうだからウチもパクって 年末空気にあやかって、BEST BUY2018をやってみたいと思います!
 さあ、今年はどんなかな?
 (こういう司会進行が下手くそ)





第5位 ツーリングマップル

hitachinaka1805.jpg

 今年は(も?)色々な地方に出かけて行きましたが、目的が目的、趣向が趣向なので、車と仲良しです。
 道、道中というものを楽しめなければ、何時間・何百キロにも及ぶ遠征は辛いだけ。
 そこで色々とイメージを膨らませるのですが、「ツーリングマップル」は、道自体の魅力がたっぷり詰まった地図で、強い味方となってくれました。

 混雑や走りやすさなどの情報はもちろん、道沿いのグルメや眺望などについてもいっぱい書かれているので、読んでいるだけでも楽しい。
 活躍してくれた北海道版に続いて東北版も購入、おそらく四国も買いますね。
 これを見ていたことでライダーさんに話しかけられ、車乗りでありながら胸にする思いは同じということで仲良くなれたという、嬉しい出来事もありました。


続き...
2018/12/28//Fri.
巨樹を訪ねる 真弓神社の爺杉
mayumi1810.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 地元ゆえ、茨城県の巨樹について代表的なものは大体訪ねた気でいました。
 あれも行った、これも撮った……なんなら、お気に入りは二度三度と会いに行った。
 このような状況、自慢して良いものか?
 茨城は広く、巨樹の巷はなおさら深いことをこの数年で知りましたが……とは言え県内ではこれ以上未知の衝撃は得られないのではないか?
 そんな葛藤がくすぶるようになっていました。

 遠出は毎回面白く、今年は北海道まで行ってしまいましたが、一番望ましいのは、住んでいる地元にまだまだ魅力的な巨樹が発見されることです。
 その願いを捨てるわけには行かず、遠征の合間合間に茨城の情報も探り続けてはいたのですが、なかなか……。
 と、そんな折、その巨樹は唐突に存在を明らかにしたのです。

 巨大な杉で、幹周囲は10メートルを超えるらしい。
 それが確かならば、茨城県内ではほぼトップの巨大杉ということになるが、普段参照する書籍にも、探訪数6000本を誇るという凄い巨樹おじさんのサイトにも載っていない。ざっと探した限りでは、巨樹写真の大家・高橋弘さんの言及も見られない……。
 一応、県指定天然記念物指定は受けているようで、茨城県のサイトにちっぽけな写真がありますが、他は訪問したブロガーさんたちの記事に情報を頼るしかない。
 大きさとは裏腹、他の巨樹たちよりも埋もれた存在と言えます。

 こんなものがまだ眠っていたとは……。
 ミステリアスな存在感に身震いを禁じえず、まさしく居ても立っても居られなくなり、道具をひっつかんで車に乗りました。
 走る先は、常陸太田市。
 「真弓神社の爺杉」です。

続き...
2018/12/27//Thu.
年の瀬感のおてがみ
narita1875.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 新年までに記事にしたい写真やアイデアが転がっていますが、もうこんな日が差し迫ってきてしまいましたね。
 みなさんのお仕事納めはいつですか?
 やり残したことはありませんか?

 こちらは、もうちょい地道な今年の仕事をしてから、この一年を振り返る記事をじっくり書こうと思います。
 これから寒波が押し寄せるそうですから、車で故郷に戻る方は十分にお気をつけて。
 お暇に感じたら、当方を覗いていただけたら嬉しいです。
 えっ、お年玉? お年始?
 いや、そんなの悪いですよ! ほんとお気遣いなく……いやほんとに!(チラチラ見る)


2018/12/26//Wed.
タスポがどっか行ったような人
narita1873.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 何事かを交渉中。


続き...
2018/12/25//Tue.
仙台でおいしいものを
sendai1835.jpg
MX-1

 12月頭の仙台行では、ぴよ社長さんにご案内いただけたおかげで、1日弱の滞在でとても多くの収穫を手にすることができたと喜んでおります。

 いろいろ美味しいものも教えてもらったんですよ!
 やっぱりこういうのは地方の人に教わるのに限る……旅人としては、「おいしいおもいをした」、ってやつかな? 
(ところで、「おいしいおもい」と言えばこれ。関係ないし、なつかしい)


 写真は、こうして撮ると雰囲気ある「ほそやのハンバーガー」のチーズバーガー。
 半世紀の間変わらぬ味という、老舗中の老舗です。
 ネットの情報を目にした時から、うわやべえ行ってみてえ……と、気になってしまったお店。

続き...
2018/12/24//Mon.
メリークリスマスと言ってごらん
aizu1804.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 「言ってみろ」の方が当方のいつもの感じですが、クリスマスだから「ごらん」にしました。
 なんか余計おっかない?
 今年は例年になくふんわりした気分なのよ、悪かったわね。


 @大内宿のおみやげ屋さん。
 大内宿の写真は多分モノクロで載せると思うのですけれど、この写真だけはカラフルだったので。
 屋根の雪のハイライトがぶっ飛んで、そこから変な次元に迷い込みそうになります。

 クリスマスなので、もっとこう、キラキラした光が綺麗な写真が良かったのですけど、探しても見つかりませんでした。
 そういうのもあったら良かったのにな、と、ちょっとだけ思いました。


2018/12/23//Sun.
身構える成田山新勝寺
narita1879.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 煤払いもし、あとは年末年始の大騒動を待ち構えるのみという面持ちの成田山新勝寺です。
 100万人くらい来るので嫌だ、絶対行かない、と書きましたが、すみません訂正します。
 新勝寺は3ヶ日のみでの人手を300万人と見込んでいるそうです。
 これは全国で第2位の超高密混雑。災害級ハイパー芋洗。マッシュポテトになってしまうぜ。

 (1位は明治神宮で317万人、成田山は309万人。
  いい勝負じゃないか! と一見思うのですが、その差は我々の市の全人口に近い)


 おかげさまで仕事で成田に行く身なのですが、6日に出動予定ができてしまいました。
 古い町のせいか、国道から各施設のアクセス計画が素人がシムシティで作ったみたいなレベルなので、6日といえど、どんな目に遭うかわかりません。
 寺は税金払わないだろうし、経済的損失の方がだいぶ多いんじゃないのかなあ。
 海が見たい。


2018/12/22//Sat.
北の国の南の方から
aizu1801.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 なんかばつぐんなタイトルを思いついたんだけど、寝て起きたら頭がスッキリしちゃってました。
 年の瀬気分がひたひたと迫ってきているわけですが、ゴーイングマイウェーしてるお仲間の気配を感じてしまったら、じっとしてられないじゃないですか(要は負けず嫌い)。

 早朝に出て会津方面に進路をとりました。
 もちろん巨樹行なので、前の晩に出て車中泊スタンバイし、早朝からアタックするのが一番なんですが、凍死したくない。
 凍死? するわけないでしょ笑、とおっしゃいますか。そうですよね、確かにそれは大げさだよね。
 君ならできるさ! ……って、いや、2300歩譲って、単純に辛い思いはしたくないよ。八甲田山じゃねえんだよ。

 ということで、その日のうちに収まるルートをなんとかでっち上げた。
 福島県南会津までがリーチ内であるとわかりました(当社調べ)。
 後は深く考えないでとりあえず行ってみるに限る。

aizu1802.jpg

 ……いやあ、やっぱり福島はいいな。
 ルート設定から、新規開拓は2件にとどめ、K-1で撮れていない印象的巨樹の再訪を2件という、実際玄人好みな内容となりました。
 しかし、峠を登ったらたちまち雪景色。
 通り道に大内宿があったので立ち寄ってスナップするなどの偶発イベントも(途中で大内宿に出くわすというルートは正解なのだろうか)。
 雪がなかったのは最初だけ、ほとんどがスタッドレス必須な道中となりました。


aizu1803.jpg

 帰り道の甲子の周辺が一番雪国してたかな。
 写真は、第一剣カツラ橋。
 雪の反射かギリギリ明るさがあったけど、剣カツラさんまでは雪深くて近づけないだろうと諦めました。
 一日雪の中に踏み込んでの撮影、何度も雪解けの水たまりにじゃぶじゃぶしたので、防水のトレッキングシューズも浸水してしまい、長靴の導入が急がれます。

 地元に戻ってくるとえらい違い。まだ秋を引きずってんのか、ここは?
 苦労も多いけど、ちゃんと季節を感じるのはとても気持ちいいことだと思いました。
 写真撮りも巨樹探訪も、通年やってるぞ! という達成感も得られて良かったです。
 (こんなことやってると、1年終わるって感じがしないなあ……。笑)


2018/12/20//Thu.
うなぎ川豊の風景
narita1876.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 成田山新勝寺の参道にある、有名なうなぎ店です。
 いつも大勢の人が賑やかにうなぎ職を営んでいます。
 時期になると大混みでとても入れない。
 各地の味というのはよくわからない小市民ですが、利根のうなぎはきっと美味しいと思います。
 来年も、回数多くなくても(川豊でなくても)いいから頂きたいものですね。


 ぼちぼち年末感が出てきて、今年を振り返っています。
 浮いたり沈んだりは今年もあったけど、色々やって充実したと思うし、この今の感じが心地よいと感じる、何よりそれが一番良いことです。
 そんな心持ちで来年の計画を立てれば、ちょっと良い次の年が迎えられるんじゃないかなとも思います。
 来年もよろしくお願いします。

 ……って、それはまだ早いか。さすがにね。笑


2018/12/19//Wed.
成田の年末気配
narita1878.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 最近また街の写真が増えてきました。
 ザッピングしちゃって、ややこしい?
 ……とも思うけど、いろんな街の写真をごちゃごちゃ載せてた頃に戻ったようで、悪い感じではありません。
 いろんなとこで拾い物してくるのは面白い。
 こちらは千葉県・成田市のこないだ(の続き)。

 
 早いもので、今年も残すところ10日ちょいということなんですね。
 見聞きするに、世間では独り身でクリスマスを過ごすことを嘆く風潮があり、自虐の俳句を詠んだり、不動産会社を吹っ飛ばしたりするようですが、元来そういうのに興味がない性格です。
 道路が渋滞するし邪魔くせえ、と思うのですが、ケーキや鶏を食べられるのはいいし、amazooonでプレゼントを買うのもやぶさかではない。
 それよりも、クリスマスの日に税金の納付と申告のために税務署に行かねばならぬらしい、この心境をどうしてくれる。
 マクレーン警部ならきっとわかってくれるよね。
 イピカイエー、マザファ(汚い言葉は自粛しましょう)


2018/12/18//Tue.
仙台のお土産を焼いたり食べたりした
hasaki1835.jpg
MX-1

 ピカァァァ……! みたいな。

 仙台のお土産に牛タン(しかも厚切り)をと思いましたが、考えてみりゃお取り寄せしても同じなんだった。
 ということで、昨夕はテラスに七輪を設置し、厚切り牛タンを焼いては食うという、やりたい放題をしました。
 途中、母が突然生木をくべだして燻製になりかける、ブツを焼く前にほとんど日が落ちる、機嫌が悪いばあやに雨戸を閉められる……等のハプニング(トラブル?)もありましたが、炭火で焼いた牛タンは最高にうまかったです。
 牛タンといえば餃子の皮めいたペラいのしか食べたことがありませんでしたが、厚切りはいいぞ!

 ジュー

 ジュウウ

 いいでしょ。笑

2018/12/17//Mon.
よき街、仙台
sendai1822.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 伊達政宗公のかっこいい騎馬像がある、青葉城(仙台城)址から。
 大きいけど綺麗な街だよなあと、遠目で眺め、改めて思いました。
 うーん、いい街。

続き...
2018/12/16//Sun.
巨樹を訪ねる 沓掛ノ大欅
bando1817.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 茨城県坂東市、沓掛(くつかけ)香取神社から2、300メートルほど進み、今回の坂東市の本命巨樹と定めた「沓掛ノ大欅」を訪ねました。
 シイやタブではなくケヤキが多いことからも、ここがもはや海風と無縁の地であることを再認識します。
 その中でもひときわ目立つ大きさを誇り、茨城の西側を代表する巨樹と言えるでしょう。


続き...
2018/12/15//Sat.
成田黒々
narita1871.jpg
DP2 Merrill / 30mmf2.8

 今日は成田方面にてお仕事。
 帰りにスバル自動車にオイル交換に寄り、皆さんに「距離すごいですね!」と言われて恥ずかしい思いをしに行く、それまで少しの間、成田山新勝寺の参道を撮りました。
 シグマさんの予備バッテリーを忘れたので、それが息絶えるまで少しの間。

 どことなくそういう気配がするけど、もう12月も半ばかあ。
 ということは、もう当分はここらには来ないということになる。
 年末年始100万人くらい人間が押し寄せるわけなので、絶対近寄りたくねえ。
 初詣は、ほとぼりが冷めてから、どこか気に入りの神社仏閣で静かにしたいものです。

 お気に入りの神社仏閣……どこかな。
 うわやべえ、パッと思い浮かんだの、白山中居神社だ。

2018/12/14//Fri.
巨樹を訪ねる 沓掛香取神社のケヤキ
bando1802.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 秋の茨城県巨樹キャンペーン(仮)、3本目からは坂東市にやって来ました。
 坂東市。県内ではありますが、太平洋側の住民としては日常生活上とんと縁のない……言葉で説明するのが難しいのですが、すぐ隣が千葉県野田市、野田市は細長く飛び出ているので、まごまごすると埼玉県春日部市。
 要するに茨城県の極まって東京側という土地です。

 同県と言えどさすがに遠く、すでに2つ巨樹を回ったのもあり、日は残りわずかになって来ました。
 実は、この坂東市沓掛(くつかけ)には別の樹を見に来たのですが、調べているうちに、ごく近所の香取神社にも立派なケヤキがあると知り、寄ってみることにしました。


続き...
2018/12/12//Wed.
自己満足の力学
sendai1821.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 綺麗な石組みだよねえ、と思って。

 いつの間にやら、旅記事をまとめたくなってきまして。
 「右手の方向をごらんください。右手に見えまするのが……私の右手でございます」
 という往年のギャグをやってみたら、あまりにもくだらなく、

 ブログのカテゴリー欄に、過去の主要な旅記事を時系列順に読める「何か」を作りました。
 そんなもの誰が読むんだ? って言わないで!
 いいんです、自分のブログがそれなりに便利にまとまってると嬉しいじゃないですか。
 あまり知られてないけど、この世界ってのは自己満足で組み上がってるもんなんだよ?

 長くやってると散らかってくるものですが、最近ちょっと元気になってきて、更新回数が2年半ぶりに20回/月を超えた、これは嬉しいことです。
 写真をいっぱい撮って、文章をいっぱい書くぞ。
 宇宙をゴミだらけにするために生まれて来たんだ。


 ・追記・
 スマホを右手に持ってスマホモードで見た場合このカテゴリーは表示されないよね、狛サンごくろうさま笑、とご指摘を頂きました。
 おかしいなあ、と、左手に持ち替えてもスマホでは表示されませんでした。
 わかってるって、スマッホじゃ表示されないんだろ? なんたってスマートだからですね。

 ごはんもおふろも済ませて、PCでおかしな紀行文をゆっくり読もう。
 ……PC持ってない? 今すぐ買った方がいいな。
 (機能よりそういうところを直してほしいです)


2018/12/10//Mon.
瑞鳳殿を見る
sendai1819.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 ここが仙台が誇る瑞鳳殿。
 ザ・装飾過多、ですが、黒が締まってかっこよさも感じましたね。
 細かいところを見ても造形がよくできているので、重厚感があります。
 人気の高さ、人出の多さはさすがの一言。
 思ったよりも空間的に広くないこともあり、なかなかうまく撮れなかったのが悔やまれます……。


続き...
2018/12/09//Sun.
瑞鳳殿近くの色付く木々(と古いレンズ)
sendai1834.jpg
K-1 mark2 / CZ Ultron 50mmf1.8

 伊達政宗公のお墓である「瑞鳳殿」に向かう道すがら。

 仙台行きに嬉しくなってしまって、いつものお道具だけでは勿体なく思いました。
 シグマさんでは結局1枚も撮らなかったけど……まあそういうもんさ。
 M42スクリューレンズはどうしても持ち出したく、色々迷いましたが、結局凹みウルトロンは外せません。
 後から考えてみれば鞆の浦でもコレでしたね……。 

 うっわ、難しい! というのが久しぶりの感想。
 超便利なデジタル専用ズームレンズとAFに慣れつつある身に、50ミリ単焦点のマニュアルレンズがお灸を据えてくれます。
 ピント面はかなりシャープで、フルサイズデジタルで撮っても良い案配に見える。
 今年満50歳のレンズがこの写りとは、すごいことだぜ。

続き...
2018/12/08//Sat.
巨樹を訪ねる 宿椎
sakuragawa1804.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 茨城県桜川市の「雨引観音」はどうやら有名なお寺のようで、ちょっとした山の上にあるのに、登り切ったところの駐車場にはたくさんの車が停まっていました。
 途中まではそんなこと想像もしないような山道なので、着いてみてびっくりです。

 ここでのお目当ては幹周囲7メートルを超えるスダジイ。
 「宿椎(やどしい)」という樹です。

続き...
2018/12/07//Fri.
壱弐参横丁、迂路雨露 2
sendai1815.jpg
K-1 mark2 / CZ Distagon 35mmf2.8

 迷路のような路地裏。
 きれいな街だと感心した仙台の真ん中に、よくこんな風景が残っているなあと思うような場所でした。
 エアポケット。


続き...
2018/12/06//Thu.
壱弐参横丁、迂路雨露
sendai1810.jpg
K-1 mark2 / CZ Distagon 35mmf2.8

 @仙台。
 壱弐参(いろは)横丁というところに連れてきてもらいました。
 こうしたごちゃごちゃしたところが好きであると、なぜバレてんだろう。
 しかも、どうして僕はクセだらけのスクリューレンズなんか付けてったんだろう。

続き...
2018/12/05//Wed.
巨樹を訪ねる 佐久の大杉
saku1801.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 杉は大変に長寿な樹種です。
 茨城で最も秀でた老杉(ろうさん、そういう言葉が正しく存在するのかわかりませんが、時々業界では使われます)はどれなのだろうか?
 と問う場合、今回取り上げる「佐久の大杉」は絶対に外せない存在です。

 所在である石岡市の鹿島神社に到着するや否や、トップの写真のような胸高鳴る眺めを披露してくれます。
 これは……杉が大きいのか、神社が小さいのか?
 遠近感が完全に破壊される眺めに、まず鳥居の前で三脚を慌ててスタンバイせずにはいられません。

続き...
2018/12/04//Tue.
永遠なるものの雅/ボヘミアン・ラプソディ
sendai1808.jpg
K-1 mark2 / CZ Ultron 50mmf1.8

 瑞鳳殿。伊達正宗サンのお墓。
 実際見学してる時から、なんかロックだなあ……と思っており、フレディを合葬してほしいくらいだ。
 正宗サンは迷惑かもしれないけど、けっこう似合うと思うんだ。


 今朝、わが母から依頼があり。それによると。

 「昨日は休みだったので、おとうさんと映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観に行ったのだが、これがひどく素晴らしかったので、今日もう一度絶対に観に行く。
 ついては、9時50分の一回目の上映に間に合うように送ってくれるなら、あんたにも映画をおごってやる……ていうか、あんたも絶対観なさい。観なきゃバカ」

 忙殺されてる状況ではないし、僕としましてもクイーンは好きで、つまり観たい映画なので、行きます。
 (クイーンを聴きながら魚津まで走る話はこちら
 しかしそれを朝8時半すぎに言うの、どう? 映画館まで片道40キロあるよ?
 母の化粧がまだとか、案の定出るのが遅れ、キリキリ川っぷちの道を飛ばしてって、「ストップ映画泥棒」のほんとに直前に着席。

 ……よい映画でした。
 ぼーっと生きてんじゃねえよ、とチコサンも言ってるが、まさにね。
 命を燃やして歌われる名曲の数々、ほんと好きな曲ばかりだ。
 ライブエイドのシーンなぞはほんとに全身に力が入ってしまい、涙を噛みしめるしかない。
 僕はなぜかレディオ・ガガのところでもう耐えられなくなりました。
 レーディオ! とか叫んで号泣しそうになったよ。やばいよ。
 母も隣で泣いていたよ。拍手してるお客さんもいたよ。

 クイーンの曲、フレディの歌声は、ほんと永遠だと思います。
 ぜんぜん古くならないし、いつ何度聴いてもすごくかっこいい。
 無駄に生きていい時間なんて無いんだな。

2018/12/03//Mon.
仙台におりまして御座居ます。
sendai1801.jpg
K-1 mark2 / HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR

 この土日は仙台にちょっと。
 お読みの方にはもう隠しようがありませんが「私の頭の中の距離計」がバカになっているので、まだ行ってなくて行きたいと思った土地には行ってしまいます。
 だってさあ、人っていつ死んじゃうかわかんないでしょう(極限の論理)。

 スタッドレスタイヤを導入したわけですが、だからと言って積雪しているところへ積極的に出かける気はありません。
 なるべく降る前だよねということで、そういう意味でも仙台は良い地理ではありました。
 宮城仙台以南の巨樹を探す。
 と同時に、仙台には、こんなやけっぱちなブログに対して数年来暖かい励ましを下さっているぴよ社長さん(「週末は休みます」)がお住まいです。
 「日頃の感謝を伝えたいし仙台でうまいものが食いたい」とダメもとでメッセージしたところ、快くガイドを引き受けてくださいました。

 仙台は初めてだったので、もうベタベタな仙台観光がうれしく、例えば伊達正宗のこの像なんかは外せません。
 こうしてトップに飾ることしか実際考えられない。

続き...
2018/12/01//Sat.
秋の北海道巨樹紀行 まとめ
 各画像をクリックすると、変に細かい紀行文を時系列順にお楽しみいただけます。
 巨樹探訪録は「巨樹を訪ねる」カテゴリーをご覧くださいね。

 (2018.10.11 - 2018.10.17)

hokkaido1810.jpg
秋の北海道巨樹紀行 1 大洗港〜苫小牧港の船旅

hokkaido1833.jpg
秋の北海道巨樹紀行 2 苫小牧、占冠、阿寒へ

hokkaido1856.jpg
秋の北海道巨樹紀行 3 阿寒で巨樹フォーラムに参加

hokkaido1890.jpg
秋の北海道巨樹紀行 4 林道を走って泥んこになる

hokkaido1902.jpg
秋の北海道巨樹紀行 5 北の森林をガイドしてもらう

kushiro1805.jpg
秋の北海道巨樹紀行 6 釧路市にたどり着く

hokkaimap01.jpg
秋の北海道巨樹紀行 7 地図はすてきなホラー読みもの

hokkaido1917.jpg
秋の北海道巨樹紀行 8 北海道のずっと東へ

notsuke1827.jpg
秋の北海道巨樹紀行 9 オホーツク海、そして野付半島

notsuke1813.jpg
秋の北海道巨樹紀行 10 野付半島の極端な自然

notsuke1842.jpg
秋の北海道巨樹紀行 11 野付半島に陽が沈む

rausu1812.jpg
秋の北海道巨樹紀行 12 羅臼にいました。

hokkaido1932.jpg
秋の北海道巨樹紀行 13 知床横断道路

hokkaido1936.jpg
秋の北海道巨樹紀行 14 ウトロあたり

hokkaido1950.jpg
秋の北海道巨樹紀行 15 網走、津別、士幌

hokkaido1968.jpg
秋の北海道巨樹紀行 16 士幌はよいとこ

hokkaido1979.jpg
秋の北海道巨樹紀行 17 茨城へ帰る


[TOP]



ブログランキングにも参加しています。
気に入った写真や記事があったら、押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ にほんブログ村 写真ブログ 建物・街写真へ にほんブログ村 写真ブログへ
この人

狛

Author:狛
狛です。
スナップ経由の風景写真、巨樹探訪旅、
無計画な遠出の紀行文が色々あります。
いつもどこかで何かしら変なことが起きます。

・巨樹探訪旅やってます。・
「巨樹を訪ねる」一覧


ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事とそのほか
最近のコメント
月別アーカイヴ
リンク
道具

DP2Merrill 
HDPENTAX-DFA28-105mm 
K-1 
FA35mmf2 
OtherCamera 
Flektogon20mmf2.8 
smc-m20mmf4 
smcTakumar105mmf2.8 
K-7 
MX-1 
CZ・Ultron50mmf1.8 
Distagon35mmf2.8 
Pancolar80mmf1.8 
Flektogon35mmf2.4 
DA21mmf3.2 
Sigma28mmf1.8 
OptioA30 
ТАИР-11А135mmf2.8 
smc-m150mmf3.5 
EBC・Fujinon(55mm&135mm) 
smcTakumar28mmf3.5 
Travenar50mmf2.8 
smc-m50mmf1.7 
smc-m28mmf2.8 
Pancolar50mmf1.8 
SuperTakumar35mmf3.5 
ESPIOmini 
smcTakumar35mmf2 
Helioplan40mmf4.5 
SMC・Takumar55mmf1.8 
FujicaDate 



copyright (C) 2006 アンダー・コンストラクションズ all rights reserved. [ template by 白黒素材 ]
//